509件中 121 - 130件表示
  • 城間繁

    城間繁から見た沖縄返還沖縄返還

    1966年(昭和41年)に東京混声合唱団を退団し米国施政権下の沖縄へ帰郷、琉球大学教育学部教授に着任する。1967年(昭和42年)、琉球放送の公開番組『オキコワンワンチャンネル』内のコーナー「みんなで歌おう」内の楽曲を監修。1972年(昭和47年)5月15日の沖縄返還(本土復帰)と同日に制定された「沖縄県民の歌」を始め、県内の市町村歌や校歌、イベントのテーマソングなどを精力的に作曲し、沖縄県内の音楽文化振興に務めた。城間繁 フレッシュアイペディアより)

  • 芸術祭 (文化庁)

    芸術祭 (文化庁)から見た沖縄返還沖縄返還

    1992年(平成4年)の第47回では、沖縄返還20周年を記念して、祝典を実施。芸術祭 (文化庁) フレッシュアイペディアより)

  • うるま市立勝連小学校

    うるま市立勝連小学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年) - 沖縄復帰により、勝連村立勝連小学校と改称。うるま市立勝連小学校 フレッシュアイペディアより)

  • コザ琉映

    コザ琉映から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)5月15日、20年間アメリカ合衆国の施政権下に置かれていた沖縄県が日本に返還。1974年(昭和49年)4月1日、隣接した美里村との合併によりコザ市は沖縄市となったが、これに伴う館名変更は行われなかった。コザ琉映 フレッシュアイペディアより)

  • ウチナーヤマトグチ

    ウチナーヤマトグチから見た沖縄返還沖縄返還

    文法は標準語とほぼ同一であり、本土の人間がウチナーヤマトグチを聞いてもおおむね理解は可能である。ただし、その構造は、琉球諸語(沖縄県土着の諸方言)のうち人口・行政・経済・マスメディアなどの中心である沖縄本島のそれも沖縄方言の語彙・アクセントが影響し、社会的風土や、若者から生まれた新語が含まれているなど、標準語との差が現れている。また本土復帰以降の世代には、旧来の方言である琉球諸語ではなくウチナーヤマトグチを母語とする人々が多く、琉球諸語とも異なったものであるといえる。しかし琉球諸語とウチナーヤマトグチの境界線は曖昧であり、逆にウチナーヤマトグチが琉球諸語に与える語彙的変化、もしくは誤解などの影響も少なからずあるといわれている。ウチナーヤマトグチ フレッシュアイペディアより)

  • 新日和見主義事件

    新日和見主義事件から見た沖縄返還沖縄返還

    「査問」対象者の「罪状」は、「脱党して新組織を立ち上げようとしている疑い」あるいは「共産党の沖縄返還闘争論の理解の誤り」というものから、「組織の金を横領した疑い」など多岐に渡った。のちに共産党指導部は取り調べた者たちを一括して「新日和見主義的傾向」と定義した。中心的人物の一人川上徹は、査問において党に対し自分たち民青中央メンバーが11回大会後の党路線に疑問を持ち、党規約を無視して分派的な会合を持っていたことを自白し、後に著書『素描・1960年代』で、事件発覚後35年を経て事実関係を公表している。新日和見主義事件 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野文六

    吉野文六から見た沖縄返還沖縄返還

    アメリカ局長時代は、アメリカとの間で、沖縄返還の際に土地の原状回復費用を日本が負担する密約の存在を一貫して否認したが、ホワイトハウスの文書公開を受けて初めて認めるに至った。2009年には密約を巡る情報公開訴訟に、原告の求めに応じて初めて証人として出廷した。吉野文六 フレッシュアイペディアより)

  • 玉城村警察官殺害事件

    玉城村警察官殺害事件から見た沖縄返還沖縄返還

    しかしながら、その後も米軍関係者による性犯罪は止まず、1955年の嘉手納幼女強姦殺人事件、具志川村少女暴行事件等の重大事件が続発したほか、1949年頃までは、取締る警察官への逆恨みから交番や警ら中の警察官が米軍関係者に襲撃されて死傷者が出る事件まで発生した。米軍関係者による犯罪は本土復帰後においても沖縄県の治安上の大きな課題となっている。玉城村警察官殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪岡崎運輸

    大阪岡崎運輸から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年 - 沖縄県の日本復帰と同時に、那覇市に沖縄営業所を開設。大阪岡崎運輸 フレッシュアイペディアより)

  • マリックスライン

    マリックスラインから見た沖縄返還沖縄返還

    会社更生法の申請に至った理由として、同年9月に照国海運がタンカーの大量発注など誤った施策により破綻・倒産した影響のほか、沖縄の本土復帰による一時的な観光需要に合わせて就航させた旅客重視の大型船建造、当時の子会社(日本高速フェリー)による「さんふらわあ」シリーズの多額の建造費、オイルショック後の燃料費の高騰などが経営に悪影響を及ぼしたとされる。倒産後は更生管財人の下、新体制にて会社再建を行うこととなる。マリックスライン フレッシュアイペディアより)

509件中 121 - 130件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード