509件中 101 - 110件表示
  • 泡瀬ゴルフ場

    泡瀬ゴルフ場から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄の本土復帰後も米軍施設として残り、ゴルフ場利用税の適用対象外であった。また、1975年(昭和50年)にはゴルフ場が立地していたキャンプ瑞慶覧の施設管理権が陸軍から海兵隊に移管されたため、ゴルフ場も海兵隊の管轄となっていた。泡瀬ゴルフ場 フレッシュアイペディアより)

  • 楠岡豪

    楠岡豪から見た沖縄返還沖縄返還

    1970年はじめ、佐藤 - ニクソン会談では、沖縄返還の代わりに繊維ではアメリカに妥協するという密約が交わされていたという事実が露呈されたりしたが、1968年は、日本にとっていわゆる1965年の「四十年不況」から立ち直ったばかりの年で、繊維業者にとって綿製品に、新たに毛・化合繊製品を加えた輸出自主規制はとても受け入れられる要求ではなかった。そのため、通産省は谷口豊三郎(日本繊維産業連盟会長、東洋紡績社長、のち会長)や宮崎輝(日本化学繊維協会会長、旭化成社長、のち会長)、柿坪精吾(日本紡績協会委員長、日東紡績社長(1967年 ~ )、元海経理事(1962年 ~ )、同初代事務局長(1961年 ~ )、元通産省官房審議官、同通商局振興部長、1939年商工省入省)ら国内の繊維業者の後押しを受けて頑強に拒み続けていた。楠岡豪 フレッシュアイペディアより)

  • 北緯27度線

    北緯27度線から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄返還 - 鹿児島県と沖縄県の間をこの緯線が通過するので、分断の象徴とされた。北緯27度線 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立豊見城高等学校

    沖縄県立豊見城高等学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 - 沖縄返還により沖縄県立豊見城高等学校となる。沖縄県立豊見城高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県旗

    沖縄県旗から見た沖縄返還沖縄返還

    1969年の日米首脳会談で沖縄返還が決定したことを受け、県章の公募を実施。寄せられた186点のデザイン案の中から決定され、1972年5月15日の本土復帰に伴う沖縄県発足と同日の県告示第3号により制定された。沖縄県旗 フレッシュアイペディアより)

  • 三島瑞穂

    三島瑞穂から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年?1974年:第1特殊部隊グループの在日米軍連絡官と通訳主任を兼任。沖縄返還に伴う部隊撤収や業務引き継ぎに関する諸事項を担当。また、1972年に大型台風によってフィリピンに被害が出た際、救難/人道支援チームとして現地で活動。三島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • パラダイス・カフェ

    パラダイス・カフェから見た沖縄返還沖縄返還

    太平洋戦争末期から日本に返還される前までの沖縄を擬人化したような曲。この曲について中島は本作リリース当時のインタビューで、曲の構想自体はかなり以前から存在したが、沖縄(に関する問題)を外側から見るだけでなく自分のこととして考えなければ歌にすることが出来ないという思いがあったことを語っている。なお、タイトル中の「阿檀」とは、日本国内では主に沖縄に生息する植物である。パラダイス・カフェ フレッシュアイペディアより)

  • 中村龍平

    中村龍平から見た沖縄返還沖縄返還

    1971年(昭和46年)7月30日に発生した全日空機雫石衝突事故の対処に当たる。また沖縄返還に伴う新たな部隊(第1混成団)配備と施設管理を処理した。中村龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県道20号線

    沖縄県道20号線から見た沖縄返還沖縄返還

    1953年(昭和28年)に嘉手納基地第1ゲート - 第2ゲートと同ゲート - 胡屋十字路のゲート通り(現「コザゲート通り」)が軍道20号線、胡屋 - 高原が琉球政府道20号線として指定された。その後、1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に嘉手納基地内を除く区間が県道20号線となった。なお、復帰前は起終点が逆だった。沖縄県道20号線 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県公文書館

    沖縄県公文書館から見た沖縄返還沖縄返還

    復帰後の沖縄県文書沖縄県公文書館 フレッシュアイペディアより)

509件中 101 - 110件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード