73件中 31 - 40件表示
  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た沢村栄治

    10月のドラフト会議では、同じ中央大学出身の阿部慎之助・亀井義行の活躍を見て入団を希望し、相思相愛とも言われた読売ジャイアンツから単独1位指名を受け、記者会見では喜びの涙を流した。指名直後の会見で背番号18を希望したが、10月30日に挨拶に訪れた球団代表の清武英利から「沢村さんを1つ超えるという意味で、15を背負ってほしい。18は力で勝ち取ってもらいたい」と話したが、結果的ににFA権を行使して移籍した杉内俊哉に18が与えられた(沢村栄治の背番号14は巨人の永久欠番である)。なお、ドラフト直前にはスポーツ報知やスポーツニッポンなどが中日ドラゴンズとの競合を予想していた。日刊ゲンダイによれば中日は入団拒否のリスクを考えて当日のスカウト会議で澤村指名を見送り大野雄大の単独指名に切り替えたという。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た東海大学

    栃木県栃木市出身。小学2年時に野球を始め、6年から投手を務める。この頃から自己主張が強かったという。栃木市立東陽中学校でも野球部に所属して県大会に出場。佐野日本大学高等学校時代には140km/hを計時したが制球力が悪いため、主に外野手として起用された。3年の春にエースとなるが、夏には3番手投手となり、登板機会がないまま全国高等学校野球選手権栃木大会決勝で敗れた。1週間後、佐野日大高等学校の先輩で中央大学OBでもある会田有志の勧めもあって中央大学硬式野球部を受験する。東海大学も受験して両校に合格したが、先に合格通知が届いた中央大学(商学部)への進学を決めた。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た日本プロスポーツ大賞

    日本プロスポーツ大賞最高新人賞 (2011年)澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た挙式

    10月17日には、日本テレビアナウンサーの森麻季とシーズン終了後に結婚することを発表した。12月17日、挙式・披露宴を行った。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た全国高等学校野球選手権栃木大会

    栃木県栃木市出身。小学2年時に野球を始め、6年から投手を務める。この頃から自己主張が強かったという。栃木市立東陽中学校でも野球部に所属して県大会に出場。佐野日本大学高等学校時代には140km/hを計時したが制球力が悪いため、主に外野手として起用された。3年の春にエースとなるが、夏には3番手投手となり、登板機会がないまま全国高等学校野球選手権栃木大会決勝で敗れた。1週間後、佐野日大高等学校の先輩で中央大学OBでもある会田有志の勧めもあって中央大学硬式野球部を受験する。東海大学も受験して両校に合格したが、先に合格通知が届いた中央大学(商学部)への進学を決めた。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た中央大学

    栃木県栃木市出身。小学2年時に野球を始め、6年から投手を務める。この頃から自己主張が強かったという。栃木市立東陽中学校でも野球部に所属して県大会に出場。佐野日本大学高等学校時代には140km/hを計時したが制球力が悪いため、主に外野手として起用された。3年の春にエースとなるが、夏には3番手投手となり、登板機会がないまま全国高等学校野球選手権栃木大会決勝で敗れた。1週間後、佐野日大高等学校の先輩で中央大学OBでもある会田有志の勧めもあって中央大学硬式野球部を受験する。東海大学も受験して両校に合格したが、先に合格通知が届いた中央大学(商学部)への進学を決めた。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見たナゴヤドーム

    初完封勝利:2011年10月8日、対中日ドラゴンズ20回戦(ナゴヤドーム)、7奪三振澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見たスポーツニッポン

    10月のドラフト会議では、同じ中央大学出身の阿部慎之助・亀井義行の活躍を見て入団を希望し、相思相愛とも言われた読売ジャイアンツから単独1位指名を受け、記者会見では喜びの涙を流した。指名直後の会見で背番号18を希望したが、10月30日に挨拶に訪れた球団代表の清武英利から「沢村さんを1つ超えるという意味で、15を背負ってほしい。18は力で勝ち取ってもらいたい」と話したが、結果的ににFA権を行使して移籍した杉内俊哉に18が与えられた(沢村栄治の背番号14は巨人の永久欠番である)。なお、ドラフト直前にはスポーツ報知やスポーツニッポンなどが中日ドラゴンズとの競合を予想していた。日刊ゲンダイによれば中日は入団拒否のリスクを考えて当日のスカウト会議で澤村指名を見送り大野雄大の単独指名に切り替えたという。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た横浜スタジアム

    1イニング4奪三振:2012年4月13日、対横浜DeNAベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、5回裏に石川雄洋・黒羽根利規・小林太志(振り逃げ)・金城龍彦から ※史上14人目(セ・リーグ7人目)澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た横浜DeNAベイスターズ

    前年に引き続き二桁勝利を達成。巨人で新人から2年連続で二桁勝利を記録したのは1966 - 67年の堀内恒夫(16勝、12勝)以来45年ぶりの快挙である。このシーズンは「相手を制圧するピッチング」を目指し、前シーズンのオフから肉体改造に取り組んだ。シーズン当初は防御率1点台と安定していたものの交流戦を境に調子を崩し、以降は不安定な投球が目立つようになった。最終登板の横浜DeNAベイスターズ戦で5回1失点で勝利投手となりなんとか10勝に到達するも、巨人では1979 - 80年の江川卓(10敗、12敗)以来32年ぶりの新人から2年連続での二桁敗戦を記録、投球内容も前年より数字を落とした。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「澤村拓一」のニューストピックワード