115件中 61 - 70件表示
  • 沖縄返還

    沖縄返還から見たアメリカ合衆国連邦政府

    また、日本への返還に際し、日本政府は返還協定第7条にもとづき「特別支出金」として総額3億2000万ドルをアメリカ政府に支払った。西山太吉は実際の支出総額が5億ドルをはるかに超えて、密約として処理されたと主張している。「特別支出金」の内訳には、琉球水道公社や琉球電力公社、琉球開発金融公社のほか、那覇空港施設や琉球政府庁舎あるいは航空保安施設、航路標識などのアメリカ軍政下で設置された民生用資産の引き継ぎの代金1億7500万ドルが含まれていた。日本政府は取り決めに従いこの対価を支払った。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た沖縄米兵少女暴行事件

    沖縄返還は実現したものの、課題は多く残されている。2010年(平成22年)現在も米軍専用施設面積の約74%が沖縄県に集中し、沖縄本島の19.3%が基地に占められる(県全体の基地の割合は10.7%)。たびたび引き起こされるアメリカ兵による事件が日米地位協定によってうやむやにされることも県民感情を逆撫でする。1995年(平成7年)の沖縄米兵少女暴行事件の際は大規模な抗議行動が行われた。2009年(平成21年)に成立した鳩山由紀夫政権(鳩山由紀夫内閣)は、宜野湾市市街地にある普天間基地を県外に移転することを事実上の選挙公約としたが、就任後は鳩山首相の発言が二転三転し、最終的に公約を破る形で辞任している。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た海上自衛隊

    沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律に基づいて1972年(昭和47年)6月25日に沖縄県議会選挙が行われた。また、他の46都道府県同様に沖縄県庁や沖縄県警のほか、各自衛隊(航空自衛隊・海上自衛隊・陸上自衛隊)なども置かれたが、自衛隊は旧日本軍の後身と見られたことから、また近年においても、県内のマスメディアで自衛隊を恣意的に扱っているなど、差別的な感情があるとする意見もある。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見たゼネラル・ストライキ

    渋谷暴動事件 - 返還協定批准阻止のための、11月10日に打たれたゼネラル・ストライキ(11・10ゼネスト、沖縄ゼネスト)に呼応して行なわれた。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た日本

    沖縄返還(おきなわへんかん)は、1972年(昭和47年)5月15日に、沖縄(琉球諸島及び大東諸島)の施政権がアメリカ合衆国から日本国に返還されたことを指す。日本国とアメリカ合衆国との間で署名された協定の正式名称は「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」である。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た沖縄県祖国復帰協議会

    アメリカ軍はその間にも施政権の下に各地に半ば力ずくで基地や施設を建設し、またアメリカ軍兵士による悪質な事故、殺人を含む事件が頻発し県民の死傷者も相次いだ。このころから県民はアメリカの施政に落胆し本土復帰(日本復帰)を訴え、県民有志は「島ぐるみ闘争」といった抵抗運動を起こし、1960年(昭和35年)には沖縄県祖国復帰協議会(復帰協)を結成した。なお、ベトナムへの軍事介入を拡大したジョン・F・ケネディ大統領(長女のキャロライン・ケネディは駐日米国大使の経歴有)や、ケネディを継いでベトナム戦争を泥沼化させたリンドン・B・ジョンソン大統領は、エドウィン・O・ライシャワー駐日大使などによる沖縄の本土復帰についての助言を受けたにもかかわらず、沖縄返還を全く考慮しなかった。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た琉球独立運動

    かつて本土復帰運動と同時に、琉球独立運動が存在した。現在でも独立運動は存在するが、県民の間で大きな支持を得るには至っていない。2006年(平成18年)の沖縄県知事選で琉球独立党(現・かりゆしクラブ)の候補は6,000票ほどを獲得したにとどまった。また、2005年度(平成17年度)より毎年実施している世論調査で、2007年(平成19年)に琉球大学法文学部の林泉忠准教授が行った調査によると、独立の是非を問う質問に「独立すべき」と答えたのは20.6%、2005年度(平成17年度)は24.9%となった(詳細は当該項目を参照の事)。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た行政主席

    第二次世界大戦の講和条約で、1951年(昭和26年)に署名された日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)では、アメリカ合衆国の施政権下に置かれるものとされ、1952年(昭和27年)4月28日に発効した。そこでアメリカは、「行政主席」を行政の長とする琉球政府を置き、公選の議員で構成される立法機関「立法院」を設けるなど一定の自治を認めたが、最終的な意思決定権はアメリカが握ったままであった。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見たかりゆしクラブ

    かつて本土復帰運動と同時に、琉球独立運動が存在した。現在でも独立運動は存在するが、県民の間で大きな支持を得るには至っていない。2006年(平成18年)の沖縄県知事選で琉球独立党(現・かりゆしクラブ)の候補は6,000票ほどを獲得したにとどまった。また、2005年度(平成17年度)より毎年実施している世論調査で、2007年(平成19年)に琉球大学法文学部の林泉忠准教授が行った調査によると、独立の是非を問う質問に「独立すべき」と答えたのは20.6%、2005年度(平成17年度)は24.9%となった(詳細は当該項目を参照の事)。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た沖縄県警察

    沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律に基づいて1972年(昭和47年)6月25日に沖縄県議会選挙が行われた。また、他の46都道府県同様に沖縄県庁や沖縄県警のほか、各自衛隊(航空自衛隊・海上自衛隊・陸上自衛隊)なども置かれたが、自衛隊は旧日本軍の後身と見られたことから、また近年においても、県内のマスメディアで自衛隊を恣意的に扱っているなど、差別的な感情があるとする意見もある。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

115件中 61 - 70件表示

「沖縄返還協定」のニューストピックワード