41件中 31 - 40件表示
  • おたる水族館

    おたる水族館から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館」開業までは「東洋有数のスケール」をキャッチフレーズにしていた。おたる水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎 努

    山崎努から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    2012年(平成24年)、沖縄県の沖縄美ら海水族館の名誉館長に任命される。山崎努 フレッシュアイペディアより)

  • インピーダンス

    インピーダンスから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    しばしばあるインピーダンスへの誤解として「インピーダンス = 伝わりにくさの指標」というものがある。値が低いから波動が伝わりやすい、あるいは高いから伝わりにくい、ということはエネルギー消費を伴う抵抗(実数成分としてのレジスタンス)では正しくてもインピーダンスでは正しくない。高周波伝送に用いられる600Ω平行線路よりも52Ω同軸ケーブルが伝わりやすい、というのは全くの間違いである。例えば真空、純水、アクリル(ガラスよりはるかに透明度が高く沖縄美ら海水族館の大水槽で使用されている)は光の伝播において透明という点では同じであり、理想的には減衰はないがそれらの界面では反射・屈折が生じる。高校物理ではこれを屈折率の違いによるものと説明しているが、別の観点ではインピーダンスの相違による反射波と透過波と表現することができる。インピーダンス フレッシュアイペディアより)

  • ヒメウミガメ

    ヒメウミガメから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館(沖縄県国頭郡)ヒメウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • 本部町

    本部町から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    2002年11月 沖縄美ら海水族館が開館する。本部町 フレッシュアイペディアより)

  • ジンベエザメ

    ジンベエザメから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    プランクトン(オキアミを含む小型甲殻類やその幼生、頭足類の幼生など)のほか、小魚、海藻などを摂食する。海水と一緒にそれらの生物を口腔内に吸い込み、鰓耙 で濾し取り、鰓裂から水だけを排出し、残った生物を呑み込むという摂食方法である。プランクトンは海面付近に多いため、ジンベイザメも海面近くでほとんどの時間をすごす。サンゴの産卵期にはその卵を食す。海面付近に漂う餌を効率よく口内に吸い込むために、体を垂直近くにまで傾ける習性が見られる。このため、大きな個体を飼育する沖縄美ら海水族館では、ジンベエザメの成熟した個体がそのような姿勢をとるに十分な大水槽の水深を10mとしている。ジンベエザメ フレッシュアイペディアより)

  • ジンベエザメ

    ジンベエザメから見た美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    水族館では、2009年7月現在、海遊館と美ら海水族館で複数飼育を行っている他、いおワールドかごしま水族館やのとじま水族館でも幼少個体の飼育の試みを続けている。ジンベエザメ フレッシュアイペディアより)

  • ヤシガニ

    ヤシガニから見た美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    現在、日本では鳥羽水族館(三重県)、すさみ海立エビとカニの水族館(和歌山県) 、美ら海水族館(沖縄県)で飼育されているほか、多摩動物公園で飼育されたことがある。ヤシガニ フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンII

    クイズ!ヘキサゴンIIから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    男性陣が早押しでクイズに答え、正解した順に女性陣の内の1人に告白し、成立した場合は沖縄美ら海水族館でデートできる(ただしデート中はずっと手をつないでいないといけない)。クイズ!ヘキサゴンII フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館で、飼育中では世界で初めてとなるオニイトマキエイ(マンタ)の水中出産に成功したが、約5日後に死亡。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「沖縄美ら海水族館」のニューストピックワード

  • 過去に大規模なトラブルを2回やっている。次期システムは、安全確実が基本方針