509件中 31 - 40件表示
  • 非核兵器ならびに沖繩米軍基地縮小に関する決議

    非核兵器ならびに沖繩米軍基地縮小に関する決議から見た沖縄返還沖縄返還

    非核兵器ならびに沖繩米軍基地縮小に関する決議(ひかくへいきならびにおきなわべいぐんきちしゅくしょうにかんするけつぎ)とは、沖縄返還に際して、1971年(昭和46年)11月24日に日本の衆議院で可決した国会決議である。非核兵器ならびに沖繩米軍基地縮小に関する決議 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年

    1971年から見た沖縄返還沖縄返還

    6月17日 - 沖縄返還協定の調印式挙行。1971年 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人

    池田勇人から見た沖縄返還沖縄返還

    吉田学校の双璧といわれた池田と佐藤は、盟友でもあり最大のライバルでもあった。両者は親友といわれることもあるが、五高で池田の一年先輩・細川隆元は「表は兄弟のように親しく見えても、性格の相違とはおかしなもので、両方ともお互いにあまり好きでなかった」と述べている。池田は佐藤より2歳年上だが2浪したため五高で佐藤と同級になり、さらに池田は病気で1年落第したため、佐藤が先に五高を卒業して東大に入った。佐藤は高文の成績が悪く東大卒業後に大蔵省には入れず、定員に満たない鉄道省に入ったが、池田は東大に落ちて京大に行った後、大蔵省に入った。1964年、池田の後を継いだ佐藤は、総理大臣として歴代最長の7年8か月の連続在任を記録したが、そのエネルギーは池田への激しい対抗意識があったといわれる。佐藤は池田の三選阻止のため、1964年夏に自民党総裁選挙に立候補した際、記者団に「ソ連には南千島の返還を、アメリカには沖縄の返還を積極的に要求する。領土問題が片付かないと"戦後は終わった"とか、日米パートナーシップの確立とか、ソ連との平和外交の推進とかはいえない。池田内閣が沖縄の返還を正式にアメリカに要求したのは聞いたことがないが、私がもし政権を取れば、いずれアメリカに出かけてジョンソン大統領に対して正面からこの問題を持ち出すつもりだ」と話した。佐藤が総理大臣として後世に名を残すほどの業績を挙げようとする場合、その選択肢はおのずと限られるという事情があった。内政、特に経済面でいえば、「所得倍増計画」をひっさげて登場した池田に比べてどうしても影が薄い。池田の後を引き継いで池田以上の経済成長はしたが、本来佐藤は経済は全くの素人で、蔵相になって経済の勉強を始めたようなもので、「経済政策は基本的には池田路線の踏襲」、「新しいものは何もない」、「池田の成長戦略から漏れ出た部分をフォローするような政治」などと評された。池田に比べて国民的人気も低く、池田の向こうを張って、どうすれば国民的人気を得られるかに腐心した。外交面でも残る戦後処理案件は、日ソについては、領土問題が絡んで難しく、また反共主義者の佐藤が、中国や北朝鮮の国交正常化に本腰を入れる予測は皆無で、すると残りは沖縄返還しかなかった。これが佐藤が政治生命を賭けて沖縄の施政権返還に取り組むに至った事情である。池田と佐藤は、吉田茂門下という保守本流の基盤の上に長い交遊関係を続けていた。池田ら5人が立候補した1960年の総裁選挙でも、吉田の説得もあり、結局兄の岸と共に同じ官僚出身の池田を支持し、党人派連合を破り、池田内閣をつくり上げた。佐藤には「池田内閣は、おれが作ってやった」という自負があった。池田は1960年7月からの第1次池田内閣では、佐藤の要請を聞いて河野派を締め出し、大野伴睦の副総裁帰り咲きも見送りにさせたが、1962年7月からの第2次池田内閣 (第2次改造) では、池田は佐藤の要請を無視し、佐藤とは犬猿の仲の河野一郎を入閣させ、同じく佐藤と犬猿の仲の大野を副総裁に復帰させた。かつては"喧嘩河野"といわれ、敵が多かった河野であったが、入閣すると人が変わったように池田に尽くし、元々一本気な性格が似たところがあって池田も情が移り、佐藤を無視して河野とばかり相談するようになった。これに佐藤は嫉妬し一悶着あり、池田と佐藤は急速に仲が悪くなった。当時、政界では、池田に近い友人(佐藤)から遠い他人(河野)へ馬を乗り替えたという例え話が流行った。佐藤からすれば、池田との間に「次は佐藤」という言外の信頼関係があるという思いがあり、池田再選(1962年7月)のときも、回りから「出馬すべし」の声が強かったが立候補しなかった。ところが4年も経った池田三選のときには、さすがに池田に「俺に譲れ」と迫った。しかし池田が「まだやる」と佐藤の訴えを却下した。吉田を調停役に三者の会談が行われたが池田は譲らない。池田は吉田に会うのも避けるようになった。これで池田と吉田に完全に溝ができた。佐藤はこれを「恩を仇で返す」離反とみなし、こうした両者の激しい対立関係が池田へのアンチテーゼとして佐藤の沖縄問題への傾斜を一層促すことになった。佐藤の時代に日本経済の高度成長期はピークを迎えるが、一般には佐藤独自の政策の効果というよりは、やはり池田からの延長線上の景気拡大と受け止められていた。佐藤は政権担当の前後から、自らの名誉獲得すべてを沖縄の施政権返還に託したのである。それは沖縄問題に突き進む以外の選択肢は見当たらなかったともいえる。池田勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 末次一郎

    末次一郎から見た沖縄返還沖縄返還

    末次 一郎(すえつぐ いちろう、1922年(大正11年)10月1日 - 2001年(平成13年)7月11日)は、安全保障問題研究会の主宰者。沖縄返還の功労者として知られ、晩年は北方領土返還運動にも取り組んだ。中曽根康弘首相ら歴代政府首相・首脳のアドバイザーとしても知られる。末次一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄戦

    沖縄戦から見た沖縄返還沖縄返還

    戦後、沖縄守備軍の守備範囲であった沖縄県および鹿児島県口之島以南は米軍の占領下に入った。8月20日には琉球列島米国軍政府と沖縄住民の意思疎通を目的として、沖縄諮詢会が設置された。沖縄諮詢会は翌1946年(昭和21年)4月に沖縄民政府へ改組されたが、米軍による軍政は1950年(昭和25年)12月まで続いた。その後も沖縄では、米国の琉球列島米国民政府および下部機関である琉球政府による統治が行われ、沖縄が日本に復帰するのは1972年(昭和47年)5月15日のことであった。最後の激戦地となった南部地域の村では、いくつもの集落で住民が全滅した上、生き残った住民も外国(特に南米)に移住する者が多かった。そのため人口の減少により、自治体としての規模維持のため合併を余儀なくされた(三和村)。沖縄戦 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ニクソン

    リチャード・ニクソンから見た沖縄返還沖縄返還

    日本の佐藤栄作首相と会談、在沖縄アメリカ軍の駐留維持と引き換えに1972年の沖縄返還を合意(11月)。リチャード・ニクソン フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のテレビ (日本)

    1972年のテレビ (日本)から見た沖縄返還沖縄返還

    5月15日 - 沖縄が日本本土に返還され、新生沖縄県が発足。NHK沖縄放送局が開局(沖縄放送協会が解散)。沖縄テレビ、琉球放送両局がコールサイン・チャンネル番号を変更。これと同時に沖縄テレビはFNN・FNSに、琉球放送はJNNにそれぞれ正式加盟(詳しくは各局の項を参照)。1972年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄社会大衆党

    沖縄社会大衆党から見た沖縄返還沖縄返還

    1950年10月31日、沖縄群島知事の平良辰雄と兼次佐一らによって結成された。当初は比嘉秀平(後の行政主席)や西銘順治(後の沖縄県知事)などの保守系政治家も在籍しており、幅広い階層からの支持を受けていた。その後、比嘉秀平や西銘順治が相次いで離党(比嘉らは琉球民主党を結成した。のち同党は自由民主党に合流)したことで革新色を強めていき、沖縄人民党(後の日本共産党沖縄県委員会)とともに沖縄県祖国復帰協議会に加盟して沖縄本土復帰運動の中心に立っていった。しかし人民党との共闘については党内でも批判があり、度々路線対立が起きた。沖縄社会大衆党 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見た沖縄返還沖縄返還

    臨時北部南西諸島政庁が設置されていた南西諸島地域が、1952年(昭和27年)2月10日にトカラ列島がアメリカ合衆国から日本に返還されて、奄美群島が1953年(昭和28年)に12月25日アメリカ合衆国から日本に返還された。1968年(昭和43年)6月28日に南方諸島及びその他の諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定により小笠原諸島がアメリカ合衆国から返還された。1972年(昭和47年)5月15日に、アメリカ合衆国によって琉球政府が創設されていた沖縄県が日本に復帰した。県民の祖国復帰運動が実った結果だが、沖縄の米軍基地がそのまま在日米軍基地として残されたことは後に禍根を残した。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 外交官

    外交官から見た沖縄返還沖縄返還

    明治40年(1907年)生。昭和6年(1931年)外務省入省。ポツダム宣言の翻訳、沖縄返還、日米繊維交渉など、日米交渉に深く関与する。外務事務次官、駐米大使、最高裁判所判事、日本野球機構コミッショナー。外交官 フレッシュアイペディアより)

509件中 31 - 40件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード