前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

    ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    尾びれを失ったバンドウイルカが、人工尾びれを付けて再び泳ぐまでを描いた感動物語。沖縄本島にある沖縄美ら海水族館で飼育されていたバンドウイルカのフジの実話を基にしている。ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ フレッシュアイペディアより)

  • 日プラ

    日プラから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    海遊館(大阪)や沖縄美ら海水族館をはじめとする水族館の水槽を製作していることでも知られる。日プラ フレッシュアイペディアより)

  • 腹びれイルカ (はるか)

    腹びれイルカ (はるか)から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    2008年5月7日、東京海洋大学において、加藤秀弘教授らにより、腹びれを持つバンドウイルカ「はるか」に関する初の研究プロジェクト運営委員会が開かれた。委員会は、加藤教授が委員長を務め、日本鯨類研究所の大隅清治顧問、くじらの博物館の林克紀館長、沖縄美ら海水族館の内田詮三館長らの委員で構成された。また、委員会は、研究チームを4つに細分化し、チームはそれぞれ、成長する環境を整え飼育管理し繁殖を目指す「生理繁殖研究グループ」、正常な個体と行動を比較観察する「行動機能研究グループ」、DNA解析により、腹びれの退化過程を研究する「遺伝研究グループ」、腹びれやそのほかの体の構造を研究する「形態研究グループ」が設置された。腹びれイルカ (はるか) フレッシュアイペディアより)

  • 那覇バス

    那覇バスから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    那覇バスターミナルの定期観光バス乗り場を起終点として4コースが設定されている。全コースとも朝8時から9時に出発し、夕方17時から19時に戻る1日コースで、Aコースは沖縄本島南部を回り、B・C・Dコースは海洋博公園(美ら海水族館、ナゴパイナップルパークなどの本島中部・北部を回る。那覇バス フレッシュアイペディアより)

  • 悠 (人工鰭のウミガメ)

    悠 (人工鰭のウミガメ)から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    2008年、日本ウミガメ協議会は悠を保護している間に、沖縄美ら海水族館のイルカ「フジ」が2004年に欠損した尾びれに人工のひれをつけて遊泳力を取り戻したことをヒントに、悠に義肢 (Artificial Flipper) をつける試みを思いついた。悠 (人工鰭のウミガメ) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の水族館

    日本の水族館から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    2002年(平成14年) - 沖縄美ら海水族館開館。世界最大の屋内水槽(水量7,500t)を有する。日本の水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄本島のバス路線

    沖縄本島のバス路線から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    バイパスおよび沖縄自動車道(西原IC - 許田IC間)を経由し、那覇市と名護市・本部町・今帰仁村を結ぶ路線。沖縄美ら海水族館のある海洋博公園と那覇市の間を直通する。一部の便は運天港に発着し伊平屋島・伊是名島へのフェリーに接続する。沖縄本島のバス路線 フレッシュアイペディアより)

  • 国営沖縄記念公園水族館

    国営沖縄記念公園水族館から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    国営沖縄記念公園水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄記念公園水族館

    沖縄記念公園水族館から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    沖縄記念公園水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 美ら海水族館

    美ら海水族館から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「沖縄美ら海水族館」のニューストピックワード