前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
509件中 1 - 10件表示
  • 沖縄県

    沖縄県から見た沖縄返還沖縄返還

    戦後、南西諸島は米軍の占領下におかれ、沖縄県は一旦消滅した(アメリカ合衆国による沖縄統治)。米軍主導のもと新たに『琉球政府』が誕生、基地建設のため集落や農地を大規模に接収し、右側通行の道路を整備し、通貨としてB円、後に米ドルを使用させ、日本本土への渡航にパスポートが必要になるなど、米国流のやり方で戦後復興が進められていった。1952年(昭和27年)に本土が主権回復した後も引き続き沖縄は米軍の統治下におかれた。1950年代以降になると朝鮮戦争やベトナム戦争が勃発し、沖縄は米軍の前線補給基地として重要度を増し、数多くの米軍人が駐留、B-52等の戦略爆撃機や枯葉剤や核兵器といった大量破壊兵器も多数配備され、ベトナムからは『悪魔の島』と恐れられた。経済は基地に大きく依存していた一方で、当時ドル高円安の固定相場制の影響もあり物価は安く生活は安定しており、人口は終戦直後の約50万人から本土に復帰する直前にはほぼ倍になるまで増加した。しかし米軍による強権的・差別的な施政に島民は強い反感を抱き、本土への復帰を求める大規模な反基地運動が各地で展開されていった(島ぐるみ闘争)。1971年(昭和46年)に佐藤栄作首相とリチャード・ニクソン大統領との間で沖縄返還協定が締結され、翌1972年(昭和47年)に沖縄は日本に返還され沖縄県が復活した。(沖縄返還)。米軍統治時代から続く基地問題や不発弾の問題、日米地位協定の問題は当県の主要な政治課題となっている(「普天間基地移設問題」を参照)。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た沖縄返還沖縄返還

    1971年2月にはアメリカ合衆国在住の中国人留学生らによる尖閣諸島は中国固有の領土だと主張する反日デモが発生し、6月に台湾、12月に中国が相次いで領有権を主張した。1972年(昭和47年)5月15日に沖縄は日本へ返還されており、沖縄返還の直前に主張し始めた。その根拠は、尖閣諸島が中国側の大陸棚に接続しているとの主張にくわえ、古文書に尖閣諸島を目印として航海に役立てていたという記述が見られることで、最も古くから同諸島の存在を認識していたという解釈による。中国人が先に発見したから領有権を主張できるというものである。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 宮古郵便局 (沖縄県)

    宮古郵便局 (沖縄県)から見た沖縄返還沖縄返還

    宮古諸島で唯一、明治期に開設された郵便局であり、民営化後に併設された郵便事業宮古島支店を含め、現在に至るまで地域郵便事業の中心的な役割を果たし続けている。戦後、沖縄返還前は宮古中央郵便局を名乗っていた時期もあった。宮古郵便局 (沖縄県) フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た沖縄返還沖縄返還

    1971年2月にはアメリカ合衆国在住の台湾人留学生らによる尖閣諸島は中国固有の領土だと主張する反日デモが発生し、6月に台湾、12月に中国が相次いで領有権を主張した。1972年(昭和47年)5月15日に沖縄は日本へ返還されており、沖縄返還の直前に主張し始めた。その根拠は、尖閣諸島が中国側の大陸棚に接続しているとの主張にくわえ、古文書に尖閣諸島を目印として航海に役立てていたという記述が見られることで、最も古くから同諸島の存在を認識していたという解釈による。中国人が先に発見したから領有権を主張できるというものである。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤栄作

    佐藤栄作から見た沖縄返還沖縄返還

    佐藤 栄作(佐藤 榮作、さとう えいさく、1901年(明治34年)3月27日 - 1975年(昭和50年)6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる。7年8か月の連続在任記録を持ち、「人事の佐藤」と評された。1974年にノーベル平和賞を受賞したが、死後に核持ち込みの密約が発覚する。吉田学校の代表格。佐藤栄作 フレッシュアイペディアより)

  • キャラウェイ旋風

    キャラウェイ旋風から見た沖縄返還沖縄返還

    また、沖縄における日本政府の影響力を排除するために積極的にアメリカ資本の導入を図ったり、復帰運動への規制を強めていった。その一方で、大東諸島の土地所有権問題について島民の土地所有権を認める裁定を下すなど、キャラウェイ旋風の意外な側面があったのも、また事実である。キャラウェイ旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄の奄美差別

    沖縄の奄美差別から見た沖縄返還沖縄返還

    戦後アメリカは、沖縄県と鹿児島県奄美群島を日本より分割し軍政下に置いた。このため両者の経済は癒着し、本土との流通を閉ざされ経済が疲弊した奄美群島の住民は、経済活動の中心地となった沖縄本島に職を求め移住するということが多くなった。しかし、奄美群島は沖縄県より早い1953年には日本に復帰し、それ以後、沖縄県が返還される1972年までの約20年間にわたり、移住していた6万余人に及ぶ奄美群島出身者は、「在沖奄美人」と称されて様々な社会的制約をうけることとなった。沖縄の奄美差別 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇東郵便局

    那覇東郵便局から見た沖縄返還沖縄返還

    1980年代までは、沖縄郵政管理事務所(沖縄返還前は琉球郵政庁)が併設されていた。那覇東郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄市立コザ小学校

    沖縄市立コザ小学校から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄復帰後、公共機関の多くはアメリカ統治の名残である「コザ」から改称したが、当校は沖縄県立コザ高等学校、沖縄市立コザ中学校と共に「コザ」を名乗り続けている(コザの由来についてはコザ市を参照)。沖縄市立コザ小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 牧港補給地区

    牧港補給地区から見た沖縄返還沖縄返還

    浦添市西部から浦添市北部にかけて長さ約3km、国道58号から西海岸にかけて幅約1km、市面積の約14%を占めている。戦後から沖縄の本土復帰前(沖縄返還前)にかけて、軍需物資の貯蔵や補給、修理などのための巨大な倉庫群・兵舎が建設され、米陸軍の極東随一の総合補給基地となった。牧港補給地区 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
509件中 1 - 10件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード