234件中 21 - 30件表示
  • 沢田 研二

    沢田研二から見た松本潤

    過去映像を見た若い世代からも「かっこいい」というコメントが寄せられることもある(テレビ番組での生田斗真、松本潤ら)。最近では平井堅が沢田をモチーフにした「お願いジュリー」というアルバム曲を出している。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見た吉田建

    井上バンドの解散を受け、新たなバックバンドとしてベーシスト吉田建を中心に、ALWAYS、EXOTICSを相次いで編成。吉田建は「渚のラブレター」、「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」、「麗人」、「おまえにチェックイン」、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」というオリコン10位以内にチャートインした楽曲はもちろん、80年代後半以降も沢田のアルバム制作に携わり、70年代にトップレベルだった井上バンドのサウンドを、よりロックテイストに進化させていく。1981年発売のシングル「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」は、沢田自身の作曲したシングルとしては最高の36万枚のセールスを記録した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見た久世光彦

    同年8月21日に発売された「時の過ぎゆくままに」は5週連続オリコン1位で92万枚の売り上げを記録、沢田にとって最大のヒット曲となった。同曲は、沢田との仕事を熱望していた久世光彦が渡辺プロダクションに企画書を持ち込み、同じく作詞の提供を望んでいた阿久悠が協力。時効を間近に控えていた3億円事件をテーマにしたTBSドラマ「悪魔のようなあいつ」は、今でいうボーイズラブ (BL) の要素をふくみ、犯人役のクラブ歌手の沢田がけだるく退廃的に歌った。なお、共演した岸部修三はこのドラマの放映開始から間もなく井上堯之バンドを脱退、岸部一徳と改名し俳優の道を進んだ。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見たBUCK-TICK

    ザ・タイガースやPYG、ソロ時代を通して多くのヒット曲を持つことから、B'zの稲葉浩志やDER ZIBETのISSAYをはじめとして、河村隆一、清春、BUCK-TICKの櫻井敦司、福山雅治、ZIGGYの森重樹一ら、楽曲をカバーする歌手は後をたたない。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見た佐野洋子

    2008年、60歳の還暦を記念して、初の二大ドームコンサート「沢田研二 還暦記念コンサート 人間60年 ジュリー祭り」を開催し、東京ドーム、京セラドーム両日で5万4,000人を集めた。1000人のコーラス隊を従え、約6時間半でフルコーラス80曲を歌いきるというギネスレベルのステージを、加瀬邦彦、岸部一徳、森本太郎という盟友をはじめ、エディ藩、「いくつかの場面」を提供した河島英五の子息、サエキけんぞう、鮫島秀樹、白井良明、ミッキー吉野、八島順一、吉田建など、多くのミュージシャンが客席で見守った。観戦した湯浅学やスージー鈴木、安田謙一、町井ハジメら音楽評論家も絶賛。江國香織は「ジュリーの声は甘く透明なシロップの川」、佐野洋子は「感動した。そして素晴らしく幸せだった」、ねじめ正一は「ゲストもMCも一切なし。スポンサーもなし、メジャー資本もなし。ジュリー祭りはジュリーとお客のためだけのものだ」と記し、ミュージシャンとしての姿勢を評価した。このライブは、第21回ミュージック・ペンクラブ音楽賞のコンサート・パフォーマンス賞を受賞。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見た長谷川和彦

    俳優としては、1979年に公開された映画「太陽を盗んだ男」(長谷川和彦監督)で原子爆弾を作る理科教師を演じ、第4回報知映画祭でグランプリにあたる作品賞と主演男優賞を受賞、キネマ旬報読者選定邦画ベストテン第1位に選ばれた。日本アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされる。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見た井上陽水

    楽曲提供者は、大野克夫、加瀬邦彦、阿久悠、安井かずみ、吉田建、覚和歌子、井上陽水のほか、八島順一、佐野元春、大沢誉志幸、DER ZIBETの吉田光、サエキけんぞう、朝本浩文、大村憲司、NOBODY、すぎやまこういち、西平彰、マルコシアス・バンプの秋間経夫、松任谷由実、忌野清志郎、佐藤隆、かまやつひろし、伊集院静、頭脳警察のPANTA、佐橋佳幸、吉田Q(順不同)など、シンガーソングライター、ロックミュージシャン、詩人、作家の垣根を越えて幅広い。その上、沢田の俳優としての資質が加わり、「漂泊者のアリア」で日本のオペラ歌手藤原義江役や、オペラ・歌舞伎・タカラヅカ出身者が入り混じった三代目市川猿之助(現・市川猿翁)演出のスーパーオペラ「海光」の主演スサーノ役、さらに音楽劇ACTシリーズで『愛の賛歌』『 バラ色の人生』というシャンソンまで歌いこなしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見た河村隆一河村 隆一

    ザ・タイガースやPYG、ソロ時代を通して多くのヒット曲を持つことから、B'zの稲葉浩志やDER ZIBETのISSAYをはじめとして、河村隆一、清春、BUCK-TICKの櫻井敦司、福山雅治、ZIGGYの森重樹一ら、楽曲をカバーする歌手は後をたたない。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見たローリングストーンズ

    GS時代、ビートルズやローリングストーンズなどの洋楽のカバーからスタートした沢田にとって、当時最先端の洋楽のミュージックシーンやサウンドを取り入れることはごく当たり前のことだった。1974年、日比谷野外音楽堂ライブでインディアンのようなチークをしたり、1975年の比叡山ライブでブルーのラメ入りのアイシャドウをするなど、化粧は早くからステージで行っていた。プロデューサーである加瀬邦彦は「もっと色っぽく、いやらしく歌って」「もっと過激にいこうよ」と進言していたが、お茶の間に流れる一般のテレビ番組ではまだ控えていた。しかしマスコミによって「暴行事件」と大きく報じられたことを契機に、沢田はこれまでの意識を変える。謹慎中はテレビの音楽番組を詳細に研究し、「身を削って恥をかき、バカなことをしても怖くない。見て面白いことをしよう」と、「さよならをいう気もない」以降、ヴィジュアルを重視したバンドスタイルをエスカレートさせていく。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田 研二

    沢田研二から見た玉村豊男

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名はジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。ペンネームの「李花幻」は「いいかげん」をもじった遊び心から。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

234件中 21 - 30件表示