前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 澤村翔子

    澤村翔子から見た沼尻竜典沼尻竜典

    2010年 5月 - 池辺晋一郎プロデュース沼尻竜典指揮『カヴァレリア・ルスティカーナ』サントゥッツァ澤村翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋フィルハーモニー交響楽団

    名古屋フィルハーモニー交響楽団から見た沼尻竜典沼尻竜典

    楽団結成は1966年7月10日。翌年10月、第1回定期演奏会を開催。1973年4月、名古屋市の出捐により財団法人となる。岩城宏之初代音楽総監督(在任期間 1971-73)をはじめ、福村芳一(常任指揮者 1971-74)、森正(音楽総監督 1974-80)、荒谷俊治(常任指揮者 1974-80)、外山雄三(音楽総監督兼常任指揮者 1981-87)、モーシェ・アツモン(常任指揮者 1987-93)、飯守泰次郎(常任指揮者 1993-98)、小林研一郎(音楽総監督 1998-2001、音楽監督 2001-03))、沼尻竜典(常任指揮者 2003-06)、ティエリー・フィッシャー(常任指揮者 2008-11)を歴代指揮者として、演奏の質の向上やレパートリーの拡充に取り組んできた。名古屋フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ジェモー

    ジェモーから見た沼尻竜典沼尻竜典

    本間正史(オーボエ)、クリスティアン・リンドベルイ(トロンボーン)、若杉弘(第1オーケストラ)、沼尻竜典(第2オーケストラ)指揮、東京都交響楽団(1994年7月25日、7月29日)。ジェモー フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (橋本國彦)

    交響曲第1番 (橋本國彦)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    2002年、ナクソス・レーベルの「日本作曲家選輯シリーズ」で沼尻竜典指揮、東京都交響楽団演奏のCDが発売され、その真価が再発見された。(8.555881・J)交響曲第1番 (橋本國彦) フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・ロット

    ハンス・ロットから見た沼尻竜典沼尻竜典

    《交響曲第1番ホ長調》の日本初演は、2004年11月に沼尻竜典の指揮する日本フィルハーモニー交響楽団によって実現した。ハンス・ロット フレッシュアイペディアより)

  • ブザンソン国際音楽祭

    ブザンソン国際音楽祭から見た沼尻竜典沼尻竜典

    1990年 (第40回): 沼尻竜典ブザンソン国際音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • 死の都

    死の都から見た沼尻竜典沼尻竜典

    日本においては、まず1996年9月8日に井上道義の指揮する京都市交響楽団が京都コンサートホールにおいて演奏会形式で初演。舞台初演は2014年3月8日に沼尻竜典の指揮、栗山昌良の演出でびわ湖ホールにおいて行われた。死の都 フレッシュアイペディアより)

  • 今川裕代

    今川裕代から見た沼尻竜典沼尻竜典

    飯森範親、井上道義、大友直人、黒岩英臣、小林研一郎、小松長生、広上淳一、沼尻竜典、齊藤一郎、柳澤寿男、上野正博、加藤完二、高谷光信、河上隆介、中島章博、アンドレイ・アニハーノフ、クリスティアン・アルミンク、ペトル・アルトリヒテル、マルク・ゴレンシュタイン、ディルク・カフタン、クラウスペーター・ザイベル、エドゥアルド・トプチャン、ステファン・アムシュルほか今川裕代 フレッシュアイペディアより)

  • 新星日本交響楽団

    新星日本交響楽団から見た沼尻竜典沼尻竜典

    1981年にエネルギッシュな指揮で知られた山田一雄が名誉指揮者に就任してからはヤマカズ・ファンも取り込み、オーケストラとしてさらに発展を遂げている。首席指揮者には、オンドレイ・レナルトが就任していた。レナルトが指揮するマーラーは人気があり、交響曲第3番はNHKでも放送された。正指揮者には沼尻竜典、指揮者に現田茂夫、首席客演指揮者(のちに日本のオーケストラで初めてのフランス人音楽監督となる)パスカル・ヴェロを擁していた。また、創立当初から積極的に市民の中へ入っていく活動をしており、ファミリーコンサートやハネケンことピアニスト羽田健太郎と組んだ新星ポップス・オーケストラの活動もあり、ハネケン&新星ポップスはCD化もされ、日本のポップス・オーケストラの先駆けであった。新星日本交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部達哉

    矢部達哉から見た沼尻竜典沼尻竜典

    ツィゴイネルワイゼン(2000年1月、ソニークラシカル、沼尻竜典指揮東京都交響楽団)矢部達哉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「沼尻竜典」のニューストピックワード