41件中 31 - 40件表示
  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た河原純一河原純一

    2011年7月24日に海外FA権を取得したが、行使しないことを表明した。7月31日の対中日戦(マツダ)では、延長11回に代打として出場し、河原純一からプロ入り初のサヨナラ安打を放った。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た河原純一河原純一

    2017年に河原純一が愛媛の監督に就任し、選手兼任の代行監督を除くと、初めてリーグに選手として在籍歴のある監督となった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 平井正史

    平井正史から見た河原純一河原純一

    は、前年同様不振で河原純一が積極起用されたことや浅尾拓也が中継ぎに回ったこともあり、25試合の登板に終わった。平井正史 フレッシュアイペディアより)

  • 武田久

    武田久から見た河原純一河原純一

    卒業後は駒澤大学に進学。東都大学野球リーグでは1年生の春季リーグから登板し、同年秋季リーグでは優勝を経験。防御率1位となり最高殊勲選手に選ばれた。同年の明治神宮野球大会では準決勝に進むが、近大に延長16回敗退。しかしその後はチームが低迷し、リーグ優勝には届かなかった。リーグ通算63試合に登板し、駒澤大学の投手通算勝利数としては、新井富夫(日本通運の先輩にもあたる)の30勝、橋本時男の26勝に次ぎ、河原純一の23勝と並ぶ3位タイの23勝18敗、防御率2.27、232奪三振。武田久 フレッシュアイペディアより)

  • 村田修一

    村田修一から見た河原純一河原純一

    初三振:同上、9回表に河原純一の前に空振り三振村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見た河原純一河原純一

    からの3年間は全ての登板数が25試合だった。だがロッテ時代のような投球を見せれず安定感を欠いた。特には抑えの河原純一が救援失敗を繰り返したのを皮切りに中継ぎ陣が崩壊し、自身も防御率7.00と大きく低迷してしまった。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年

    1973年から見た河原純一河原純一

    1月22日 - 河原純一、プロ野球選手1973年 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た河原純一河原純一

    近鉄の阿波野秀幸を香田勲男との交換トレードで獲得。広島の川口和久、ヤクルトの広沢克己をFAで獲得。また同じヤクルトを自由契約となったジャック・ハウエル、ミネソタ・ツインズのシェーン・マックを獲得し30億円補強と呼ばれものの、阿波野は未勝利、川口は負けが先行でローテーションを守れず、広澤はチャンスで打てずまた6年ぶりの本格的な外野守備、また初の左翼手へのコンバートが慣れず守備でも足を引っ張ってしまった。斎藤は18勝で最多勝・槙原は11勝をあげローテーションを守ったが前年MVPの桑田が序盤戦でプレイ中に大怪我をしてしまい、翌シーズンも全休してしまった。抑え投手も木田・石毛が連日痛打を浴びて敗戦。投打に渡り歯車が噛み合わず優勝争いからどんどん後退していたが、新人の河原純一、高村良嘉や若手の西山一宇、後藤孝志、杉山直輝、吉岡佑弐など二軍からはい上がった生え抜きを使い出してからチームの歯車がかみ合い連勝を重ね最終的には貯金14個作ったが、優勝したヤクルトにはことごとく負けてしまい、結局優勝争いに加わることができず、優勝したヤクルトと10ゲーム差のシーズン3位で終わった。また、同年の最終戦で原が現役を引退した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た河原純一河原純一

    2002年は、引退も考えていた桑田真澄の先発復帰、故障で一軍から離脱していた河原純一の抑え転向、清水隆行の1番起用など大胆な選手起用を行い、就任1年目にしてリーグ優勝に導いた。日本シリーズでは西武ライオンズ相手に球団史上初でシリーズとして1990年の西武以来12年ぶりとなる無傷のストレート4連勝で、「監督初年度での日本一」を達成した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • 本間満

    本間満から見た河原純一河原純一

    甲子園では結果を残せなかったが、付属校推薦で入学した駒澤大では春休みの練習から長打を連発し、甲子園で3本塁打の高木浩之(享栄-西武)らを飛び越して1軍のレギュラーに大抜擢された。期待に応え順調に育ち、鉄壁の遊撃手として高木浩之と三遊間を組んだ。4年次には高木と共に全日本代表に選出された。同期のエース河原純一らと駒澤大学の全日本アマチュア野球王座決定戦制覇に貢献。東都大学リーグ通算81試合出場、243打数58安打、打率.239、1本塁打、24打点。ベストナイン1回受賞。本間満 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「河原純一」のニューストピックワード