236件中 111 - 120件表示
  • 沢田研二

    沢田研二から見た音楽ユニット

    2010年、長年プロデューサーだった加瀬邦彦とともにザ・ワイルド・ワンズと組んで『ジュリー with ザ・ワイルドワンズ』というユニットを結成。シングル『渚でシャララ』、アルバム『JULIE with THE WILD ONES』を発表し、全国ツアーを行った。第23回ミュージック・ペンクラブ音楽賞コンサートパフォーマンス賞「JULIE with THE WILD ONES LIVE “僕達ほとんどいいんじゃない”」 受賞。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た出雲大社

    1987年1月、伊藤エミに慰謝料18億1,800万円を支払い、離婚。1986年8月から伊藤と別居していた沢田は、1982年の映画『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』で共演した田中裕子と不倫関係にあった。田中とは1989年11月に出雲大社で再婚することとなる。1987年3月に京都公演中のステージから転落し、左肘骨折・肋骨打撲で1ヶ月間入院。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た歌手

    沢田 研二(さわだ けんじ、1948年6月25日 - 両親の実家がある鳥取県鳥取市の生まれで京都府京都市育ち)は、日本の歌手、俳優、作詞・作曲家。本名、澤田 研二。ニックネームはジュリー(由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため)。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。身長171cm。現在は横浜市中区に在住。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た渡辺プロダクション

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名は、ジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。アルバムでは「架空のオペラ」をリリース。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た中央公論新社

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名は、ジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。アルバムでは「架空のオペラ」をリリース。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た東芝EMI

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名は、ジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。アルバムでは「架空のオペラ」をリリース。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た中公文庫

    朴一は著書「僕たちのヒーローはみんな在日だった…芸能・スポーツ界のKパワー」でイニシャルながらも沢田の事を在日韓国・朝鮮人であると決めつけている。なお、沢田の本名の「澤田研二」の“澤”は帰化苗字に使用できない旧字体漢字である。また、沢田の著書「我が名は、ジュリー」(中公文庫)には戸籍謄本のコピーが掲載されており、日本国籍であることが記されており、朴の主張は誤りである。また、沢田が過去に「李花幻(いいかげん)」というペンネームで作詞・作曲していたことも誤解を招くきっかけとなった。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たユニバーサルミュージック (日本)

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名は、ジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。アルバムでは「架空のオペラ」をリリース。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たレコード会社

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名は、ジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。アルバムでは「架空のオペラ」をリリース。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た田辺エージェンシー

    ファニーズは、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」に出演した際に、上条英男、スパイダクション(現・田辺エージェンシー)、そして共演したロック歌手の内田裕也からも声をかけられた。しかし具体的な話が進まなかったため、当時リーダーであった瞳みのるが東京代々木上原の内田裕也宅を訪ね、瞳の熱意の甲斐あってメンバー全員が渡辺プロと契約。上京後、ザ・ヒットパレードのプロデューサーであったすぎやまこういちによって、テレビ番組の出演直前に「ザ・タイガース」と新たに名付けられる)。この時、内田に『沢ノ井謙』と言う芸名を勧められたが、沢田は本名でやりたいと拒否している。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

236件中 111 - 120件表示

「沢田研二」のニューストピックワード