前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 群馬交響楽団

    群馬交響楽団から見た沼尻竜典沼尻竜典

    首席指揮者兼芸術アドバイザー: 沼尻竜典(2013年3月まで)群馬交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 新星日本交響楽団

    新星日本交響楽団から見た沼尻竜典沼尻竜典

    1981年にエネルギッシュな指揮で知られた山田一雄が名誉指揮者に就任してからはヤマカズ・ファンも取り込み、オーケストラとしてさらに発展を遂げている。首席指揮者には、オンドレイ・レナルトが就任していた。レナルトが指揮するマーラーは人気があり、交響曲第3番はNHKでも放送された。正指揮者には沼尻竜典、指揮者に現田茂夫、首席客演指揮者(のちに日本のオーケストラで初めてのフランス人音楽監督となる)パスカル・ヴェロを擁していた。また、創立当初から積極的に市民の中へ入っていく活動をしており、ファミリーコンサートやハネケンことピアニスト羽田健太郎と組んだ新星ポップス・オーケストラの活動もあり、ハネケン&新星ポップスはCD化もされ、日本のポップス・オーケストラの先駆けであった。新星日本交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋フィルハーモニー交響楽団

    名古屋フィルハーモニー交響楽団から見た沼尻竜典沼尻竜典

    沼尻竜典(常任指揮者 2003年?06年)名古屋フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲

    ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲から見た沼尻竜典沼尻竜典

    吹奏楽曲とはいえ、現在の一般的な吹奏楽編成とはやや異なる。現在の一般的な編成に合わせた編曲譜(作曲者以外の編曲者による、例えばエリック・ライゼン編曲)も存在し、むしろそれによってこれまで広く演奏されてきた。沼尻竜典指揮大阪市音楽団によるCDは、オリジナルの編成を尊重して演奏していることを謳っている数少ないCDの一つである(ただしケラー作曲の作品として収録されている)。ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲 フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (橋本國彦)

    交響曲第1番 (橋本國彦)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    2002年、ナクソス・レーベルの「日本作曲家選輯シリーズ」で沼尻竜典指揮、東京都交響楽団演奏のCDが発売され、その真価が再発見された。(8.555881・J)交響曲第1番 (橋本國彦) フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ協奏曲 (ブゾーニ)

    ピアノ協奏曲 (ブゾーニ)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    日本では、1990年代に『題名のない音楽会』で終楽章の抜粋が演奏されたことがあるが、全曲初演は2001年4月22日に東京オペラシティコンサートホールにおいて、マルカンドレ・アムランのピアノ、沼尻竜典指揮の東京フィルハーモニー交響楽団により行われた。ピアノ協奏曲 (ブゾーニ) フレッシュアイペディアより)

  • 出光音楽賞

    出光音楽賞から見た沼尻竜典沼尻竜典

    第1回(1990年度) 伊東乾(作曲)、柿沼唯(作曲)、勝部太(バリトン)、豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)、沼尻竜典(指揮)出光音楽賞 フレッシュアイペディアより)

  • ブザンソン国際音楽祭

    ブザンソン国際音楽祭から見た沼尻竜典沼尻竜典

    沼尻竜典 (1990年、第40回)ブザンソン国際音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (ロット)

    交響曲第1番 (ロット)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    初演は1989年3月、ゲルハルト・ザムエル指揮、シンシナティ・フィルハーモニア管弦楽団によって行われた。日本初演は2004年11月、沼尻竜典指揮、日本フィルハーモニー交響楽団によって行われた。交響曲第1番 (ロット) フレッシュアイペディアより)

  • 毎日芸術賞

    毎日芸術賞から見た沼尻竜典沼尻竜典

    第46回(2004年)中村稔(『私の昭和史』)、前登志夫(『鳥総立』)、観世栄夫、沼尻竜典毎日芸術賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示