64件中 11 - 20件表示
  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たカフェ

    この大水槽では給餌解説が行われるほか、上部から水槽を観察する「黒潮探検(水上観覧コース)」(定員制)や水槽に隣接したカフェ「オーシャンブルー」などもあり、沖縄美ら海水族館のハイライトとなっている。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たジンベエザメ

    大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年(平成17年)にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たサメ

    この「黒潮の海」水槽には、ジンベエザメをはじめとする大型のサメやエイなどが回遊し、来館者の視界いっぱいに水槽が広がる雄大な光景を見せている。ジンベエザメは餌を採る際に口を水面に向け垂直の姿勢をとるが、成熟すれば全長9メートルに達するといわれるジンベエザメの尾が水底をこすらないように水槽の深さは10mとされたのである。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たイルカ

    大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年(平成17年)にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た沖縄返還

    沖縄本土復帰記念事業として1975年(昭和50年)に本部町で開催された沖縄国際海洋博覧会において、海洋生物園が出展された。その後、博覧会跡地に国営沖縄海洋博覧会記念公園を整備するにあたり、博覧会施設を受け継いで1979年(昭和54年)8月に開館した。開館当時、水量1,100トンの水槽は世界最大であった。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たドバイ・モール

    水族館の1階から2階を貫く「黒潮の海」水槽は、長さ35m×幅27m、深さ10m、水量7,500m³で世界でも有数の大きさを誇る。観客と大水槽を隔てるアクリルパネルは高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm、パネル総重量は135トンあり、ギネスブック公認の世界最大のアクリルパネルとなっていたが、2008年(平成20年)10月にオープンしたドバイ水族館のアクリルパネルに記録を更新された。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た内閣府

    バブル崩壊後の1991年(平成3年)頃から入館者数が減少し始めたことに加え、短期間の博覧会用に建設した施設のため老朽化が著しくなってきたことから、内閣府沖縄総合事務局が主体となって新館を建設し、旧来の水族館を2002年(平成14年)8月31日に閉館、沖縄本土復帰30周年に合わせて同年11月1日に新館を開館させた。同時に現名称に改称された。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た2009年

    『FOREVER BLUE〜美ら海からのたより〜』(FM沖縄開局25周年記念全国ネットラジオ番組、2009年9月放送)沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たエフエム沖縄

    『FOREVER BLUE〜美ら海からのたより〜』(FM沖縄開局25周年記念全国ネットラジオ番組、2009年9月放送)沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た琉球バス交通

    65番(本部半島(渡久地廻り)線) - 琉球バス交通、沖縄バス沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示

「沖縄美ら海水族館」のニューストピックワード

  • 過去に大規模なトラブルを2回やっている。次期システムは、安全確実が基本方針