381件中 71 - 80件表示
  • 第4次防衛力整備計画

    第4次防衛力整備計画から見た沖縄返還沖縄返還

    本計画の策定作業が行なわれていた時期は、沖縄返還や日米安全保障条約の固定期間が切れるなどの影響があり、自由民主党内で「自主国防」論が目立ち始めた。この中の筆頭論者であった中曽根康弘が1970年(昭和45年)1月、防衛庁長官に就任した。本計画は当初、中曽根の意向を強く反映したものとなる。第4次防衛力整備計画 フレッシュアイペディアより)

  • 南方諸島及びその他の諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定

    南方諸島及びその他の諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定から見た沖縄返還沖縄返還

    太平洋戦争終結後、小笠原諸島はアメリカ合衆国の軍政下に置かれ、島民は日本本土に追放された。サンフランシスコ講和条約第3条では、小笠原諸島は信託統治領になるとされたが、同時に日本の潜在主権を認められたことから引き続き米軍の管理下に置かれた。その後、沖縄返還とともに小笠原返還を求める旧島民やその他日本国民の要求が高まり、1967年11月14日および11月15日に佐藤栄作内閣総理大臣とリンドン・ジョンソンアメリカ合衆国大統領が会談して小笠原諸島の1年以内の返還に合意した。南方諸島及びその他の諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の政治

    1969年の政治から見た沖縄返還沖縄返還

    3月10日 - 佐藤栄作首相、参議院予算委員会で沖縄返還に関し、「核抜き、米軍基地は本土並みに」と答弁。1969年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県平和祈念財団

    沖縄県平和祈念財団から見た沖縄返還沖縄返還

    1957年(昭和32年)、靖国神社奉賛会沖縄地方支部として設立され、1960年(昭和35年)に財団法人沖縄戦没者慰霊奉賛会に移行。1972年(昭和47年)には沖縄返還により、財団法人沖縄県戦没者慰霊奉賛会と改称した。2006年(平成18年)に現在の名称に改称している。沖縄県平和祈念財団 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市立松島中学校

    那覇市立松島中学校から見た沖縄返還沖縄返還

    当初、将来的には琉球大学の附属中学校にする計画で1962年に発足した。松島は通学区域の松川と古島の一字ずつを組み合わせて命名した。しかし、その計画がなくなり、1972年に那覇教育区立松島中学校となる。そしてその約1ヶ月半後、沖縄返還により那覇市立松島中学校となる。なお、琉球大学の附属中学校は、1984年に琉球大学教育学部附属中学校として西原町の琉大千原キャンパス内にて開校している。那覇市立松島中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄岡崎運輸

    沖縄岡崎運輸から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年 - 沖縄県の日本復帰と同時に、那覇市に大阪岡崎運輸沖縄営業所として開設。沖縄岡崎運輸 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・B・ランパート

    ジェームス・B・ランパートから見た沖縄返還沖縄返還

    高等弁務官時代には、既に沖縄返還が決まっていたため、琉球政府や日本政府と協力して復帰に対応するための施策を行った。米軍に直接関係しない限り、琉球政府への干渉は差し控るなど穏健路線をとった。離任後、日本政府より民政安定に尽力したとして勲一等旭日大綬章が贈られた。ジェームス・B・ランパート フレッシュアイペディアより)

  • 金城次郎

    金城次郎から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47)沖縄本土復帰。読谷村に移住。金城次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中突堤

    中突堤から見た沖縄返還沖縄返還

    黒潮丸(沖縄復帰前に就航していた。)中突堤 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球生命保険

    琉球生命保険から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)に沖縄が本土復帰するまでの占領下、沖縄で営業を行っていた生命保険会社は、沖縄生命保険(後に協栄生命保険(現ジブラルタ生命保険)へ統合)と当社の2社であった。ただ、経営規模は本土の生命保険会社とは比較にならず、本土復帰後の独立経営は困難であることが明白であったことから、1973年(昭和48年)に統合を前提に日本生命保険と業務提携。1975年(昭和50年)8月1日に、全契約を日本生命に包括移転し、同日解散した。琉球生命保険 フレッシュアイペディアより)

381件中 71 - 80件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード

  • SPORTMAX α−14(スホ゜ーツマックス アルファ フォーティーン)

  • ダンロップ スポーツマックス α−14

  • 日本取引所グループ最高執行責任者