509件中 91 - 100件表示
  • 蹇々録

    蹇々録から見た沖縄返還沖縄返還

    三国干渉について記した「畢竟我に在ては其進むべき地に進み其止まらざるを得ざる所に止まりたるものなり。余は何人を以て此局に当らしむるも亦決して他策なかりしを信ぜむと欲す」という文章が知られる。第二次大戦後に沖縄返還交渉の密使を務めた若泉敬が、交渉の内幕を明かした著書のタイトルにこの文章の結語を流用した。蹇々録 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄の観光戻税制度

    沖縄の観光戻税制度から見た沖縄返還沖縄返還

    復帰後、それらの税率は日本と同等とされ、外国製品は増税となり、大幅に値上げされたが、増税の代替措置及び観光産業振興支援策として、観光客が購入した製品を未使用のまま沖縄県外に持ち出すことが条件に、物品税(のち消費税)や酒税を戻す、観光戻税制度が導入された。沖縄の観光戻税制度 フレッシュアイペディアより)

  • 美栄橋郵便局

    美栄橋郵便局から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)5月15日 - 沖縄返還に伴い、郵政省沖縄郵政管理事務所管轄の無集配普通郵便局である美栄橋郵便局として設置。美栄橋郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 第8回立法院議員総選挙

    第8回立法院議員総選挙から見た沖縄返還沖縄返還

    近い将来の沖縄返還が確実の情勢となり、復帰の方法論とアメリカ統治の総括をめぐって、自民党と革新共闘(社大党・人民党・社会党を中心とした共闘組織)の両陣営は、本土の政治家も動員して活発な選挙戦を展開した。第8回立法院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄市立山内小学校

    沖縄市立山内小学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年) - 沖縄復帰により、コザ市立山内小学校と改称。沖縄市立山内小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立美咲特別支援学校

    沖縄県立美咲特別支援学校から見た沖縄返還沖縄返還

    5月15日 - 沖縄返還により、沖縄県立美咲養護学校と改称。沖縄県立美咲特別支援学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第7回立法院議員総選挙

    第7回立法院議員総選挙から見た沖縄返還沖縄返還

    またアメリカ合衆国による沖縄統治が始まって20年が経過し、本土との格差が生じていることが明確になり、復帰の方法論をめぐる保革対立が激化していった。第7回立法院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 著作権法 (琉球政府)

    著作権法 (琉球政府)から見た沖縄返還沖縄返還

    一方、本土では1970年に著作権法が全面改正され著作権の保護期間が個人の死後または法人の公表後50年と規定されたが、旧著作権法では30年と規定されていたため、この著作権法における保護期間も旧法と同じ30年であり、1972年5月15日に沖縄県が日本へ返還された際には新法では保護期間内である梶井基次郎(1932年没)や宮沢賢治(1933年没)の著作権が沖縄県内では既に満了していた。そのため、沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律第97条から99条に経過措置が定められ、この著作権法で保護期間満了後に発行された著作物を故意に沖縄県外で頒布する行為にみなし侵害が適用されることとなった。著作権法 (琉球政府) フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県全県区

    沖縄県全県区から見た沖縄返還沖縄返還

    1970年11月15日に、国政参加選挙というかたちで、定員5名・全県1区の選挙区が設定されたのが、前史として認められる。その後、1972年の沖縄返還に伴い、第33回衆議院議員総選挙から新設。これに伴い、1952年の公職選挙法制定時には削除されていた同法の別表に本選挙区が追加された。廃止に至るまで定数は5である。沖縄県全県区 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇まつり

    那覇まつりから見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄の本土復帰の前年1971年、那覇市の平良良松市長が市制50周年記念事業として10月10日に復活させた。戦後の合併で那覇市の一部となった首里、小禄、真和志も加わって東七町、西七町での対戦となり、市を挙げての一大イベントとなって現在に至っている。那覇まつり フレッシュアイペディアより)

509件中 91 - 100件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード