72件中 41 - 50件表示
  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た西原インターチェンジ

    那覇空港 - 県庁北口 - 古島駅前 - バイパス - 西原IC - 許田IC - 名護市役所前 - 沖縄美ら海水族館 - 運天港沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たハンドウイルカ

    無料施設で、バンドウイルカ、ミナミバンドウイルカ、オキゴンドウ、カマイルカ、シワハイルカのショーや飼育を見学することができる。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た沖縄美ら島財団

    沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の水族館で、管理・運営は一般財団法人沖縄美ら島財団。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たカマイルカ

    無料施設で、バンドウイルカ、ミナミバンドウイルカ、オキゴンドウ、カマイルカ、シワハイルカのショーや飼育を見学することができる。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たトン

    沖縄本土復帰記念事業として1975年(昭和50年)に本部町で開催された沖縄国際海洋博覧会において、海洋生物園が出展された。その後、博覧会跡地に国営沖縄海洋博覧会記念公園を整備するにあたり、博覧会施設を受け継いで1979年(昭和54年)8月に開館した。開館当時、水量1,100トンの水槽は世界最大であった。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た許田インターチェンジ

    那覇空港 - 県庁北口 - 古島駅前 - バイパス - 西原IC - 許田IC - 名護市役所前 - 沖縄美ら海水族館 - 運天港沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たクロウミガメ

    タイマイ、アオウミガメ、アカウミガメ、クロウミガメ、ヒメウミガメの5種類のウミガメを飼育・展示している。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た旭橋駅

    路線バスによるアクセスは、まず那覇空港や旭橋駅前(那覇バスターミナル)などから高速バス等を利用し名護バスターミナルへ行く。この名護バスターミナルから現地までは、以下のバスが走っている。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た本部半島

    沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の水族館で、管理・運営は一般財団法人沖縄美ら島財団。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たイタチザメ

    水族館内には水量7,500m3の世界最大級の大水槽『黒潮の海』を設置するほか、総展示槽数は77槽。「沖縄の海との出会い」をコンセプトに、イノー(沖縄の方言でサンゴ礁の縁の浅瀬のこと)、珊瑚礁、黒潮の海、深海と様々な海の生物を紹介している。なかでも世界で初めて長期飼育に成功したジンベエザメやナンヨウマンタが人気の展示となっており、ジンベエザメは水族館のキャラクターともなっている。また、「サメ博士の部屋」では、サメについての様々な知識を学ぶことができる他、併設されている「危険ザメの海」水槽には、沖縄近海にも生息する危険ザメの一種であるオオメジロザメやイタチザメなどのサメ数種類も飼育されている。2008年(平成20年)7月末の飼育数は約740種21,000点。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「沖縄美ら海水族館」のニューストピックワード