614件中 41 - 50件表示
  • AFTERMATH

    AFTERMATHから見た沢田研二沢田 研二

    AFTERMATH(アフターマス)は日本の歌手、沢田研二のバラード・ベスト・アルバム。1996年12月11日東芝EMI/イーストワールドよりリリース。AFTERMATH フレッシュアイペディアより)

  • Distortion Love

    Distortion Loveから見た沢田研二沢田 研二

    Distortion Love Selection 1989~1996(ディストーション・ラブ ビート・セレクション1980~1996)は日本の歌手、沢田研二のビート系ベスト・アルバム。1997年12月10日東芝EMI/イーストワールドよりリリース。Distortion Love フレッシュアイペディアより)

  • 一ッ星家のウルトラ婆さん

    一ッ星家のウルトラ婆さんから見た沢田研二沢田 研二

    沢田研二作曲によるOPは、映像も含めてインパクトがあった。そのOP映像には「龍に乗ってデンデン太鼓を振るう子供の後ろにウルトラ婆さんが現れ、その立場を奪い取る」という、まんが日本昔ばなしを意識したパロディシーンが存在した。一ッ星家のウルトラ婆さん フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の音楽

    1975年の音楽から見た沢田研二沢田 研二

    43位 沢田研二 :『パーフェクト14』1975年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た沢田研二沢田 研二

    沢田研二はソロ、ザ・タイガースで2つの名義で出場した。同一の回に2度の出場は1960年・第11回の和田弘とマヒナスターズ以来となった。第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 五木ひろし

    五木ひろしから見た沢田研二沢田 研二

    1973年には短い周期で「霧の出船」、「ふるさと」、「夜空」と立て続けに新曲が投入されたが、そのすべての作品をヒットさせるなど1年間を通じて活躍。「霧の出船」は最高位13位、登場週数23週、25万枚に迫る売上げを、「ふるさと」は最高位11位、登場週数43週、40万枚に迫る売上げを、「夜空」は最高位4位、登場週数31週、45万枚に迫る売上げをそれぞれ記録。叙情演歌の「ふるさと」はサビの部分を女性コーラスだけでレコードに吹き込んでいたが、テレビやステージなどでは五木が女性コーラスを従えて歌い、これを改善している。「狼のバラード」はテレビドラマの主題歌として発売になったものであり、テレビ歌謡番組などでは積極的に披露してはいない。ただし、そのB面に収録された「道」は、主力であったポップス演歌の「夜空」と並行してテレビ歌謡番組でも時折披露している。ほぼ毎日放送されていた歌謡番組は大半が生放送であったため、連日各放送局を掛け持ちで出演するなど多忙を極める。その都度、特徴的な人懐っこい“細い目”を司会者などから再三茶化されるが、それを軽妙に切り返して笑いを誘うなど、コミカルな部分をも持ち合わせていた。物真似番組にも数多く出演し、チャンピオンに度々選抜される。テレビに限らず、ラジオ、新聞、雑誌などマスコミ各社からひっぱりだことなるなど人気を博す。「ふるさと」で第4回日本歌謡大賞放送音楽賞を3年連続3回目の受賞、「夜空」で第15回日本レコード大賞を初受賞。大賞を巡っては、沢田研二「危険なふたり」との一騎打ちになり、日本歌謡大賞こそ逃したものの、悲願であった日本レコード大賞を手中に収める。これにより実力派歌手としての地位を確固たるものにする。以後毎年のように頂点をうかがえる位置につけるなど“賞レースの常連”として一目置かれる存在になる。五木ひろし フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た沢田研二沢田 研二

    この頃、同じ渡辺プロダクション所属の二歳先輩である沢田研二との、コント内でのやり取りと息の合ったコンビネーションが絶大な人気を呼ぶ(詳細はを参照)。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 久世光彦

    久世光彦から見た沢田研二沢田 研二

    沢田研二主演、coba音楽による音楽劇を演出し、5作目となる2005年は『センセイの鞄』であった(共演坂井真紀、原作川上弘美)。久世光彦 フレッシュアイペディアより)

  • Dear Friends (岩崎宏美のアルバム)

    Dear Friends (岩崎宏美のアルバム)から見た沢田研二沢田 研二

    作詞: 小谷夏、作曲: 沢田研二、編曲: 西脇辰弥Dear Friends (岩崎宏美のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た沢田研二沢田 研二

    1978年の『第29回NHK紅白歌合戦』では紅組のトリを務めた。ポップス系のトリは、同年白組のトリを務めた沢田研二と共に初めてのことであった。また、10代の歌手が紅白のトリとなったのも百恵が初。その記録は未だに破られていない。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

614件中 41 - 50件表示