前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • メディサ新薬

    メディサ新薬から見た沢井製薬沢井製薬

    1991年 沢井製薬(株)の100%出資子会社となる。(資本金 1億円)メディサ新薬 フレッシュアイペディアより)

  • 化研生薬

    化研生薬から見た沢井製薬沢井製薬

    2006年(平成18年) sawaiグループ(沢井製薬株式会社)の傘下となる。化研生薬 フレッシュアイペディアより)

  • メガ・ファーマ

    メガ・ファーマから見た沢井製薬沢井製薬

    代表的なメーカーは、沢井製薬、大洋薬品工業、日医工、東和薬品などが挙げられる。メガ・ファーマ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立池田高等学校

    大阪府立池田高等学校から見た沢井製薬沢井製薬

    澤井光郎 - 沢井製薬創業家、代表取締役社長大阪府立池田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シエーリング

    日本シエーリングから見た沢井製薬沢井製薬

    2005年 慶應義塾大学とPET(ポジトロン断層法)画像診断共同事業基本契約締結。沢井製薬に関東工場(千葉県茂原市)を譲渡。富士製薬工業にホルモン注射剤4製剤(デポスタット、プリモジアン・デポー、プリモボラン・デポー、プロギノン・デポー)の輸入・製造・販売権を譲渡・承継日本シエーリング フレッシュアイペディアより)

  • クレスチン

    クレスチンから見た沢井製薬沢井製薬

    「クレスチン」(クレハ=第一三共)のほか、後発医薬品の「アスクレ」(日医工)、「カルボクリン末」(大洋薬品工業(現:テバ製薬))、「クレチール末」(沢井製薬)、「チオレスチン散」(長生堂製薬)なども発売されている。クレスチン フレッシュアイペディアより)

  • 日医工

    日医工から見た沢井製薬沢井製薬

    ジェネリック医薬品(後発医薬品)を主力とし、シェアでは沢井製薬に次いで日本国内2位、売上では、2008年に帝國製薬から後発医薬品子会社のテイコクメディックスを譲受することで、沢井製薬を上回り国内トップとなった。なお、テイコクメディックスを含む3社は後の合併により日医工ファーマとなったが、2012年6月に同社を吸収合併した。日医工 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見た沢井製薬沢井製薬

    沢井製薬が、キョーリン製薬ホールディングスとの経営統合中止を発表。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • カルボプラチン

    カルボプラチンから見た沢井製薬沢井製薬

    商品名は、パラプラチン(ブリストル・マイヤーズ)、後発医薬品として、カルボプラチン(沢井製薬など)、カルボメルク(マイラン製薬など)。カルボプラチン フレッシュアイペディアより)

  • アズレン

    アズレンから見た沢井製薬沢井製薬

    医薬品の中で、含嗽用アズレンと呼ばれる化合物があるが、これは 1-アズレンスルホン酸ナトリウムを指す。スルホン酸塩とすることで水溶性が高められており、抗炎症作用を利用したうがい薬、点眼薬などが市販されている。また、水溶性アズレンとL-グルタミンを配合したものが「マーズレン」(ゼリア新薬工業)、「グリマック」(沢井製薬)の名で消化性潰瘍、胃炎の治療薬として用いられている。アズレン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「沢井製薬」のニューストピックワード