236件中 11 - 20件表示
  • 沢田研二

    沢田研二から見た緒形拳

    1985年に日米合作映画「Mishima: A Life In Four Chapters」(日本未公開)で劇中劇「鏡子の家」に出演、カンヌ映画祭に緒形拳らと共に出席。同作品は最優秀芸術貢献賞を受賞。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た石野真子

    1979年にアイドル歌手の石野真子によって「ジュリーがライバル」という曲がヒット。同年末の『第30回NHK紅白歌合戦』で、石野が初出場時に紅組のトップバッターとして歌唱披露した際、「ジュリー」こと白組の沢田の表情が映る場面があった。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た千葉真一

    1981年の映画『魔界転生』では天草四郎に扮し、これは企画段階から千葉真一の柳生十兵衛と共にキャスティング決定事項として進められた。クランクイン後は撮影に専念し、ジュリーのイメージを払拭する演技を披露。観客動員数200万人、配給収入10億5千万円となった(詳細は ⇒ 魔界転生)。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た張國榮

    愛の逃亡者 The fugitive 張國榮「燒毀我眼睛」沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た瞳みのる

    ファニーズは、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」に出演した際に、上条英男、スパイダクション(現・田辺エージェンシー)、そして共演したロック歌手の内田裕也からも声をかけられた。しかし具体的な話が進まなかったため、当時リーダーであった瞳みのるが東京代々木上原の内田裕也宅を訪ね、瞳の熱意の甲斐あってメンバー全員が渡辺プロと契約。上京後、ザ・ヒットパレードのプロデューサーであったすぎやまこういちによって、テレビ番組の出演直前に「ザ・タイガース」と新たに名付けられる)。この時、内田に『沢ノ井謙』と言う芸名を勧められたが、沢田は本名でやりたいと拒否している。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たエキゾティクス

    井上堯之バンドの解散を受け、新たなバックバンドとして1980年にALWAYS、1981年にEXOTICSを相次いで編成。「渚のラブレター」、「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」、「麗人」、「おまえにチェックイン」、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」というヒット曲は、よりロックテイストに進化していった。「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」は、沢田自身の作曲したシングルとしては最高の36万枚のセールスを記録した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た鍾鎮濤

    時の過ぎゆくままに 鍾鎮濤「讓一切隨風」沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たBUCK-TICK

    B'zの稲葉浩志やDER ZIBETのISSAYをはじめとして、吉井和哉、河村隆一、清春、BUCK-TICKの櫻井敦司、福山雅治、ZIGGYの森重樹一、エレファントカシマシなどが、沢田の曲をカバーしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た佐野洋子

    2008年、還暦を記念した二大ドームコンサート「人間60年・ジュリー祭り」は、加瀬邦彦、岸部一徳、森本太郎という盟友をはじめ、エディ藩、サエキけんぞう、鮫島秀樹、白井良明、ミッキー吉野、八島順一、吉田建など、多くのミュージシャンが客席で見守った。湯浅学やスージー鈴木、安田謙一、町井ハジメら音楽評論家も絶賛した。江國香織は「ジュリーの声は甘く透明なシロップの川」、佐野洋子は「感動した。そして素晴らしく幸せだった」、ねじめ正一は「ゲストもMCも一切なし。スポンサーもなし、メジャー資本もなし。ジュリー祭りはジュリーとお客のためだけのものだ」と記し、ミュージシャンとしての姿勢を評価した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たエレファントカシマシ

    B'zの稲葉浩志やDER ZIBETのISSAYをはじめとして、吉井和哉、河村隆一、清春、BUCK-TICKの櫻井敦司、福山雅治、ZIGGYの森重樹一、エレファントカシマシなどが、沢田の曲をカバーしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

236件中 11 - 20件表示

「沢田研二」のニューストピックワード