93件中 61 - 70件表示
  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た新左翼

    日本の第3次佐藤内閣は1970年に予定される日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約延長と共に本土復帰を緊急の外交課題としたが、70年安保延長反対を唱える日本社会党や日本共産党は本土復帰を訴えつつも、安保と同列の沖縄返還論に反発した。さらに一部の新左翼や学生運動、各種労働組合は反安保・反返還の一大運動を日本国内で繰り広げた。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見たコザ市

    1970年12月20日未明、沖縄本島中部のコザ市(現・沖縄市)で、アメリカ軍兵士が連続して起こした2件の交通事故を契機にコザ暴動が発生した。常日頃からアメリカ軍兵士が優遇され沖縄県民が不当に差別されたことに対するコザ市民の怒りが表面化したもので、これ以上沖縄県をアメリカ軍政下に置くことは適当でないと内外に知らしめた。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見たフィリピン

    1950年6月25日に北朝鮮が韓国に軍事進攻したことにより朝鮮戦争が、1960年12月に南ベトナム解放民族戦線が南ベトナム政府軍に対する武力攻撃を開始したことでベトナム戦争がおこるなど、1950年代から1960年代にかけて東西冷戦が過熱する中で、アメリカは施政権下においての自治から、ソ連や中国、北朝鮮などの東側諸国に対しての抑止力を持った軍事基地、そしてフィリピンやタイの基地と並ぶベトナム戦争の爆撃機拠点および後方支援基地としての重要性の方向に変わっていく。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た交通事故

    1970年12月20日未明、沖縄本島中部のコザ市(現・沖縄市)で、アメリカ軍兵士が連続して起こした2件の交通事故を契機にコザ暴動が発生した。常日頃からアメリカ軍兵士が優遇され沖縄県民が不当に差別されたことに対するコザ市民の怒りが表面化したもので、これ以上沖縄県をアメリカ軍政下に置くことは適当でないと内外に知らしめた。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た行政主席

    第二次世界大戦の講和条約で、1951年に署名された日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)では、アメリカ合衆国の施政権下に置かれるものとされ、1952年4月28日に発効した。そこでアメリカは、「行政主席」を行政の長とする琉球政府を置き、公選の議員で構成される立法機関「立法院」を設けるなど一定の自治を認めたが、最終的な意思決定権はアメリカが握ったままであった。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見たかりゆしクラブ

    かつて本土復帰運動と同時に、琉球独立運動が存在した。現在でも独立運動は存在するが、県民の間で大きな支持を得るには至っていない。2006年(平成18年)の沖縄県知事選で琉球独立党(現・かりゆしクラブ)の候補は6,000票ほどを獲得したにとどまった。また、2007年(平成19年)に琉球大学法文学部の林泉忠准教授が行った調査によると(2005年度より毎年実施)、独立の是非を問う質問に「独立すべき」と答えたのは20.6%(2005年度24.9%)となった(詳細は当該項目を参照の事)。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た沖縄県警察

    沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律に基づいて1972年6月25日に沖縄県議会選挙が行われたほか、他の都道府県同様に沖縄県庁や沖縄県警のほか、各自衛隊(航空自衛隊・海上自衛隊・陸上自衛隊)なども置かれた。しかし、自衛隊は日本軍の後身と見られたことから、隊員が住民から迫害を受けたほか、住民票の交付がなされなかったり隊員の子弟が学校に入学できないなどの人権侵害を含む社会事件が発生した。また近年においても、県内のマスメディアで自衛隊を恣意的扱っているなど、差別的な感情があるとする意見もある。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た琉球開発金融公社

    また、日本への返還に際し、日本政府は返還協定第7条にもとづき「特別支出金」として総額3億2000万ドルをアメリカ政府に支払った。「特別支出金」の内訳には、琉球水道公社や琉球電力公社、琉球開発金融公社のほか、那覇空港施設や琉球政府庁舎あるいは航空保安施設、航路標識などのアメリカ軍政下で設置された民生用資産の引き継ぎの代金1億7500万ドルが含まれていた。日本政府は取り決めに従いこの対価を支払った。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た道路交通法

    また、1978年7月30日には車両の通行が左側通行に切り替えられ(730)、本土同様の道路交通法が適用されるようになった。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た立法院 (琉球)

    第二次世界大戦の講和条約で、1951年に署名された日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)では、アメリカ合衆国の施政権下に置かれるものとされ、1952年4月28日に発効した。そこでアメリカは、「行政主席」を行政の長とする琉球政府を置き、公選の議員で構成される立法機関「立法院」を設けるなど一定の自治を認めたが、最終的な意思決定権はアメリカが握ったままであった。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード