236件中 31 - 40件表示
  • 沢田研二

    沢田研二から見た江國香織

    2008年、還暦を記念した二大ドームコンサート「人間60年・ジュリー祭り」は、加瀬邦彦、岸部一徳、森本太郎という盟友をはじめ、エディ藩、サエキけんぞう、鮫島秀樹、白井良明、ミッキー吉野、八島順一、吉田建など、多くのミュージシャンが客席で見守った。湯浅学やスージー鈴木、安田謙一、町井ハジメら音楽評論家も絶賛した。江國香織は「ジュリーの声は甘く透明なシロップの川」、佐野洋子は「感動した。そして素晴らしく幸せだった」、ねじめ正一は「ゲストもMCも一切なし。スポンサーもなし、メジャー資本もなし。ジュリー祭りはジュリーとお客のためだけのものだ」と記し、ミュージシャンとしての姿勢を評価した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た美空ひばり

    2000年11月、雑誌『日経エンタテインメント!』「J-POP巨人列伝-20世紀を駆け抜けた10人」第2位 沢田研二(第1位美空ひばり)。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た稲葉浩志

    B'zの稲葉浩志やDER ZIBETのISSAYをはじめとして、吉井和哉、河村隆一、清春、BUCK-TICKの櫻井敦司、福山雅治、ZIGGYの森重樹一、エレファントカシマシなどが、沢田の曲をカバーしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た井上堯之

    ザ・タイガースの解散後、沢田は1971年2月1日、新たなバンド・PYGに参加する。当時、欧米で結成されたブラインド・フェイスやプラスチック・オノ・バンドのようなスーパーバンドを模した形で、ザ・スパイダースから井上堯之と大野克夫、ザ・テンプターズから萩原健一、大口広司、ザ・タイガースから沢田と岸部修三という6人のメンバーによって結成された。このバンドは沢田と萩原によるツインボーカルで、井上、大野、岸部ら作詞や作曲ができる技巧派が揃い、本格的なニューロックを目指した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たすぎやまこういち

    ファニーズは、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」に出演した際に、上条英男、スパイダクション(現・田辺エージェンシー)、そして共演したロック歌手の内田裕也からも声をかけられた。しかし具体的な話が進まなかったため、当時リーダーであった瞳みのるが東京代々木上原の内田裕也宅を訪ね、瞳の熱意の甲斐あってメンバー全員が渡辺プロと契約。上京後、ザ・ヒットパレードのプロデューサーであったすぎやまこういちによって、テレビ番組の出演直前に「ザ・タイガース」と新たに名付けられる)。この時、内田に『沢ノ井謙』と言う芸名を勧められたが、沢田は本名でやりたいと拒否している。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たミッキー吉野

    2008年、還暦を記念した二大ドームコンサート「人間60年・ジュリー祭り」は、加瀬邦彦、岸部一徳、森本太郎という盟友をはじめ、エディ藩、サエキけんぞう、鮫島秀樹、白井良明、ミッキー吉野、八島順一、吉田建など、多くのミュージシャンが客席で見守った。湯浅学やスージー鈴木、安田謙一、町井ハジメら音楽評論家も絶賛した。江國香織は「ジュリーの声は甘く透明なシロップの川」、佐野洋子は「感動した。そして素晴らしく幸せだった」、ねじめ正一は「ゲストもMCも一切なし。スポンサーもなし、メジャー資本もなし。ジュリー祭りはジュリーとお客のためだけのものだ」と記し、ミュージシャンとしての姿勢を評価した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た清春

    B'zの稲葉浩志やDER ZIBETのISSAYをはじめとして、吉井和哉、河村隆一、清春、BUCK-TICKの櫻井敦司、福山雅治、ZIGGYの森重樹一、エレファントカシマシなどが、沢田の曲をカバーしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た田中裕子

    沢田 研二(さわだ けんじ、1948年6月25日 - 両親の実家がある鳥取県鳥取市の生まれで京都府京都市育ち)は、日本の歌手、俳優、作詞・作曲家。本名、澤田 研二。ニックネームはジュリー(由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため)。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。身長171cm。現在は横浜市中区に在住。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た日産自動車

    CMにも多数出演し、中でも、1979年11月に発売された日産自動車のブルーバード910型のCMに出演し、「ブルーバード お前の時代だ」のキャッチフレーズで、同車が小型車(1600 - 2000ccクラス)で連続27ヶ月登録台数1位を記録し大ヒットに貢献した。1983年10月に新型となったU11型のCMにおいても「ブルーバード、お前はスーパージェネレーション」のキャッチフレーズで引き続き出演し前期型生産終了をもって降板した、1979年11月から1985年8月までの約6年の長い期間にわたって日産自動車のブルーバードのCMに出演、自らCMソングも歌った、この他本人がナレーションをしているバージョンも放送された。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たフジテレビジョン

    遠藤雄弥 - 「ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜」(2006年フジテレビ沢田研二 フレッシュアイペディアより)

236件中 31 - 40件表示

「沢田研二」のニューストピックワード