732件中 11 - 20件表示
  • 萩原健一

    萩原健一から見た沢田研二沢田研二

    萩原 健一(はぎわら けんいち、1950年7月26日 - )は、日本の俳優・歌手。埼玉県北足立郡与野町(現:さいたま市中央区)出身。ニックネームは「ショーケン」。由来はデビュー前の不良仲間、ダイケン、チューケン、ショーケンから。元ザ・テンプターズ、PYGのリード・ボーカル (PYGは沢田研二とのツイン・ボーカル)。血液型はO型。所属事務所はKR株式会社(2016年8月よりオスカープロモーションと業務提携)。萩原健一 フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルから見た沢田研二沢田研二

    彦摩呂 (時の過ぎゆくままに/沢田研二) vs ブラックマヨネーズ(吉田) (マイ・ウェイ/布施明)お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • エキゾティクス

    エキゾティクスから見た沢田研二沢田研二

    沢田研二のバックバンドとして「オールウェイズ」(1980 - 1981)を経て、1981年に結成。リーダー兼バンドマスターは吉田建。結成から1ヵ月余りはバンド名がなく、当時の沢田研二の新曲「渚のラブレター」に肖り、暫定的に「渚のラブレターバンド」と名乗った。沢田研二と活動を共にした後、1984年9月に解散。エキゾティクス フレッシュアイペディアより)

  • 糸井重里

    糸井重里から見た沢田研二沢田研二

    1979年、沢田研二の「TOKIO」の作詞を担当。また、スナック等でちり紙やマッチなどで行う、気の効いた「芸」をまとめた著作『スナック芸大全』を刊行。自身の名義での処女出版となると共に、この年「東京糸井重里事務所」(現:「株式会社ほぼ日」)を設立。この事務所に、当時美大生でスタッフの友人であったみうらじゅんが盛んに出入りするようになり、糸井がみうらを『ガロ』編集部に紹介。みうらの漫画家デビューのきっかけを作った。糸井重里 フレッシュアイペディアより)

  • 翁長裕

    翁長裕から見た沢田研二沢田研二

    沢田研二 『SPLEEN -6月の風にゆれて- 』翁長裕 フレッシュアイペディアより)

  • ロック・パイロット

    ロック・パイロットから見た沢田研二沢田研二

    吉田は、翌1971年(昭和46年)1月25日のレコードデビューの前に脱退、木幡がベースにシフトし、5人のメンバーで、当時ザ・タイガースの沢田研二が作曲したシングル『ひとりぼっちの出発』でデビューした。ロック・パイロット フレッシュアイペディアより)

  • 面影 (しまざき由理の曲)

    面影 (しまざき由理の曲)から見た沢田研二沢田研二

    1976年(昭和51年)に『Gメン'75』が香港のテレビ局・翡翠台で放映され、エンディング曲だった『面影』を、日本語と北京語でポーラ・チョイ(:zh:徐小鳳)が歌ったのが最初である、には杜莉が作詞した北京語版。同楽曲は、チョイが同年発表したアルバム『猛龍特警隊』にも収録され、シングルは、1977年(昭和52年)3月26日に行われた第一回香港金唱片頒獎典礼で「本地金唱片」を受賞、さらに翌1978年(昭和53年)4月8日に行われた第二回香港金唱片頒獎典礼では新設された「本地白金唱片」を受賞を受賞している。同アルバムには沢田研二の『時の過ぎゆくままに』(1975年)を日本語で歌唱した『任意讓時光消逝』も収録されている。面影 (しまざき由理の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 虹のお祭り広場

    虹のお祭り広場から見た沢田研二沢田研二

    沢田研二をはじめとするレギュラー陣がギャグやコントを紹介し、音楽を聞かせていた番組。ホームドラマの形式で行われていたのが特徴で、レギュラーメンバーの藤岡琢也が父親役、沢田とちあきなおみが藤岡の息子役と娘役を務めていた。虹のお祭り広場 フレッシュアイペディアより)

  • 日産ブルーバード

    日産ブルーバードから見た沢田研二沢田研二

    510型を髣髴とさせる直線基調の機能的でクリーンなスタイルなども手伝って、小型車(1600 - 2000ccクラス)で27か月連続新車登録台数第1位を記録するなど、910型は510型以来の大ヒットとなった。広告のイメージキャラクターには沢田研二を起用し「ザ・スーパースター」「ブルーバード、お前の時代だ」のキャッチコピーが使われた、このCMで910型大ヒットの立役者となった沢田は引き続き次作U11前期型(ブルーバード・マキシマも含む)生産終了までイメージキャラクターを務める事となる(後述)、本人が歌うCMソングやナレーションも話題となった。日産ブルーバード フレッシュアイペディアより)

  • アマポーラ

    アマポーラから見た沢田研二沢田研二

    日本人のカバーとしては淡谷のり子が1937年に演奏した記録がある。有名なものでは1984年に沢田研二が、英詞に湯川れい子の日本語詞を添えてシングル盤AMAPOLAとして発表した。他にも、山下達郎、ボニー・ジャックスなど多くの演奏がある。アマポーラ フレッシュアイペディアより)

732件中 11 - 20件表示

「沢田研二」のニューストピックワード