64件中 21 - 30件表示
  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た晋遊舎

    『沖縄美ら海水族館写真集』写真/宮地岩根・守谷美峰 監修/沖縄美ら海水族館(晋遊舎 2010年09月27日) ISBN 978-4-86391-122-2沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たTBSテレビ

    『夢の扉〜世界初となるマンタの育成を成功させたい〜PartI・II』(ノンフィクション) TBS(2008年8月3・10日放送)沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た沖縄バス

    65番(本部半島(渡久地廻り)線) - 琉球バス交通、沖縄バス沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

    2005年(平成17年)に病気で尾びれの大半を失ったバンドウイルカの「フジ」が人工の尾びれを付けショーに復活したことが話題となったほか、岩貞るみこによって『もういちど宙へ』のタイトルで書籍化され、2007年(平成19年)にこれを原作として映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』が製作されたほか、2007年(平成19年)4月時点では水族館公認のイルカ飼育チームのウェブサイトが公開されていた。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た国営沖縄記念公園

    沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の水族館。「チュらうみ」とは沖縄弁で「清1ら(しい)海」という意味。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たサンゴ礁

    水族館内には水量7,500m³の世界最大級の大水槽『黒潮の海』を設置するほか、総展示槽数は77槽。「沖縄の海との出会い」をコンセプトに、イノー(沖縄の方言でサンゴ礁の縁の浅瀬のこと)、珊瑚礁、黒潮の海、深海と様々な海の生物を紹介している。なかでも世界で初めて長期飼育に成功したジンベエザメやナンヨウマンタが人気の展示となっており、ジンベエザメは水族館のキャラクターともなっている。また、「サメ博士の部屋」では、サメについての様々な知識を学ぶことができる他、併設されている「危険ザメの海」水槽には、沖縄近海にも生息する危険ザメの一種であるオオメジロザメやイタチザメなどのサメ数種類も飼育されている。2008年(平成20年)7月末の飼育数は約740種21,000点。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た名護バスターミナル

    路線バスによるアクセスは、まず那覇空港や那覇バスターミナルなどから高速バス等を利用し名護バスターミナルへ行く。この名護バスターミナルから現地までは、以下のバスが走っている。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たジョージア水族館

    大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年(平成17年)にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た中華人民共和国

    管理運営は海洋博覧会記念公園管理財団が行っている。旧館閉館前の1年間の入館者数は43万人強であったが、新館開館後の1年間のそれは275万人に激増した。当時は、2001年(平成13年)9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件により、在日米軍基地が多い沖縄県が旅行先として敬遠されて観光客数が激減した後、2002年(平成14年)11月に中国で発生したSARSにより、今度は日本国外への旅行客が沖縄へ旅行先を振り替えたという観光客の傾向があり、また、ドラマ『ちゅらさん』に代表される沖縄ブームもあった。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻

    桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻』(名義はちゅら海水族館)。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「沖縄美ら海水族館」のニューストピックワード

  • 過去に大規模なトラブルを2回やっている。次期システムは、安全確実が基本方針