732件中 61 - 70件表示
  • 1971年の音楽

    1971年の音楽から見た沢田研二沢田研二

    ザ・タイガース解散。PYGを経て沢田研二がソロ歌手に転向。1971年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤登紀子

    加藤登紀子から見た沢田研二沢田研二

    1975年 「黄昏のなかで」: 沢田研二加藤登紀子 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た沢田研二沢田研二

    複数の名義で並行して活動している歌手は、原則両方で出場することは出来ず、沢田研二が第40回(1989年)において、ソロ名義とザ・タイガースの双方で出場した事例が永らく唯一であった。しかし、2000年代後半からは同系列の複数のグループ・ユニットをメンバーが掛け持ちし、更にそれぞれヒットする事例が出てきたため(モーニング娘。、AKB48、EXILEなど)、徐々に複数の掛け持ち出場が認められるようになってきた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・レディー

    ピンク・レディーから見た沢田研二沢田研二

    そして、第4弾シングルの「渚のシンドバッド」(1977年6月)は、ピンクレディー初のオリコン調べでのミリオンセラーとなった。この曲によって、ピンクレディーの人気はもはや“社会現象”となり、日本列島に“ピンクレディー旋風”が吹き荒れた。当時はデビューしたばかりのサザンオールスターズがピンクレディーの「渚のシンドバッド」に敬意を表して、同年1977年に大ヒットした沢田研二の「第19回日本レコード大賞」受賞曲「勝手にしやがれ」と「渚のシンドバッド」の曲名を掛け合わせ、自分たちのデビューシングルの曲名を「勝手にシンドバッド」としたほどである。第5弾シングルの「ウォンテッド(指名手配)」(1977年9月)もオリコンで12週連続1位を記録する大ヒットとなり、アメリカで外国人歌手によるカバーソングまで発売された。1977年末、ピンク・レディーは日本レコード大賞において「大衆賞」を受賞した。ピンク・レディー フレッシュアイペディアより)

  • 唐獅子株式会社

    唐獅子株式会社から見た沢田研二沢田研二

    ニッポン放送の番組「沢田研二劇場・夜はいいやつ」内で、1982年3月(全4回)、ニッポン放送の番組「ヤングパラダイス」内で、1983年12月14日に沢田研二・横山やすし・世良公則・藤岡琢也が出演したラジオドラマ『ドラマやでワレ!唐獅子株式会社』が放送された。唐獅子株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

    爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルから見た沢田研二沢田研二

    オーディションで厳選した有名人の顔も声もそっくりなものまねタレントや素人が歌ものまねを披露するコーナー。本戦と同様で、全出場者が'と'に平等に分けられて、紅白2組(放送回によっては3組の場合あり)ずつ披露後に審査を行う。2001年12月25日の放送よりスタートした。行われる頻度は不定期だが、主に年末年始での放送で行われていた。「顔だけそっくりさん大集合」と同様で、コーナーの司会は“紅白マン”こと山口智充が務めていたが、山口が番組降板後は番組の司会者の今田・東野が継いでいる。後に、コーナーが人気で好評であることに伴い、『顔も声もご本人と一緒! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』と題して、このコーナーをメインとした番組として独立して不定期放送されていた。このコーナーにはこれまでに、北島三郎、美空ひばり、美川憲一、森進一、沢田研二、矢沢永吉、小田和正、松田聖子、中森明菜、浜崎あゆみなどのそっくりさんが度々出演して、ものまねを披露している。爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • コロッケ (タレント)

    コロッケ (タレント)から見た沢田研二沢田研二

    その他、誰かと誰かを組み合わせた「合体ものまね」(沢田研二と志村けんを組み合わせた「沢田けん」、北島三郎と野口五郎を組み合わせた「北島五郎」、GLAYと岩崎宏美を組み合わせた「岩崎テル」、森進一と武田鉄矢を組み合わせた「森鉄矢」、ちあきなおみと田村正和を組み合わせた「ちあき正和」など)や、観客に「やってほしいものまね」のアンケートを取る「即興ものまね」、5倍速の速さで顔の動きを表現する「早送りバージョン」なども得意としている。コロッケ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • クイズ・ドレミファドン!

    クイズ・ドレミファドン!から見た沢田研二沢田研二

    高島忠夫(司会)×沢田研二クイズ・ドレミファドン! フレッシュアイペディアより)

  • 七人の刑事

    七人の刑事から見た沢田研二沢田研二

    第1話は脚本に早坂暁、演出に鴨下信一を迎え、ゲストに佐分利信・大門正明・冷泉公裕・大屋政子(特別出演)という豪華な布陣で臨み、さらに三石千尋とマイク・スタントマンチームによる派手なカースタントまで登場させる力の入れようで、その甲斐あって第1話の視聴率は21.8%と健闘した。その後第4話では脚本原案長谷川和彦・ゲスト沢田研二の「悪魔のようなあいつ」コンビで話題を提供するも、視聴率は回を追って下がる一方で、6月には1桁に落ち込んだ。それでも、沢田をはじめ郷ひろみに真田広之、当時東京放送の局アナだった久米宏をゲストで登場させ、さらに矢作俊彦・倉本聰・栗本薫・向田邦子という刑事ものとしては異色の脚本陣を揃えたものの視聴率は回復せず、遂には第43話で「殉職」という形でレギュラーの交代が行われ、翌週の第44話からオープニングをお馴染みのテーマ曲から佐藤允彦作曲のオリジナルに変更するというテコ入れが行われたが、結局10%前後を行き来したまま1979年10月に終了。後番組は「3年B組金八先生」だった。七人の刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た沢田研二沢田研二

    この頃、同じ渡辺プロダクション所属の2歳先輩である沢田研二とのコント内でのやり取り、息の合ったコンビネーションが絶大な人気を呼ぶ(詳細はを参照)。志村けん フレッシュアイペディアより)

732件中 61 - 70件表示

「沢田研二」のニューストピックワード