73件中 21 - 30件表示
  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た中日ドラゴンズ

    10月のドラフト会議では、同じ中央大学出身の阿部慎之助・亀井義行の活躍を見て入団を希望し、相思相愛とも言われた読売ジャイアンツから単独1位指名を受け、記者会見では喜びの涙を流した。指名直後の会見で背番号18を希望したが、10月30日に挨拶に訪れた球団代表の清武英利から「沢村さんを1つ超えるという意味で、15を背負ってほしい。18は力で勝ち取ってもらいたい」と話したが、結果的ににFA権を行使して移籍した杉内俊哉に18が与えられた(沢村栄治の背番号14は巨人の永久欠番である)。なお、ドラフト直前にはスポーツ報知やスポーツニッポンなどが中日ドラゴンズとの競合を予想していた。日刊ゲンダイによれば中日は入団拒否のリスクを考えて当日のスカウト会議で澤村指名を見送り大野雄大の単独指名に切り替えたという。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た広島東洋カープ

    キャンプから好調を維持したまま、開幕一軍入りを果たす。4月15日の広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)でプロ初登板・初先発。7回途中まで2失点(自責点0)の好投も中継ぎ陣が打たれて逆転を許し、初勝利はならなかった。4月21日の阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)では7回1失点でプロ初勝利をあげた。5月31日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)ではプロ初の完投勝利を挙げると、6月19日の西武戦(東京ドーム)では7回無失点に抑えて本拠地初勝利を達成(しかし、初勝利のウイニングボールはこの日最後に登板したジョナサン・アルバラデホが客席に投げ入れてしまったため、澤村自身の手元には2011年12月現在まで渡っていない)。序盤から中盤にかけては安定した投球をしても援護に恵まれず負けが先行したが、9月以降は5勝1敗、防御率1.10、WHIP0.64と好投を続け、最終戦で防御率1点台は逃したものの、セ・リーグの新人では江夏豊以来となる200イニング到達を果たした。最終的に5完投を含む11勝11敗、防御率2.03、174奪三振、WHIP0.97と好成績を収め、新人王に選ばれた。澤村の受賞により巨人からはの山口鉄也以来4年連続で新人王を輩出したこととなった。同一球団から4年連続新人王受賞はプロ野球史上初。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た阪神甲子園球場

    キャンプから好調を維持したまま、開幕一軍入りを果たす。4月15日の広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)でプロ初登板・初先発。7回途中まで2失点(自責点0)の好投も中継ぎ陣が打たれて逆転を許し、初勝利はならなかった。4月21日の阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)では7回1失点でプロ初勝利をあげた。5月31日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)ではプロ初の完投勝利を挙げると、6月19日の西武戦(東京ドーム)では7回無失点に抑えて本拠地初勝利を達成(しかし、初勝利のウイニングボールはこの日最後に登板したジョナサン・アルバラデホが客席に投げ入れてしまったため、澤村自身の手元には2011年12月現在まで渡っていない)。序盤から中盤にかけては安定した投球をしても援護に恵まれず負けが先行したが、9月以降は5勝1敗、防御率1.10、WHIP0.64と好投を続け、最終戦で防御率1点台は逃したものの、セ・リーグの新人では江夏豊以来となる200イニング到達を果たした。最終的に5完投を含む11勝11敗、防御率2.03、174奪三振、WHIP0.97と好成績を収め、新人王に選ばれた。澤村の受賞により巨人からはの山口鉄也以来4年連続で新人王を輩出したこととなった。同一球団から4年連続新人王受賞はプロ野球史上初。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た堀内恒夫

    前年に引き続き二桁勝利を達成。巨人で新人から2年連続で二桁勝利を記録したのは1966 - 67年の堀内恒夫(16勝、12勝)以来45年ぶりの快挙である。このシーズンは「相手を制圧するピッチング」を目指し、前シーズンのオフから肉体改造に取り組んだ。シーズン当初は防御率1点台と安定していたものの交流戦を境に調子を崩し、以降は不安定な投球が目立つようになった。最終登板の横浜DeNAベイスターズ戦で5回1失点で勝利投手となりなんとか10勝に到達するも、巨人では1979 - 80年の江川卓(10敗、12敗)以来32年ぶりの新人から2年連続での二桁敗戦を記録、投球内容も前年より数字を落とした。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見たクレイトン・ハミルトン

    初安打・初打点:2011年5月11日、対横浜ベイスターズ5回戦(東京ドーム)、5回裏にクレイトン・ハミルトンから左前適時打澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た金城龍彦

    1イニング4奪三振:2012年4月13日、対横浜DeNAベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、5回裏に石川雄洋・黒羽根利規・小林太志(振り逃げ)・金城龍彦から ※史上14人目(セ・リーグ7人目)澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た高橋善正

    中学から大学時代までの監督は揃って「研究熱心な選手」と評し、本人も小さい頃からピッチングフォームについて考えることが好きだったという。高校時代と比べて大学では周囲の影響を受けて練習に取り組む意識が変わり、1部リーグに上がったことがターニングポイントとなり、人に見てもらえる状況になって自分に良いプレッシャーをかけられたと語っている。中央大野球部監督の高橋善正から「自分のために野球をする」意識を叩き込まれた。これは自分が良いプレーをすればチームの勝ちにつながり双方にとってプラスになるというもので、味方が打てないなら自分が抑えればいいという考えにつながっている。澤村は、高橋との出会いが自分を変えたと語っている。また大学時代に球速が上がった理由として下半身を鍛えたことを挙げ、言われるままするのではなく、自分で考えながら練習することで他人と差をつけられると語っている。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た倉義和

    初奪三振:同上、3回裏に倉義和から空振三振澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見たディオーニ・ソリアーノ

    初打席:2011年4月15日、対広島東洋カープ1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回表にディオーニ・ソリアーノから見逃三振澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見たGReeeeN

    「Green boys」GReeeeN(2011年シーズン途中 - 同年シーズン終了)澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「澤村拓一」のニューストピックワード