381件中 21 - 30件表示
  • 沖縄国際大学

    沖縄国際大学から見た沖縄返還沖縄返還

    1959年、沖縄県のアメリカ合衆国による統治下時代に、財団法人コザ学園が琉球国際短期大学を設置した。1962年、同財団法人は琉球国際短期大学を内包する形で国際大学を設置、琉球政府により認可された。1972年、沖縄返還がなされると、沖縄県に設置されていた大学に関しても日本国内の大学設置基準とあわせる必要が生じた。そのため、沖縄の復帰に伴う特別措置によって国庫補助金が交付され、さらに日本私学振興財団から特別に貸与金が交付された。これらを原資として国際大学を母体に、沖縄大学の一部を統合して設立したのが現在の沖縄国際大学である。沖縄国際大学 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た沖縄返還沖縄返還

    ベトナム戦争では、在日米軍の軍事基地、中でも特に沖縄の基地が、重要な戦略・補給基地として用いられた。アメリカ空軍の戦略爆撃機が、まだアメリカ政府の施政下にあった沖縄の基地に配備された。1960年代、1,200個の核兵器が沖縄の嘉手納基地に貯蔵されていた。アメリカ軍は1972年(昭和47年)の沖縄返還までに全ての核兵器を沖縄から撤去した。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年

    1971年から見た沖縄返還沖縄返還

    6月17日 - 沖縄返還協定の調印式挙行。1971年 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た沖縄返還沖縄返還

    檄文では、「諸官に与へられる任務は、悲しいかな、最終的には日本からは来ないのだ。(中略)国家百年の大計にかかはる核停条約は、あたかもかつての五・五・三の不平等条約の再現であることが明らかであるにもかかはらず、抗議して腹を切るジェネラル一人、自衛隊からは出なかつた。沖縄返還とは何か? 本土の防衛責任とは何か? アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。あと二年の内に自主性を回復せねば、左派のいふ如く、自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終るであらう」とも警告した。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄社会大衆党

    沖縄社会大衆党から見た沖縄返還沖縄返還

    1950年10月31日、沖縄群島知事の平良辰雄が中心となって結成された。当初は比嘉秀平(後の行政主席)や西銘順治(後の沖縄県知事)などの保守系政治家も在籍しており、幅広い階層からの支持を受けていた。その後、比嘉秀平や西銘順治が相次いで離党したことで革新色を強めていき、沖縄人民党とともに沖縄本土復帰運動の中心に立っていった。しかし人民党との共闘については党内でも批判があり、度々路線対立が起きた。沖縄社会大衆党 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球警察

    琉球警察から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄戦における沖縄県警察部の消滅後、米軍によって徐々に警察機構が復活していき、1952年の琉球政府の発足に伴い、沖縄全域を管轄するため設置された。米国民政府の圧力により、当初予定されていた公安委員会制度が採用されず、警察行政官庁として「警察局」が設けられたが、1969年になって、漸く公安委員会が設置された。1972年の沖縄返還に伴い「沖縄県警察」に改組された。琉球警察 フレッシュアイペディアより)

  • 山城ダム

    山城ダムから見た沖縄返還沖縄返還

    山城ダム(やましろダム)は、沖縄島中部を流れる天願川上流に建設されたダムである。当初は天願ダム(てんがんダム)と呼ばれていた。アメリカ軍によって建設され、1964年7月に着工、1967年5月に完成し、琉球水道公社の管理となった。完成後、余水吐きの下流にチェックダムが追加され地盤強化も行われている。1972年(昭和47年)の沖縄返還に伴い沖縄県企業局の管理となった。1998年4月1日に天願ダムから山城ダムへ名称変更された。山城ダム フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立宮古病院

    沖縄県立宮古病院から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 - 本土復帰により沖縄県立宮古病院と改称。沖縄県立宮古病院 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立博物館新館・美術館

    沖縄県立博物館新館・美術館から見た沖縄返還沖縄返還

    その後、長らく凍結された建設計画は、2002年に経費削減のため事業費を225億円に圧縮するという計画のもとで、本土復帰30周年記念事業として再開されることが決定した。そして、2003年度に建物と博物館展示の実施設計を行い、2004年度から2006年度にかけて建設工事を行い、2007年度に開館する計画を立てた。建物の建設計画自体は順調に進み、実際の開館も予定通り2007年に行われたが、管理運営に関する問題は長らく置き去りにされ2006年以降に問題となった(後述の美術館問題を参照)。沖縄県立博物館新館・美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球政府立博物館

    琉球政府立博物館から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 沖縄本土復帰により事実上の閉館。2階を増築し、沖縄県立博物館として開館。琉球政府立博物館 フレッシュアイペディアより)

381件中 21 - 30件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード