60件中 31 - 40件表示
  • 河原純一

    河原純一から見た戦力外通告

    は2度先発登板したものの0勝2敗、防御率12.19と不振で、オフに球団から戦力外通告を受けた。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た東都大学野球連盟

    卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満、東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た全日本大学野球選手権大会

    卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満、東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見たNHK松山放送局

    2015年のシーズン中に愛媛球団主催の小中学生向け「投力向上プロジェクト」でメイン講師を務めた縁で、愛媛球団の薬師神績から「愛媛県内の野球の底辺拡大に手を貸して欲しい」と打診された。1月に、星企画株式会社(薬師神が経営する地元の広告会社)へ入社。「More Baseball Project プロジェクトリーダー」という肩書で、県内の小中学生が怪我をせずに野球を続けられるような取り組みや、協賛企業の募集を始めたと報じられた。同年5月には、愛媛と巨人3軍の定期交流戦をNHK松山放送局でテレビ中継した際に解説者として出演した。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た横浜スタジアム

    初セーブ:1997年6月11日、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、9回裏無死に2番手として救援登板・完了、1回無失点河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た東京ドーム

    6月3日の広島東洋カープ9回戦(東京ドーム)でのプロ初登板・初先発に際しては、野村謙二郎に初回先頭打者本塁打を浴びるなどした。この年は右肘側副靱帯断裂で離脱した桑田真澄をカバーする形で先発陣に入って新人ながら8勝、そのうち阪神タイガース戦で3試合連続完封を含む6勝を挙げた。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た横浜DeNAベイスターズ

    は主に中継ぎで登板し6月5日の中日ドラゴンズ戦で616日ぶりに勝利し、11日の横浜ベイスターズ戦ではプロ初セーブを挙げた。最終成績は25試合で2勝1敗1セーブ・防御率2.60だった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た2002年の日本シリーズ

    から原辰徳が監督に就任すると抑え投手に抜擢される。開幕4試合目の中日戦に初セーブを記録し原監督の初勝利に貢献。以降、5月29日のヤクルト戦でアレックス・ラミレスにサヨナラホームランを打たれ初めて救援に失敗するまで抜群の安定感を見せた。7月は9試合に登板して1勝7セーブ・防御率0.00を記録し、オールスターゲームにファン投票で選出された。一方当時の投球フォームが2段モーション(後に禁止となった)だったためか、走者を出した時の投球が極端に安定しない弱点が見え隠れしており、秋頃から安定感を欠くようになり、チームがマジック1で迎えた9月24日の阪神戦では9回に浜中おさむに同点ホームランを打たれ勝ちをフイにしてしまった(マジック対象のヤクルトが負けた為に試合途中にリーグ優勝は決まっていた)。それでも49試合に登板し、5勝3敗28セーブ・防御率2.70を記録。巨人のリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。日本シリーズにも初登板を果たし第4戦では胴上げ投手になった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    は調整の遅れなどから7月に一軍入りを果たし、落合博満監督が「アイツ(河原)をずっと待っていたんだ」とコメントするなど期待されたが怪我で再降格。終盤に再昇格するがレギュラーシーズンは4試合の登板にとどまった。ポストシーズン(巨人とのクライマックスシリーズ、ロッテとの日本シリーズ)ではレギュラーシーズンを上回る計5試合に登板した。日本シリーズ第7戦では打ちこまれるなど期待に応えられず、チームも延長戦で勝ち越され日本一を逃した。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た神奈川県立川崎北高等学校

    神奈川県立川崎北高等学校3年時に出場した神奈川県大会準々決勝(対神奈川県立厚木高等学校戦)で、後に横浜へ入団する川村丈夫と延長16回の投手戦の末に投げ勝っている。河原純一 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「河原純一」のニューストピックワード