52件中 21 - 30件表示
  • 河原純一

    河原純一から見た駒澤大学

    卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満、東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た日米大学野球選手権大会

    卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満、東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た埼玉西武ライオンズ

    3月27日に、後藤光貴との交換トレードで西武ライオンズへ移籍。同年4月9日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ドーム)で移籍後初先発初勝利を挙げると、6月11日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で勝利投手となった。同年は好投しても援護に恵まれないケースが多く、後半に自身も調子を崩して大きく負け越したが、先発ローテーションの一角としてチームに貢献した。シーズン終了直前の対福岡ソフトバンクホークス戦で右膝靭帯を損傷し、オフに手術を受ける。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た東京ヤクルトスワローズ

    プロ野球珍プレー・好プレー大賞の2011年度大賞を受賞した。この時は谷繁元信が番組にゲスト出演しており、谷繁の指示を無視して三塁へ送球するも無人だったため、悪送球・サヨナラ負けになった内容(2011年4月20日、対東京ヤクルトスワローズ戦)に対し、谷繁から「あいつのせいで日本シリーズを落とした」とも取れる内容で激しい批判をされた(ただし現場に河原本人はいなかった)。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た中日ドラゴンズ

    は手術の影響により一軍登板はなかった。は2度先発登板したものの0勝2敗、防御率12.19と不振で、オフに球団から戦力外通告を受けた。その後、同年11月17日に12球団合同トライアウトへ参加するも獲得球団は現れず、12月に浪人を決意。駒澤大学で翌年のトライアウトに向けてトレーニングを行ない、この間に膝の故障を完治させている。10月1日、森繁和と連絡をとって中日ドラゴンズの入団テストを受験し合格。1年ぶりの現役復帰を果たした。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た戦力外通告

    は手術の影響により一軍登板はなかった。は2度先発登板したものの0勝2敗、防御率12.19と不振で、オフに球団から戦力外通告を受けた。その後、同年11月17日に12球団合同トライアウトへ参加するも獲得球団は現れず、12月に浪人を決意。駒澤大学で翌年のトライアウトに向けてトレーニングを行ない、この間に膝の故障を完治させている。10月1日、森繁和と連絡をとって中日ドラゴンズの入団テストを受験し合格。1年ぶりの現役復帰を果たした。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た東都大学野球連盟

    卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満、東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た全日本大学野球選手権大会

    卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満、東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た横浜スタジアム

    初セーブ:1997年6月11日、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、9回裏無死に2番手として救援登板・完了、1回無失点河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た東京ドーム

    6月3日の対広島東洋カープ9回戦(東京ドーム)でプロ初登板・初先発。しかし野村謙二郎に初回先頭打者本塁打を浴びるなど、プロの洗礼を浴びた。この年は右肘側副靱帯断裂で離脱した桑田真澄をカバーする形で先発陣に入って新人ながら8勝、そのうち対阪神タイガース戦で3試合連続完封を含む6勝をあげる。その後は一軍で活躍できない時期が続き、には登板過多から肘を手術し、翌年までリハビリが続く事となる。河原純一 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「河原純一」のニューストピックワード