509件中 81 - 90件表示
  • 一級国道

    一級国道から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)5月15日の沖縄の日本への返還に際して、それまであった二桁国道は1号から57号までとなっていたが、このときに限って特例で沖縄県内に新たに二桁国道が指定されることになり、58号が指定されている。一級国道 フレッシュアイペディアより)

  • 宮里静湖

    宮里静湖から見た沖縄返還沖縄返還

    米国施政権下の沖縄では久米島で小学校の教員を務め、久米島教育事務所長に至る。この間、シベリア抑留の体験を基にした「望郷」などの詩を精力的に発表。1972年(昭和47年)の沖縄返還に伴う新県民歌の歌詞募集では宮里の応募作が採用され、5月15日の返還当日に「沖縄県民の歌」が制定された。宮里静湖 フレッシュアイペディアより)

  • 国立病院機構琉球病院

    国立病院機構琉球病院から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年5月15日 - 本土復帰に伴い、厚生省に移管され国立療養所琉球精神病院となる。国立病院機構琉球病院 フレッシュアイペディアより)

  • 復帰記念沖縄特別国民体育大会

    復帰記念沖縄特別国民体育大会から見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄の祖国復帰を記念して開かれたこの大会は、通常の国体とは違って全国の予選は行わず、各都道府県に種目と人数を割り振って選考したミニ国体。沖縄では初めての全国規模のスポーツ大会でもあった。復帰記念沖縄特別国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 座間味郵便局

    座間味郵便局から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年(昭和47年)5月15日 - 沖縄返還に伴い、郵政省沖縄郵政管理事務所管轄の集配特定郵便局である座間味郵便局となる。座間味郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルト・ロストウ

    ウォルト・ロストウから見た沖縄返還沖縄返還

    1966年 - 1969年 ジョンソン大統領のもとで国家安全保障担当大統領特別補佐官を務める(在任中、ロストウは自らの主張するテイク・オフ理論を実証するためにも南ベトナムの国家建設とベトナム戦争を強硬に推進することとなった。また、沖縄返還については、佐藤栄作首相の密使であった若泉敬のカウンターパートとしてその折衝に当たった)。ウォルト・ロストウ フレッシュアイペディアより)

  • 嘉手納弾薬庫地区

    嘉手納弾薬庫地区から見た沖縄返還沖縄返還

    多数の施設は1972年(昭和47年)5月15日の沖縄返還を機に統合され嘉手納弾薬庫地区となった。陸軍弾薬は1978年(昭和53年)7月に大韓民国や中近東へ移された。1983年(昭和58年)以降、倉敷ダム、沖縄自動車道、嘉手納バイパス、石川バイパスなどの用地として部分的な返還が行われている。嘉手納弾薬庫地区 フレッシュアイペディアより)

  • 泡瀬干潟

    泡瀬干潟から見た沖縄返還沖縄返還

    1972年、沖縄県が日本に復帰(沖縄返還)し、1980年に沖縄県が中城湾港開発基本計画を決定する。この計画が後述する泡瀬干潟の埋め立て計画(泡瀬干潟を参照)の背景となる。泡瀬干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和56-57年沖縄渇水

    昭和56-57年沖縄渇水から見た沖縄返還沖縄返還

    当時は沖縄返還から9年が経過し、経済成長と上水道の普及が進んでおり水需要が増加しつつあった。上水道の水源として沖縄県管理の3ダム(瑞慶山ダム、天願ダム、金武ダム)と沖縄本島北部にある国(沖縄総合事務局)管理の福地ダムが使われていたが水不足が慢性化しており、毎年のように給水制限が繰り返されていた。特に1977年(昭和52年)には169日間の給水制限が行われている。このため福地ダムはかさ上げによるダム再開発事業が始められ、沖縄本島北部に新たに5つのダム(辺野喜ダム、羽地ダム、普久川ダム、漢那ダム、安波ダム)の建設が始められていた。昭和56-57年沖縄渇水 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷ダム

    倉敷ダムから見た沖縄返還沖縄返還

    沖縄島南部の水源として1961年に瑞慶山ダムが完成し利用されていたが、ベトナム戦争や沖縄返還の経済効果などによって水需要が増加し続け水不足が慢性化した。このため1982年(昭和57年)から1991年(平成3年)にかけて実施された第2次沖縄振興開発計画の一環として瑞慶山ダムの大型化が進められることになった。当初はダムのかさ上げによる対応が検討されたが、ダムに漏水が発生していたことと周辺地層に水を透過させる透水層があったことなどから旧ダムの下流直下に新ダムを建設することになった。1982年(昭和57年)に事業が始まり1989年(平成元年)3月に着工され1995年(平成7年)2月13日に完成した。同年12月31日には周辺整備のためアメリカ軍用地の一部が返還されている。新しいダムは完成するまで瑞慶山ダムと呼ばれていたが、1996年(平成8年)4月1日の管理開始を以て倉敷ダムと名付けられた。倉敷ダム フレッシュアイペディアより)

509件中 81 - 90件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード