381件中 91 - 100件表示
  • 沖縄県道20号線

    沖縄県道20号線から見た沖縄返還沖縄返還

    1953年(昭和28年)に嘉手納基地第1ゲート - 第2ゲートと同ゲート - 胡屋十字路のゲート通り(現「コザゲート通り」)が軍道20号線、胡屋 - 高原が琉球政府道20号線として指定された。その後、1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に嘉手納基地内を除く区間が県道20号線となった。なお、復帰前は起終点が逆だった。沖縄県道20号線 フレッシュアイペディアより)

  • 第54回全国高等学校野球選手権大会

    第54回全国高等学校野球選手権大会から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄返還後最初の大会であることを記念し、南九州代表の名護高校主将が選手宣誓を行った。第54回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 西山太吉

    西山太吉から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年、沖縄返還時の日米間の密約について、“外務省の女性事務官と密かに情を通じ、秘密漏洩を唆した”として、東京地検特捜部に逮捕・起訴される(西山事件)。1974年の一審判決では無罪判決、1976年に控訴審で有罪判決が下り、上告するも1978年に棄却され確定。西山太吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪岡崎運輸

    大阪岡崎運輸から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年 - 沖縄県の日本復帰と同時に、那覇市に沖縄営業所を開設。大阪岡崎運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 石原昌家

    石原昌家から見た沖縄返還沖縄返還

    台湾宜蘭市生まれ。戦後、沖縄県首里に戻る。大阪外国語大学、大阪市立大学大学院を経て、沖縄国際大学で教鞭をとる。そのかたわら、沖縄返還後は戦跡のガイドも務める。石原昌家 フレッシュアイペディアより)

  • 航空自衛隊の歴史

    航空自衛隊の歴史から見た沖縄返還沖縄返還

    4次防の下では近代化の推進、輸送能力の向上などが図られた。1972年5月15日沖縄返還により防空領域が拡大したため臨時那覇派遣隊が編成され、翌1973年に南西航空混成団が新編され領域防衛を担任する。航空自衛隊の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンタイムズ社説集

    ジャパンタイムズ社説集から見た沖縄返還沖縄返還

    ジャパンタイムズ紙の創刊(1897年)から2007年までの社説をまとめた、『The Japan Times 社説1897-2007』 ISBN 978-4-7890-1293-5 も刊行されている。これは、同紙の創刊110周年を記念して編纂されたもので、第一次世界大戦開戦、関東大震災、原爆投下、東京オリンピック、沖縄返還など、日本近現代史上の重大事件に際してジャパンタイムズ紙上に掲載された社説を27本掲載した書籍である。ジャパンタイムズ社説集 フレッシュアイペディアより)

  • 安良城盛昭

    安良城盛昭から見た沖縄返還沖縄返還

    安良城の研究に大きな転機をもたらしたのは、沖縄返還の年に東京大学社会科学研究所を辞職し(経緯は、『新・沖縄史論』『天皇・天皇制・百姓・沖縄』両著のあとがき)、翌1973年に沖縄大学法経学部教授に就任し、後に沖縄県に移住したことである。また、1978年には同大学の学長兼嘉数学園理事長(沖縄大学の運営母体)に就任している。安良城は沖縄全域を巡って琉球史の研究に着手、地割制度や旧慣温存政策、辞令書に関する独自の見解を打ち出すとともに伊波普猷の再評価を行った。また、沖縄と日本本土を比較することで日本本土からでは見えない日本史像が見えると指摘し、更に日本の戦国時代以後、日本本土の様々な矛盾が琉球→沖縄に集中的に現出しているとも指摘して、「沖縄から日本がよく見える」と主張した。1980年に大阪府立大学総合科学部教授(1991年に名誉教授)に招かれたのを機に大阪に拠点を移したが、沖縄での成果を土台として安良城の天皇制や被差別部落に関する研究が進むことになる。安良城盛昭 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の労働運動史

    日本の労働運動史から見た沖縄返還沖縄返還

    また、労働運動や学生運動とは性質を異にする市民運動が出てきたのもこの頃からである。これらはベトナム戦争反対運動や沖縄返還運動へとつながっていく。日本の労働運動史 フレッシュアイペディアより)

  • 布施健

    布施健から見た沖縄返還沖縄返還

    戦後は司法省(現在の法務省)行政局第三課長を振り出しに、法務省と東京地検を行ったり来たりする“本流コース”を歩む。1949年には東京地検の主任検事として下山事件を担当し「他殺説」をとった。1958年東京地検特捜部長、1965年法務省矯正局長。1969年の東京地検検事正時代には東大安田講堂事件や沖縄返還闘争などを手掛けた。1973年東京高検検事長などを経て1975年、戦後第11代検事総長に就任。部下に慕われライバルを蹴落とす訳でもなく、政治家に恩も義理もなく検事総長になれたのは、当時の三木内閣に力がなかったからとも言われる。翌1976年、日本の疑獄史上、最大の事件とされるロッキード事件の捜査を指揮し、政治の圧力に屈せず田中角栄元首相を逮捕、起訴に追い込んだ。布施健 フレッシュアイペディアより)

381件中 91 - 100件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード

  • SPORTMAX α−14(スホ゜ーツマックス アルファ フォーティーン)

  • ダンロップ スポーツマックス α−14

  • 日本取引所グループ最高執行責任者