509件中 21 - 30件表示
  • 沖大東島

    沖大東島から見た沖縄返還沖縄返還

    南大東島や北大東島と異なり、ラサ工業が国から本島の払い下げを受けた1937年以来、一貫して同社の私有地である。沖縄返還時には誤って国有地とされてしまったが、翌年にはラサ工業の所有権が確認された。1970年代には、ラサ工業による再開発計画もあり、残存しているとされる燐鉱石を採掘しつつ、島内に石油備蓄基地を設ける計画もあったが、空対地爆撃射撃場(後述)が返還されないこと、燐鉱埋蔵量が不透明などといった理由から消滅している。1980年には燐鉱床の探鉱が行われ、燐鉱石が約300万t残存していることが確認されたが、ラサ工業は1983年に燐酸肥料を含む化学肥料事業から撤退した。全島がラサ工業の所有であり、また在日米軍の沖大東島射爆撃場として利用されていることから、本島に一般人が上陸することはできない。沖大東島 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県選挙区

    沖縄県選挙区から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄県選挙区(おきなわけんせんきょく)は日本の参議院議員通常選挙における選挙区である。1972年の沖縄返還前の1970年から参議院の選挙区となっている。沖縄県選挙区 フレッシュアイペディアより)

  • 南沙織

    南沙織から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年の沖縄返還の前後に沖縄県民の間では非常に大きな盛り上がりがあったが、沖縄が日本に返還されることについて南は、「とても複雑な心境だった。素直に喜べなかった。」と述べている。その理由として、義父がアメリカ軍兵士を相手に飲食店を経営しており、返還を機に父の店はダメになるのではと懸念していたからであった。南沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た沖縄返還沖縄返還

    ベトナム戦争では、在日米軍の軍事基地、中でも特に沖縄の基地が重要な戦略・補給基地として用いられた。アメリカ空軍の戦略爆撃機が、まだアメリカ政府の施政下にあった沖縄の基地に配備された。1960年代、1,200個の核兵器が沖縄の嘉手納基地に貯蔵されていた。1970年には沖縄のアメリカ軍に対するコザ暴動が起こった。アメリカ軍は1972年(昭和47年)の沖縄返還までに全ての核兵器を沖縄から撤去した。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 日比谷公園

    日比谷公園から見た沖縄返還沖縄返還

    1971年 (昭和46)沖縄返還運動により松本楼が全焼、1973年 (同48)再建された。日比谷公園 フレッシュアイペディアより)

  • 平安座島

    平安座島から見た沖縄返還沖縄返還

    面積5.44km、周囲約7km、標高115.6mの低平な島で、2012年4月現在の島内人口は1,364人である。埋立て以前の平安座島は北東 - 南西方向の長軸を持つ楕円形状の地形に加え、島に形成された砂嘴の部分となる。面積2.79km2、周囲7.13kmの琉球石灰岩で覆われた台地状の島であったが、平安座島と宮城島間の「ダネー水道」と呼ばれる海域が、石油備蓄基地の建造により埋立てられた。島周辺のほとんどは急斜面を成し、砂嘴上に集落を形成している。沖縄本島南部の知念半島から伊計島まで伸びるサンゴ礁群の一つで、中城湾と金武湾を囲む堤防のような役割を果たしている。平安座島一帯の海域は「与勝海上政府立公園」として、1965年(昭和40年)10月1日に指定されたが、本土復帰直前の1972年(昭和47年)4月18日に取り消された。平安座島 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄弁護士会

    沖縄弁護士会から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄復帰の前日(1972年5月14日)に沖縄の法令によれば弁護士であった者について特例で沖縄についてのみ弁護士として活動できる沖縄弁護士が沖縄弁護士会において沖縄特別会員とされているが、選挙権・議決権はない。沖縄返還後、布令弁護士が特例で日本の法曹資格を取得したことや沖縄弁護士の存在もあって、他の弁護士会と比較しても県人口あたりの所属弁護士の数は多かった時期があった。沖縄弁護士会 フレッシュアイペディアより)

  • 衆議院

    衆議院から見た沖縄返還沖縄返還

    1950年(昭和25年)に衆議院議員選挙法を廃止して、新たに「公職選挙法」を制定した。このときは、選出方法・定数とも変わらず、中選挙区制・定数466人と定められた。1953年(昭和28年)には現在の鹿児島県奄美市および大島郡に属する奄美群島の復帰により「奄美群島区」が設けられたことで1増の467人、1964年(昭和39年)に19増の486人、1971年(昭和46年)には沖縄復帰により「沖縄全県区」が設けられたことで5増の491人となり、1975年(昭和50年)に20増の511人と増員された後は、この定数が1986年(昭和61年)まで続いた。定数是正の直接の理由は、産業構造の変化に伴い、東京一極集中に代表される都市部への人口集中が起こったことから「一票の格差」が問題とされるようになったことである。ただ、増員のみが続発した背景には、減員が現職議員の失職に繋がるものであることや、政権を担う与党にとって不利な定数変更とならないことに配慮した、などの点が指摘されている。衆議院 フレッシュアイペディアより)

  • 三島事件

    三島事件から見た沖縄返還沖縄返還

    1969年11月 佐藤栄作首相が沖縄返還のため渡米。日米共同声明(佐藤首相訪米阻止闘争)。三島事件 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の人口統計

    沖縄県の人口統計から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄戦終結直後は戦死者による減少が起きたものの、海外から帰国した移民の増加とベビーブームにより人口が増加した。本土復帰直前には転出者の増加により1968年から3年間は人口が減少したが、復帰後は県外からの転入者が増加した。1950年以降、沖縄県の人口は増加傾向にあるが、出生率の低下に加え、死亡率の増加傾向の影響により、1980年から人口増加のペースが鈍化している。国立社会保障・人口問題研究所の『日本の将来推計人口 平成24年1月推計』(2010年度の国勢調査に基づいた人口を基準に算出)によると、沖縄県の将来推計人口は、2020年の約141万7千人まで増加、それ以降は減少するとされ、全都道府県で最も遅く人口減少に転ずると予測される(表2参照)。2014年3月に沖縄県は、子育てしやすい環境を整え、産業の創出で新たに移住者を引き寄せる「県人口増加計画」を発表し、順調に計画が進行すれば、2050年の人口が160万人に増加するとしている。沖縄県の人口統計 フレッシュアイペディアより)

509件中 21 - 30件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード