509件中 61 - 70件表示
  • 那覇市立大道小学校

    那覇市立大道小学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 - 沖縄返還に伴い那覇市立大道小学校と改称。那覇市立大道小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 保釣運動

    保釣運動から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月の沖縄返還に伴って尖閣諸島の施政権が日本に返還されることに対し、アメリカに留学中だった台湾人学生が1970年11月に「保釣行動委員会」を結成、保釣運動 フレッシュアイペディアより)

  • 池田龍夫

    池田龍夫から見た沖縄返還沖縄返還

    池田 龍夫(いけだ たつお、1930年 - )は日本のジャーナリスト、評論家。元毎日新聞中部本社編集局長。「日刊ベリタ」、「プレスウォッチング」にて毎月連載を保有、News for the People in Japanの「NPJ通信」にて読み切り論評を連載。沖縄返還密約訴訟も毎回傍聴しレポートしている。池田龍夫 フレッシュアイペディアより)

  • 粟国郵便局

    粟国郵便局から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)5月15日 - 沖縄返還に伴い、郵政省沖縄郵政管理事務所管轄の集配特定郵便局である粟国郵便局として設置。粟国郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市立神原中学校

    那覇市立神原中学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年) - 沖縄復帰により、那覇市立神原小学校と改称。那覇市立神原中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 崎山 (竹富町)

    崎山 (竹富町)から見た沖縄返還沖縄返還

    西表島の最西端に当たり、西表島の南西部にある無人島・仲の神島も字崎山に含まれる。 西表島の南西側から突き出す崎山半島一帯が字崎山となっており、琉球民謡の一つ・崎山節でその名を知られる。崎山半島の西端にヌパン崎・パイミ崎が、北側の崎山湾東側にウルチ崎が、崎山半島南側に落水崎がみられる。東側で西表と隣接する。かつては東に網取・南に鹿川などの小集落が大字崎山の下に小字として存在したが、いずれも1972年の沖縄返還よりも以前に廃村となっており、現在では定住者はほとんど存在しない。1983年6月28日以降、崎山湾の一部が崎山湾自然環境保全地域に指定されている崎山湾に注ぐウボ川・パイタ川の河口にはマングローブの自生が見られる。しかし、いずれも800m前後の小河川であるため、湾内への陸水の広がりは少ない。崎山湾の主産業は漁業であり、海草帯で冬季に三枚刺網漁が行われ,サンゴ礁域では追込み漁・電灯潜り漁・一本釣り・採貝・採藻などが行われている。また観光資源として西表島だけでなく石垣島のダイビングショップからもスキューバダイビングスポットとして利用されている。崎山 (竹富町) フレッシュアイペディアより)

  • 南方同胞援護会

    南方同胞援護会から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 沖縄返還南方同胞援護会 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球列島高等弁務官

    琉球列島高等弁務官から見た沖縄返還沖縄返還

    琉球列島高等弁務官(りゅうきゅうれっとうこうとうべんむかん、英:High Commissioner of the Ryukyu Islands)は、琉球列島米国民政府の高等弁務官である。1957年6月5日より従来の民政長官・副長官制から、高等弁務官になった。1972年5月15日に沖縄が日本に復帰(沖縄返還)したことにより廃止された。琉球列島高等弁務官 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球生命保険

    琉球生命保険から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)に沖縄が本土復帰するまでの占領下、沖縄で営業を行っていた生命保険会社は、沖縄生命保険(後に協栄生命保険(現ジブラルタ生命保険)へ統合)と当社の2社であった。ただ、経営規模は本土の生命保険会社とは比較にならず、本土復帰後の独立経営は困難であることが明白であったことから、1973年(昭和48年)に統合を前提に日本生命保険と業務提携。1975年(昭和50年)8月1日に、全契約を日本生命に包括移転し、同日解散した。琉球生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 地勢図

    地勢図から見た沖縄返還沖縄返還

    1963年(昭和38年)以降は、それまでの図面を順次修正したり、図法をUTM図法に切り換える改編集を行ってきた。また、1972年(昭和47年)の沖縄返還後、同地域の新規編集を行った。地勢図 フレッシュアイペディアより)

509件中 61 - 70件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード