236件中 81 - 90件表示
  • 沢田研二

    沢田研二から見たグランド・ファンク・レイルロード

    「Julie Rock'nTour」などの全国ツアーで、グランド・ファンク・レイルロードやジョー・コッカー、Mitch Ryder & The Detroit Wheelsらをはじめとする数々の洋楽をカバーしている。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た徐小明

    勝手にしやがれ 徐小明「今天萬里飛」沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たチト河内

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名は、ジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。アルバムでは「架空のオペラ」をリリース。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たプラスチック・オノ・バンド

    ザ・タイガースの解散後、沢田は1971年2月1日、新たなバンド・PYGに参加する。当時、欧米で結成されたブラインド・フェイスやプラスチック・オノ・バンドのようなスーパーバンドを模した形で、ザ・スパイダースから井上堯之と大野克夫、ザ・テンプターズから萩原健一、大口広司、ザ・タイガースから沢田と岸部修三という6人のメンバーによって結成された。このバンドは沢田と萩原によるツインボーカルで、井上、大野、岸部ら作詞や作曲ができる技巧派が揃い、本格的なニューロックを目指した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た李龍基

    お嬢さんお手上げだ 李龍基「爲了理想」沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た朴一

    朴一は著書「僕たちのヒーローはみんな在日だった…芸能・スポーツ界のKパワー」でイニシャルながらも沢田の事を在日韓国・朝鮮人であると決めつけている。なお、沢田の本名の「澤田研二」の“澤”は帰化苗字に使用できない旧字体漢字である。また、沢田の著書「我が名は、ジュリー」(中公文庫)には戸籍謄本のコピーが掲載されており、日本国籍であることが記されており、朴の主張は誤りである。また、沢田が過去に「李花幻(いいかげん)」というペンネームで作詞・作曲していたことも誤解を招くきっかけとなった。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たねじめ正一

    2008年、還暦を記念した二大ドームコンサート「人間60年・ジュリー祭り」は、加瀬邦彦、岸部一徳、森本太郎という盟友をはじめ、エディ藩、サエキけんぞう、鮫島秀樹、白井良明、ミッキー吉野、八島順一、吉田建など、多くのミュージシャンが客席で見守った。湯浅学やスージー鈴木、安田謙一、町井ハジメら音楽評論家も絶賛した。江國香織は「ジュリーの声は甘く透明なシロップの川」、佐野洋子は「感動した。そして素晴らしく幸せだった」、ねじめ正一は「ゲストもMCも一切なし。スポンサーもなし、メジャー資本もなし。ジュリー祭りはジュリーとお客のためだけのものだ」と記し、ミュージシャンとしての姿勢を評価した。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たザ・ワイルド・ワンズ

    2010年、長年プロデューサーだった加瀬邦彦とともにザ・ワイルド・ワンズと組んで『ジュリー with ザ・ワイルドワンズ』というユニットを結成。シングル『渚でシャララ』、アルバム『JULIE with THE WILD ONES』を発表し、全国ツアーを行った。第23回ミュージック・ペンクラブ音楽賞コンサートパフォーマンス賞「JULIE with THE WILD ONES LIVE “僕達ほとんどいいんじゃない”」 受賞。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見た杜麗莎

    Itsumi  杜麗莎「帶笑話別」沢田研二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田研二

    沢田研二から見たCO-CoLO

    1985年1月からの半年間の休養を経て、沢田はデビュー以来所属してきた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の"株式会社ココロ"を設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍した。同年6月に自叙伝『我が名は、ジュリー』(玉村豊男編 / 中央公論社)を刊行。8月発売の移籍第1弾の作品は、沢田自身が作詞・作曲したシングル「灰とダイヤモンド」。新たなバックバンドとしてチト河内を中心にCO-CoLOを結成。アルバムでは「架空のオペラ」をリリース。沢田研二 フレッシュアイペディアより)

236件中 81 - 90件表示

「沢田研二」のニューストピックワード