3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
115件中 111 - 115件表示
  • 沖縄返還

    沖縄返還から見たリーマンショック

    ただし、2008年(平成20年)のリーマンショック以降の製造業の衰退のため、本土各県の所得水準の低下が著しく、相対的に沖縄県の所得水準が上がりつつあり、2009年(平成21年)には県民所得最下位から脱却した。また、沖縄県では他府県から離れた沖縄の地理的条件が不利になりにくいIT産業・コールセンターの振興に力を入れており、沖縄県出身者の地元志向の強さを狙って、人材流動の激しい本土ではなく、沖縄でのIT開発拠点を作ろうとする動きも一部に見られるようになってきた。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た日米繊維交渉

    日米繊維交渉 - 沖縄返還交渉とほぼ時期を同じくして佐藤内閣とニクソン政権の間で行われた経済交渉。沖縄返還交渉にも影響を与えたとされ、「糸(繊維)を売って縄(沖縄)を買う」とも皮肉られた。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た東側諸国

    1950年(昭和25年)6月25日に北朝鮮が韓国に軍事侵攻したことにより朝鮮戦争が、1960年(昭和35年)12月に南ベトナム解放民族戦線が南ベトナム政府軍に対する武力攻撃を開始したことでベトナム戦争がおこるなど、1950年代(昭和25年-昭和34年)から1960年代(昭和35年-昭和44年)にかけて東西冷戦が過熱する中で、アメリカの沖縄の扱いは施政権下においての自治から、ソ連や中国、北朝鮮などの東側諸国に対しての抑止力を持った軍事基地、そしてフィリピンやタイの基地と並ぶベトナム戦争の爆撃機拠点および後方支援基地としての重要性を重視する方向に変わっていく。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た島ぐるみ闘争

    アメリカ軍はその間にも施政権の下に各地に半ば力ずくで基地や施設を建設し、またアメリカ軍兵士による悪質な事故、殺人を含む事件が頻発し県民の死傷者も相次いだ。このころから県民はアメリカの施政に落胆し本土復帰(日本復帰)を訴え、県民有志は「島ぐるみ闘争」といった抵抗運動を起こし、1960年(昭和35年)には沖縄県祖国復帰協議会(復帰協)を結成した。なお、ベトナムへの軍事介入を拡大したジョン・F・ケネディ大統領(長女のキャロライン・ケネディは駐日米国大使の経歴有)や、ケネディを継いでベトナム戦争を泥沼化させたリンドン・B・ジョンソン大統領は、エドウィン・O・ライシャワー駐日大使などによる沖縄の本土復帰についての助言を受けたにもかかわらず、沖縄返還を全く考慮しなかった。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た日本の公務員

    2005年(平成17年)以降、日本の人口は減少しているが、沖縄県が人口減に転じるのは2025年頃と、日本の全都道府県で最も遅いと予測されている。一方で経済体質は、2017年(平成29年)に至るまで、公務員と公共事業とアメリカ軍基地、観光業が柱となっており、多くの安定した雇用を確保することが出来る、大規模な製造業などの有力な地域産業は依然十分に育っていない。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
115件中 111 - 115件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード