614件中 51 - 60件表示
  • 1971年の音楽

    1971年の音楽から見た沢田研二沢田 研二

    ザ・タイガース解散。沢田研二がソロ歌手に転向。1971年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・レディー

    ピンク・レディーから見た沢田研二沢田 研二

    ロックグループ・サザンオールスターズのデビュー曲「勝手にシンドバッド」は、沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」のふたつの曲のもじりである(それ以前に『8時だヨ!全員集合』で志村けんが「勝手にシンドバッド」というギャグを披露している)。両曲とも1977年の大ヒット曲であり、この時期のピンク・レディー人気がいかに巨大な存在だったかを物語っている。「渚のシンドバッド」は歌詞に「セクシー」という言葉が登場するが、これは日本のメジャーな歌謡史上で初めて使用された例だとされている。ピンク・レディー フレッシュアイペディアより)

  • 内田裕也

    内田裕也から見た沢田研二沢田 研二

    参加メンバーは、常連である白竜、シーナ&ザ・ロケッツ、THE NEWSなどに加え、故人となったジョー山中、桑名正博、安岡力也が生前までほぼ毎年参加していた。常連以外では、ビートたけし、原田芳雄、宇崎竜童、沢田研二などが数回出演した他、本木雅弘、RCサクセション、西城秀樹、アナーキー、あぶらだこ、ルースターズ、ザ・ロッカーズ、PANTA、BOØWY、RATS & STAR、スターリン、松田優作、JAGATARA、つんく♂などが過去の参加者として名を連ねている。内田裕也 フレッシュアイペディアより)

  • コロッケ

    コロッケ (タレント)から見た沢田研二沢田 研二

    その他、誰かと誰かを組み合わせた「合体ものまね」(沢田研二と志村けんを組み合わせた「沢田けん」、北島三郎と野口五郎を組み合わせた「北島五郎」、GLAYと岩崎宏美を組み合わせた「岩崎テル」、森進一と武田鉄矢を組み合わせた「森鉄矢」、ちあきなおみと田村正和を組み合わせた「ちあき正和」など)や、観客に「やってほしいものまね」のアンケートを取る「即興ものまね」、5倍速の速さで顔の動きを表現する「早送りバージョン」なども得意としている。コロッケ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 森川美穂

    森川美穂から見た沢田研二沢田 研二

    小学校時代から気が強い性格で、女の子と遊ぶより男の子と活発に遊ぶことを好んだ。一方で、梓みちよ、八神純子、岩崎宏美、大橋純子、沢田研二などの個性的で実力派といわれた歌手に憧れていた。ヘアブラシをマイク代わりにして歌の練習をしていたという。この頃、地域で開催されたのど自慢大会やテレビ番組の子供向けの歌のコンテストに出場し、数々の入賞を果たしている。森川美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ブルーバード

    日産・ブルーバードから見た沢田研二沢田 研二

    510型を髣髴とさせる直線基調の機能的でクリーンなスタイルなども手伝って、小型車(1600 - 2000ccクラス)で連続27ヶ月登録台数1位を記録するなど、910型は510型以来の大ヒットとなった。広告には沢田研二を起用して「ブルーバード、お前の時代だ」のキャッチコピーが使われた。日産・ブルーバード フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺プロダクション

    渡辺プロダクションから見た沢田研二沢田 研二

    いまも斯業では国内有数の規模を誇る同社だが、1960年代から1970年代にかけて「渡辺プロなくしては歌番組やバラエティ番組は作れない」と言われるほどの「一人勝ち」状態を誇っていた。ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ピーナッツ、ザ・ドリフターズ(これら3グループを総称し「渡辺プロ3大タレント」と呼ぶこともあるが、ザ・ドリフターズはナペプロ創成期から在籍していた前者二組の後輩にあたり、さらに1979年に系列事務所「イザワオフィス」に移籍しているため、クレージーキャッツとザ・ピーナッツで2大タレントではないかという声やザ・タイガースやキャンディーズも入れるべきだという評論家の声も根強い)、園まり、沢田研二、布施明、森進一、小柳ルミ子、天地真理、キャンディーズ等の大スターを多数抱え、番組も多数制作した。渡辺プロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 太陽を盗んだ男

    太陽を盗んだ男から見た沢田研二沢田 研二

    中学校の理科教師である城戸誠(沢田研二)は、茨城県東海村の原子力発電所から液体プルトニウムを強奪し、アパートの自室でハンドメイドの原爆を完成させた。そして、金属プルトニウムの欠片を仕込んだダミー原爆を国会議事堂に置き去り、日本政府を脅迫する。誠が交渉相手に名指ししたのは、丸の内警察署捜査一課の山下警部(菅原文太)。かつて誠がクラスごとバスジャック事件に巻き込まれた時、体を張って誠や生徒たちを救出したのが山下だった。誠はアナキズムの匂いのする山下にシンパシーを感じていたのだ。誠の第1の要求は「プロ野球のナイターを試合の最後まで中継させろ」。電話を介しての山下との対決の結果、その夜の巨人対大洋戦は急遽完全中継される。快哉を叫ぶ誠は山下に名乗った。俺は「9番」だ、と(当時、世界の核保有国は8か国、誠が9番目という意味)。太陽を盗んだ男 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤 登紀子

    加藤登紀子から見た沢田研二沢田 研二

    1975年 「黄昏のなかで」: 沢田研二加藤登紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川 晃司

    吉川晃司から見た沢田研二沢田 研二

    バンド活動(EIGHT CITYS FISH BAND/通称:はまちバンド)も平行して行っていたが、佐野元春のコンサートを見て、カルチャーショックを受け音楽一本に絞る。「音楽の世界でビッグスターになる」とその後のサクセスストーリーを考えた吉川は、「まずはスカウトされること」と考えたが、田舎でスカウトされる筈も無く、シビれを切らして渡辺プロダクションに「広島にスゴい奴がいる、見に来ないと一生悔いを残す」などと自ら手紙を書き送りつけた。なお、なぜナベプロかといえば「沢田研二、アン・ルイスなどが当時所属していたのがナベプロで、ここがいいな」と言い(吉川本人の回想)、他のプロダクションは知らなかった。吉川晃司 フレッシュアイペディアより)

614件中 51 - 60件表示