1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示
  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たオオメジロザメ

    水族館内には水量7,500m³の世界最大級の大水槽『黒潮の海』を設置するほか、総展示槽数は77槽。「沖縄の海との出会い」をコンセプトに、イノー(沖縄の方言でサンゴ礁の縁の浅瀬のこと)、珊瑚礁、黒潮の海、深海と様々な海の生物を紹介している。なかでも世界で初めて長期飼育に成功したジンベエザメやナンヨウマンタが人気の展示となっており、ジンベエザメは水族館のキャラクターともなっている。また、「サメ博士の部屋」では、サメについての様々な知識を学ぶことができる他、併設されている「危険ザメの海」水槽には、沖縄近海にも生息する危険ザメの一種であるオオメジロザメやイタチザメなどのサメ数種類も飼育されている。2008年(平成20年)7月末の飼育数は約740種21,000点。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たヒメウミガメ

    タイマイ、アオウミガメ、アカウミガメ、クロウミガメ、ヒメウミガメの5種類のウミガメを飼育・展示している。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たアクリル樹脂

    水族館の1階から2階を貫く「黒潮の海」水槽は、長さ35m×幅27m、深さ10m、水量7,500m³で世界でも有数の大きさを誇る。観客と大水槽を隔てるアクリルパネルは高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm、パネル総重量は135トンあり、ギネスブック公認の世界最大のアクリルパネルとなっていたが、2008年(平成20年)10月にオープンしたドバイ水族館のアクリルパネルに記録を更新された。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見た沖縄県

    大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年(平成17年)にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示