31件中 11 - 20件表示
  • 系図 (武満徹)

    系図 (武満徹)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    蓮佛美沙子 ? 2009年5月9日、沼尻竜典指揮日本フィルハーモニー交響楽団第247回横浜定期演奏会(横浜市・横浜みなとみらいホール)にて系図 (武満徹) フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (ロット)

    交響曲第1番 (ロット)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    初演は1989年3月、ゲルハルト・ザムエル指揮、シンシナティ・フィルハーモニア管弦楽団によって行われた。日本初演は2004年11月、沼尻竜典指揮、日本フィルハーモニー交響楽団によって行われた。交響曲第1番 (ロット) フレッシュアイペディアより)

  • グリア・グリムスレイ

    グリア・グリムスレイから見た沼尻竜典沼尻竜典

    2013年 びわ湖ホール プロデュースオペラ『ワルキューレ』 ヴォータン役 (指揮:沼尻竜典グリア・グリムスレイ フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た沼尻竜典沼尻竜典

    沼尻竜典 - 新星日本交響楽団で指揮者を務め、合併後の新楽団の正指揮者を務めた。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 日本センチュリー交響楽団

    日本センチュリー交響楽団から見た沼尻竜典沼尻竜典

    1989年に大阪府が20億円を出資して設立された大阪府所管の財団法人大阪府文化振興財団が運営する形で大阪センチュリー交響楽団が創設され、1990年3月にデビューコンサートを開催した。2管、55人規模の編成である。発足時は、常任指揮者にウリエル・セガル、指揮者に岡田司・小田野宏之・梅田俊明が配された。その後、常任指揮者にセガル、首席客演指揮者に小泉和裕(のちに佐渡裕も加わる)となる。1997年から常任指揮者高関健体制になった。2003年からは組織の改編があり、首席指揮者に小泉、専任指揮者に金聖響が就任した(金の任期は2006年3月で終了)。2008年4月から小泉は音楽監督になり、沼尻竜典が首席客演指揮者に就任した。セガルは名誉指揮者となっている。小泉が首席指揮者に就任以降、3回の定期演奏会は「二都物語」と銘打って、各地のオーケストラと共演した。主にザ・シンフォニーホールで定期演奏会を開催している。日本センチュリー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ協奏曲 (ブゾーニ)

    ピアノ協奏曲 (ブゾーニ)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    日本では、1990年代に『題名のない音楽会』で終楽章の抜粋が演奏されたことがあるが、全曲初演は2001年4月22日に東京オペラシティコンサートホールにおいて、マルカンドレ・アムランのピアノ、沼尻竜典指揮の東京フィルハーモニー交響楽団により行われた。ピアノ協奏曲 (ブゾーニ) フレッシュアイペディアより)

  • ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲

    ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲から見た沼尻竜典沼尻竜典

    吹奏楽曲とはいえ、現在の一般的な吹奏楽編成とはやや異なる。現在の一般的な編成に合わせた編曲譜(作曲者以外の編曲者による、例えばエリック・ライゼン編曲)も存在し、むしろそれによってこれまで広く演奏されてきた。沼尻竜典指揮大阪市音楽団によるCDは、オリジナルの編成を尊重して演奏していることを謳っている数少ないCDの一つである(ただしケラー作曲の作品として収録されている)。ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲 フレッシュアイペディアより)

  • 許可 (二胡奏者)

    許可 (二胡奏者)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    日本国内では外山雄三、広上淳一、飯守泰次郎、沼尻竜典、下野竜也等の指揮による東響、東フィル、日本フィル、新日フィル、シティ・フィル、名フィル、仙台フィル、神奈川フィル等と共演。 また、ポップス界では松任谷由実、前田憲男、羽田健太郎、渡辺香津美等のアーティストと共演している。許可 (二胡奏者) フレッシュアイペディアより)

  • 鹿鳴館 (戯曲)

    鹿鳴館 (戯曲)から見た沼尻竜典沼尻竜典

    音楽:池辺晋一郎。指揮:沼尻竜典。合唱:新国立劇場合唱団。管弦楽:東京交響楽団鹿鳴館 (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • 毎日芸術賞

    毎日芸術賞から見た沼尻竜典沼尻竜典

    第46回(2004年度)中村稔(『私の昭和史』)、前登志夫(『鳥総立』)、観世栄夫、沼尻竜典毎日芸術賞 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「沼尻竜典」のニューストピックワード