前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 河原純一

    河原純一から見た桑田真澄

    6月3日の対広島東洋カープ9回戦(東京ドーム)でプロ初登板・初先発。しかし野村謙二郎に初回先頭打者本塁打を浴びるなど、プロの洗礼を浴びた。この年は右肘側副靱帯断裂で離脱した桑田真澄をカバーする形で先発陣に入って新人ながら8勝、そのうち対阪神タイガース戦で3試合連続完封を含む6勝をあげる。その後は一軍で活躍できない時期が続き、には登板過多から肘を手術し、翌年までリハビリが続く事となる。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た原辰徳

    から原辰徳が監督に就任すると抑え投手に抜擢され、7月は9試合に登板して1勝7セーブ・防御率0.00を記録するなど、28セーブを記録。巨人のリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。オールスターゲームにファン投票で選出され、日本シリーズ第4戦では胴上げ投手になった。しかし、当時の投球フォームが2段モーション(現在は禁止)だったためか、走者を出したときの投球法が極端に安定しない弱点が見え隠れしており、翌年以降は救援失敗を繰り返す。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た野村謙二郎

    6月3日の対広島東洋カープ9回戦(東京ドーム)でプロ初登板・初先発。しかし野村謙二郎に初回先頭打者本塁打を浴びるなど、プロの洗礼を浴びた。この年は右肘側副靱帯断裂で離脱した桑田真澄をカバーする形で先発陣に入って新人ながら8勝、そのうち対阪神タイガース戦で3試合連続完封を含む6勝をあげる。その後は一軍で活躍できない時期が続き、には登板過多から肘を手術し、翌年までリハビリが続く事となる。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た落合博満

    は調整の遅れなどから7月に一軍入りを果たし、落合博満が「アイツ(河原)をずっと待っていたんだ」とコメントするなど期待されたが怪我で再降格。終盤に再昇格するがレギュラーシーズンは4試合の登板にとどまった。ポストシーズン(巨人とのクライマックスシリーズ、ロッテとの日本シリーズ)ではレギュラーシーズンを上回る計5試合に登板した。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た川村丈夫

    神奈川県立川崎北高等学校3年時に出場した神奈川県大会準々決勝(対神奈川県立厚木高等学校戦)で、後に横浜へ入団する川村丈夫と延長16回の投手戦の末に投げ勝っている。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た広島東洋カープ

    6月3日の対広島東洋カープ9回戦(東京ドーム)でプロ初登板・初先発。しかし野村謙二郎に初回先頭打者本塁打を浴びるなど、プロの洗礼を浴びた。この年は右肘側副靱帯断裂で離脱した桑田真澄をカバーする形で先発陣に入って新人ながら8勝、そのうち対阪神タイガース戦で3試合連続完封を含む6勝をあげる。その後は一軍で活躍できない時期が続き、には登板過多から肘を手術し、翌年までリハビリが続く事となる。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た愛媛マンダリンパイレーツ

    河原 純一(かわはら じゅんいち、1973年1月22日 - )は、愛媛マンダリンパイレーツに所属するプロ野球選手(投手)。神奈川県川崎市中原区出身。プロでの先発勝利通算19勝のうち6勝が完封勝利であり、2000年には「ミスター完封」と称されたこともある。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た阪神タイガース

    6月3日の対広島東洋カープ9回戦(東京ドーム)でプロ初登板・初先発。しかし野村謙二郎に初回先頭打者本塁打を浴びるなど、プロの洗礼を浴びた。この年は右肘側副靱帯断裂で離脱した桑田真澄をカバーする形で先発陣に入って新人ながら8勝、そのうち対阪神タイガース戦で3試合連続完封を含む6勝をあげる。その後は一軍で活躍できない時期が続き、には登板過多から肘を手術し、翌年までリハビリが続く事となる。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た読売ジャイアンツ

    1994年のプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツから1位指名(逆指名)を受け入団。福岡ダイエーホークスとの大争奪戦の末、交渉権を獲得しての入団だった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た12球団合同トライアウト

    は手術の影響により一軍登板はなかった。は2度先発登板したものの0勝2敗、防御率12.19と不振で、オフに球団から戦力外通告を受けた。その後、同年11月17日に12球団合同トライアウトへ参加するも獲得球団は現れず、12月に浪人を決意。駒澤大学で翌年のトライアウトに向けてトレーニングを行ない、この間に膝の故障を完治させている。10月1日、森繁和と連絡をとって中日ドラゴンズの入団テストを受験し合格。1年ぶりの現役復帰を果たした。河原純一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「河原純一」のニューストピックワード