614件中 21 - 30件表示
  • 加瀬邦彦

    加瀬邦彦から見た沢田研二沢田 研二

    所属していたホリプロはそれでも、加瀬を引きとめ給料を支払い続けていたが、「ただで給料をもらうのも申し訳ない」と同年7月に、加山雄三が名付け親となるザ・ワイルドワンズを結成(しかしこのとき、渡辺プロに移籍)。得意の12弦ギター(ヤマハ特注)は、ワンズサウンドの要となる。解散後は、PYG(ピッグ)や井上堯之バンドともかかわりを持ち、作曲家としてだけでなく、沢田研二のプロデューサーとなる(衣装早川タケジ、作詞家糸井重里の起用、パルコCFへの出演推進など功績は多岐にわたる。井上バンド解散後も沢田を支え続けた)。加瀬邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤隆 (シンガーソングライター)

    佐藤隆 (シンガーソングライター)から見た沢田研二沢田 研二

    自身での歌手活動の他に沢田研二、堺正章、ジュディ・オング、谷村新司、中森明菜、吉川晃司、桑島法子などへの楽曲提供、音楽監督として映画「波光きらめく果て」などを手がけている。佐藤隆 (シンガーソングライター) フレッシュアイペディアより)

  • ビッグショー (テレビ番組)

    ビッグショー (テレビ番組)から見た沢田研二沢田 研二

    1974年4月7日に番組開始。森繁久彌、三波春夫、三橋美智也など大物達が続々と登場。また歌手に限らず、後に人間国宝となる柳家小さん・桂米朝などの落語家や、後に国民栄誉賞を受賞する古賀政男、服部良一、吉田正といった作曲家や勝新太郎も出演した。また大御所だけでなく、沢田研二、天地真理、小柳ルミ子や花の中三トリオ・新御三家といった若者に人気のある歌手も出演した。ビッグショー (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 妖怪ハンター

    妖怪ハンターから見た沢田研二沢田 研二

    黒い長髪がトレードマーク。その上でいつも黒いスーツに黒いネクタイという黒尽くめの出で立ちである。容貌はジュリーに似ていると噂されていた事もある。妖怪ハンター フレッシュアイペディアより)

  • アマポーラ

    アマポーラから見た沢田研二沢田 研二

    日本人のカバーとしては淡谷のり子 が1937年に演奏した記録がある。有名なものでは1984年に沢田研二が、英詞に湯川れい子の日本語詞を添えてシングル盤AMAPOLAとして発表した。他にも、山下達郎、ボニー・ジャックスなど多くの演奏がある。アマポーラ フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二が提供した楽曲、カバーされた楽曲

    沢田研二が提供した楽曲、カバーされた楽曲から見た沢田研二沢田 研二

    日本の歌手・沢田研二が作詞、もしくは作曲し、他アーティストに提供した楽曲の一覧。沢田研二が提供した楽曲、カバーされた楽曲 フレッシュアイペディアより)

  • 野田 晋市

    野田晋市から見た沢田研二沢田 研二

    天国を見た男(沢田研二主演/脚本・演出:マキノノゾミ)野田晋市 フレッシュアイペディアより)

  • 紫苑 (バンド)

    紫苑 (バンド)から見た沢田研二沢田 研二

    2004年、沢田研二のヒット曲『ダーリング』のカバーをリリース。カバージャケットに出川哲朗を起用した。『銭形金太郎』(深夜時代)にビンボーさんとして出演する。紫苑 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズ & ガールズ

    ボーイズ & ガールズから見た沢田研二沢田 研二

    デビュー曲「NAI・NAI 16」を含んだ初のアルバムは、本映画のサウンドトラック的な構成。沢田研二等豪華な作家陣が楽曲提供しているのも特徴である。ボーイズ & ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た沢田研二沢田 研二

    沢田研二については、1976年の暴力事件(「いもジュリー」事件)以降、しばしば画題に取り上げている。山藤章二 フレッシュアイペディアより)

614件中 21 - 30件表示