63件中 31 - 40件表示
  • 国営沖縄記念公園

    国営沖縄記念公園から見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館(有料)、イルカショー(無料)等国営沖縄記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬底ビーチ

    瀬底ビーチから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    しかし、2015年に株式会社森トラストがこの土地を買収し、再びリゾート開発計画が開始されつつある。リゾートは2020年に完成を予定しており、将来的には本リゾートと沖縄美ら海水族館と合わせ、営業開始から5年以内に600万人以上の集客を見込んでいる瀬底ビーチ フレッシュアイペディアより)

  • イタチザメ

    イタチザメから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    飼育下では、2017年3月23日に沖縄美ら海水族館で飼育されていた雌が水槽内で27匹の仔を産んだ。日本国内で初、世界でも初とみられている。イタチザメ フレッシュアイペディアより)

  • easy sports

    easy sportsから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    安めぐみ、千野志麻 - 沖縄・21世紀の森ビーチ→OKINAWAゴーヤーパーク→沖縄美ら海水族館→今帰仁城跡→古宇利大橋→古宇利島ビーチ(15.1km)easy sports フレッシュアイペディアより)

  • アクアポリス

    アクアポリスから見た美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    1975年(昭和50年)7月19日にアクアポリスや海洋文化館・水族館(現在の美ら海水族館が開館する前の旧水族館)を含む海洋生物園・エキスポビーチ、水の階段、水のプロムナード、中央階段、夕日の広場を含む海浜公園の政府出展4館合同の開館式が、当時の三木総理・河本海洋博担当大臣出席のもと海洋文化館で行われた後、アクア大橋でのテープカット・橋の渡り初め・来賓の館内案内が行われた。アクアポリス フレッシュアイペディアより)

  • クロウミガメ

    クロウミガメから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    日本でクロウミガメを飼育している施設は少なく、南知多ビーチランド、沖縄美ら海水族館、日和佐うみがめ博物館カレッタ、神戸市立須磨海浜水族園がしられる。クロウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • ジンベエザメ

    ジンベエザメから見た美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    水族館では、2009年7月現在、海遊館と美ら海水族館で複数飼育を行っている他、いおワールドかごしま水族館やのとじま臨海公園水族館でも幼少個体の飼育の試みを続けている。ジンベエザメ フレッシュアイペディアより)

  • ジンベエザメ

    ジンベエザメから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    プランクトン(オキアミを含む小型甲殻類やその幼生、頭足類の幼生など)のほか、小魚、海藻などを摂食する。海水と一緒にそれらの生物を口腔内に吸い込み、吸い込んだ水の中から微細な生物だけを濾し取り食べるための櫛(くし)状の器官である鰓耙(さいは)で濾し取り、鰓裂から水だけを排出し、残った生物を呑み込むという摂食方法である。プランクトンは海面付近に多いため、ジンベエザメも海面近くでほとんどの時間をすごす。サンゴの産卵期にはその卵を食す。海面付近に漂う餌を効率よく口内に吸い込むために、体を垂直近くにまで傾ける習性が見られる。このため、大きな個体を飼育する沖縄美ら海水族館では、ジンベエザメの成熟した個体がそのような姿勢をとるに十分な大水槽の水深を10 mとしている。ジンベエザメ フレッシュアイペディアより)

  • オニイトマキエイ

    オニイトマキエイから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    これを受け、沖縄美ら海水族館、海遊館、エプソン品川アクアスタジアム(現アクアパーク品川)がそれぞれの飼育個体について調査した結果、飼育している種は「オニイトマキエイ」ではなく「Manta alfredi」と判明し、この種の和名に「ナンヨウマンタ」を用いることとした。オニイトマキエイ フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄バス

    沖縄バスから見た沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館

    定期観光バスは以下の2コース、各1便が運行される。Aコースは沖縄本島南部のおきなわワールドや沖縄戦跡国定公園などを回り、Bコースは本島中・北部の海洋博公園(美ら海水族館)やナゴパイナップルパークなどを回る。空席があれば予約なしで乗車できるが、予約客が優先される。沖縄バス フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「沖縄美ら海水族館」のニューストピックワード