509件中 71 - 80件表示
  • ハイトーン

    ハイトーンから見た沖縄返還沖縄返還

    1972年の沖縄返還によるたばこ専売化によって、銘柄はオリエンタル煙草から旧専売公社に引き継がれたが、以降も沖縄県専用銘柄として存続した。なおオリエンタルのたばこ銘柄で専売公社に引き継がれたものとしては他に「ロン」(Lon)があったが、1978年に製造を終了している。ハイトーン フレッシュアイペディアより)

  • 沖大東島射爆撃場

    沖大東島射爆撃場から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)5月15日:沖縄の本土復帰に伴い施設・区域提供される。沖大東島射爆撃場 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球政府行政府ビル

    琉球政府行政府ビルから見た沖縄返還沖縄返還

    所在地は戦前、現在の沖縄県庁舎と同じ沖縄県那覇市泉崎一丁目2番2号()。1953年(昭和28年)4月28日に完成した。1968年(昭和43年)1月8日に米国民政府が浦添市小湾465番地に移転するまでは、上層階(3階,4階)を米国民政府が、下層階を琉球政府が入居していた。復帰後も1990年(平成2年)に現在の沖縄県庁舎が完成するまで沖縄県庁舎第1本庁舎として使われていた。琉球政府行政府ビル フレッシュアイペディアより)

  • 柏木雄介

    柏木雄介から見た沖縄返還沖縄返還

    没後の2010年3月、沖縄返還直前の1969年12月、アメリカ財務省特別補佐官アンソニー・J・ジューリックと、財政負担に関する密約(日本政府が連邦準備銀行に5000万余ドルを無利子で預金すること、基地移転費用などは日本側が負担すること)を結んでいたことが発覚した。柏木雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 天願川

    天願川から見た沖縄返還沖縄返還

    具志川市天願にあった浄水場。1961年にアメリカ軍が建設し、琉球水道公社によって拡張され、1972年(昭和47年)の沖縄返還に伴い沖縄県へ移管された。老朽化により1992年(平成4年)3月末に廃止されている。天願川と福地ダムなど沖縄島北部ダム群の水を管理し、当時の具志川市、勝連町、与那城村へ上水道を供給していた。天願川 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市立松島中学校

    那覇市立松島中学校から見た沖縄返還沖縄返還

    当初、将来的には琉球大学の附属中学校にする計画で1962年に発足した。松島は通学区域の松川と古島の一字ずつを組み合わせて命名した。しかし、その計画がなくなり、1972年に那覇教育区立松島中学校となる。そしてその約1ヶ月半後、沖縄返還により那覇市立松島中学校となる。なお、琉球大学の附属中学校は、1984年に琉球大学教育学部附属中学校として西原町の琉大千原キャンパス内にて開校している。那覇市立松島中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 今日の琉球

    今日の琉球から見た沖縄返還沖縄返還

    今日の琉球(こんにちの・りゅうきゅう)は、沖縄県がアメリカ合衆国の占領下にあった1957年10月から1972年5月の日本への返還までの間、当時の沖縄米国民政府が発行した広報グラフ誌である。今日の琉球 フレッシュアイペディアより)

  • 島豆腐

    島豆腐から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年の本土復帰を受けて、食品衛生法により豆腐を水にさらして販売する事が義務付けられたが、食文化の維持などを理由とした陳情の結果、温かい豆腐をそのまま販売する方法が1974年に特例として許可されている。沖縄で豆腐は盛んに消費され、2012年の家計調査によれば、沖縄県における1世帯当たりの豆腐に対する支出は年間5,670円で全国平均の4,613円を大きく上回っている。一方で、全国平均を上回るペースで支出額が年々減少しており、食文化の変容や世帯当たり人員の減少が影響しているとみられる。2014年の調査では、沖縄県内の回答者の43%が温かい状態で袋に入っている島豆腐を、50%がパック入りの島豆腐を、それぞれ週に1回以上購入しており、木綿豆腐や絹豆腐の同35%を上回っている。島豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立北部病院

    沖縄県立北部病院から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 - 本土復帰により沖縄県立名護病院と改称。沖縄県立北部病院 フレッシュアイペディアより)

  • 二級水系

    二級水系から見た沖縄返還沖縄返還

    すなわち、河川法第十条の規定により通常二級河川は都道府県知事の管理下におかれ、国が関与することはない。だが1972年(昭和47年)の沖縄返還以降、本土に比べインフラストラクチャー整備が遅れている沖縄県の発展を図るため、河川整備について沖縄県の振興を図るために特に必要があるものについては、沖縄県知事の要請があった場合に内閣総理大臣との協議によって国土交通大臣(従前は建設大臣)が、指定した河川区間について河川改良工事、修繕工事などを国直轄で行うことを措置法によって定めた。二級水系 フレッシュアイペディアより)

509件中 71 - 80件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード