381件中 81 - 90件表示
  • 泡瀬干潟

    泡瀬干潟から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年、沖縄県が日本に復帰(沖縄返還)し、1980年に沖縄県が中城湾港開発基本計画を決定する。この計画が後述する泡瀬干潟の埋め立て計画(泡瀬干潟を参照)の背景となる。泡瀬干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 泡瀬ゴルフ場

    泡瀬ゴルフ場から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄の本土復帰後も米軍施設として残り、ゴルフ場利用税の適用対象外であった。また、1975年(昭和50年)にはゴルフ場が立地していたキャンプ瑞慶覧の施設管理権が陸軍から海兵隊に移管されたため、ゴルフ場も海兵隊の管轄となっていた。泡瀬ゴルフ場 フレッシュアイペディアより)

  • 崎山 (竹富町)

    崎山 (竹富町)から見た沖縄返還沖縄返還

    西表島の最西端に当たり、西表島の南西部にある無人島・仲の神島も字崎山に含まれる。 西表島の南西側から突き出す崎山半島一帯が字崎山となっており、琉球民謡の一つ・崎山節でその名を知られる。崎山半島の西端にヌパン崎・パイミ崎が、北側の崎山湾東側にウルチ崎が、崎山半島南側に落水崎がみられる。東側で西表と隣接する。かつては東に網取・南に鹿川などの小集落が大字崎山の下に小字として存在したが、いずれも1972年の沖縄返還よりも以前に廃村となっており、現在では定住者はほとんど存在しない。1983年6月28日以降、崎山湾の一部が崎山湾自然環境保全地域に指定されている崎山湾に注ぐウボ川・パイタ川の河口にはマングローブの自生が見られる。しかし、いずれも800m前後の小河川であるため、湾内への陸水の広がりは少ない。崎山湾の主産業は漁業であり、海草帯で冬季に三枚刺網漁が行われ,サンゴ礁域では追込み漁・電灯潜り漁・一本釣り・採貝・採藻などが行われている。また観光資源として西表島だけでなく石垣島のダイビングショップからもスキューバダイビングスポットとして利用されている。崎山 (竹富町) フレッシュアイペディアより)

  • 国政参加選挙

    国政参加選挙から見た沖縄返還協定沖縄返還

    国政参加選挙(こくせいさんかせんきょ)は、琉球政府時代の沖縄において、日本国の衆議院、参議院の議員を選出するために1970年に行われた選挙である。1971年に調印された沖縄返還協定の批准のために国会に特別委員会が設置され、選出された議員は、協定批准の審議に参加した。国政参加選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立北部農林高等学校

    沖縄県立北部農林高等学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年 - 沖縄返還に伴い沖縄県に移管沖縄県立北部農林高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立辺土名高等学校

    沖縄県立辺土名高等学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年 - 沖縄返還により、沖縄県立辺土名高等学校となる。沖縄県立辺土名高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立知念高等学校

    沖縄県立知念高等学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 - 沖縄返還により沖縄県立知念高等学校となる。沖縄県立知念高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立南部商業高等学校

    沖縄県立南部商業高等学校から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 - 沖縄返還により沖縄県立南部商業高等学校となる。沖縄県立南部商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 瑞慶覧長方

    瑞慶覧長方から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年の沖縄返還後、沖縄社会大衆党公認で県議となり1987年から1989年まで委員長を務めた。現在は、瑞慶覧長方 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市立図書館

    那覇市立図書館から見た沖縄返還沖縄返還

    那覇琉米文化会館は頃に一度余儀の新館に移転し、さらにに現在の那覇市立図書館の場所へと新築移転した。には沖縄返還によって那覇市へ委譲、「那覇文化センター」となり、3年後のに教育委員会へ移管、現在の「那覇市立図書館」へと名前を改めて今に至る。1980年代には3つの分館を設置、現在では6分館を有する。那覇市立図書館 フレッシュアイペディアより)

381件中 81 - 90件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード