236件中 91 - 100件表示
  • 沢田研二

    沢田研二から見たジュリー・アンドリュース

    沢田 研二(さわだ けんじ、1948年6月25日 - 両親の実家がある鳥取県鳥取市の生まれで京都府京都市育ち)は、日本の歌手、俳優、作詞・作曲家。本名、澤田 研二。ニックネームはジュリー(由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため)。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。身長171cm。現在は横浜市中区に在住。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たB'z

    B'zの稲葉浩志やDER ZIBETのISSAYをはじめとして、吉井和哉、河村隆一、清春、BUCK-TICKの櫻井敦司、福山雅治、ZIGGYの森重樹一、エレファントカシマシなどが、沢田の曲をカバーしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た藤原義江

    1989年に三代目市川猿之助(現・市川猿翁)演出のスーパーオペラ「海光」の主演スサーノ役、1993年に「漂泊者のアリア」で日本のオペラ歌手藤原義江役を演じ、さらに音楽劇ACTシリーズでは『愛の賛歌』『バラ色の人生』などシャンソンまで歌いこなしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たジョー・コッカー

    「Julie Rock'nTour」などの全国ツアーで、グランド・ファンク・レイルロードやジョー・コッカー、Mitch Ryder & The Detroit Wheelsらをはじめとする数々の洋楽をカバーしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た藤尾茂

    1948年6月25日、京都市左京区の澤田松雄、智恵子夫妻の次男として、両親の実家がある鳥取県岩美郡津ノ井村(現・鳥取市津ノ井)で出生。戸籍上の名前では、“研”という文字の右下に点がある。当時、父親が舞鶴市内の火薬研究所の取引先に勤務しており、二番目の子だったため「研二」と命名された。京都市立第三錦林小学校、同・岡崎中学校卒業後、1964年4月、京都府立鴨沂高等学校入学、後に同校を中退。少年時代はプロ野球選手に憧れ、選手では川上哲治、藤尾茂が好きだった。中学では野球部のキャプテンを務め、ポジションは一塁手。京都市大会で4位になり、京都府大会に進出したが、ここで負けた時ことで野球選手の夢は諦めたという。高校では空手部に所属。中学時代は番長であった。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た天草四郎

    1981年の映画『魔界転生』では天草四郎に扮し、これは企画段階から千葉真一の柳生十兵衛と共にキャスティング決定事項として進められた。クランクイン後は撮影に専念し、ジュリーのイメージを払拭する演技を披露。観客動員数200万人、配給収入10億5千万円となった(詳細は ⇒ 魔界転生)。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たブラインド・フェイス

    ザ・タイガースの解散後、沢田は1971年2月1日、新たなバンド・PYGに参加する。当時、欧米で結成されたブラインド・フェイスやプラスチック・オノ・バンドのようなスーパーバンドを模した形で、ザ・スパイダースから井上堯之と大野克夫、ザ・テンプターズから萩原健一、大口広司、ザ・タイガースから沢田と岸部修三という6人のメンバーによって結成された。このバンドは沢田と萩原によるツインボーカルで、井上、大野、岸部ら作詞や作曲ができる技巧派が揃い、本格的なニューロックを目指した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た大野克夫

    ザ・タイガースの解散後、沢田は1971年2月1日、新たなバンド・PYGに参加する。当時、欧米で結成されたブラインド・フェイスやプラスチック・オノ・バンドのようなスーパーバンドを模した形で、ザ・スパイダースから井上堯之と大野克夫、ザ・テンプターズから萩原健一、大口広司、ザ・タイガースから沢田と岸部修三という6人のメンバーによって結成された。このバンドは沢田と萩原によるツインボーカルで、井上、大野、岸部ら作詞や作曲ができる技巧派が揃い、本格的なニューロックを目指した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た陳慧嫻

    時の過ぎゆくままに 陳慧嫻「讓一切隨風」沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た白井良明

    2008年、還暦を記念した二大ドームコンサート「人間60年・ジュリー祭り」は、加瀬邦彦、岸部一徳、森本太郎という盟友をはじめ、エディ藩、サエキけんぞう、鮫島秀樹、白井良明、ミッキー吉野、八島順一、吉田建など、多くのミュージシャンが客席で見守った。湯浅学やスージー鈴木、安田謙一、町井ハジメら音楽評論家も絶賛した。江國香織は「ジュリーの声は甘く透明なシロップの川」、佐野洋子は「感動した。そして素晴らしく幸せだった」、ねじめ正一は「ゲストもMCも一切なし。スポンサーもなし、メジャー資本もなし。ジュリー祭りはジュリーとお客のためだけのものだ」と記し、ミュージシャンとしての姿勢を評価した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

236件中 91 - 100件表示

「沢田研二」のニューストピックワード