231件中 11 - 20件表示
  • ちょっと待って、神様

    ちょっと待って、神様から見た泉ピン子泉ピン子

    買い物帰りのオバサン、久留竜子(泉ピン子)は、交差点の向うから自転車で走ってきた女子高生、天城秋日子(宮?あおい)を避けようしてトラックに跳ねられ、二人は道路に倒れた。ちょっと待って、神様 フレッシュアイペディアより)

  • 岡倉大吉

    岡倉大吉から見た泉ピン子泉ピン子

    母親を早くに亡くし、姉の森山珠子(森光子)に育てられる。大学入学前に父親も亡くし、珠子が働きに出ることで学費を賄う。妻の節子(山岡久乃)と結婚後、長女・弥生(長山藍子)、次女・五月(泉ピン子)、三女・文子(中田喜子)、四女・葉子(野村真美)、五女・長子(藤田朋子)の5人の娘に恵まれる。最後まで男の子が生まれることを期待して、大志(だいし)という名前を準備していた。岡倉大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田雅美

    沢田雅美から見た泉ピン子泉ピン子

    1990年、『渡る世間は鬼ばかり』で主人公・小島五月(泉ピン子)の嫁ぎ先の小姑・山下久子役のイビリぶりが評判を呼んだが、1994年、突然降板し表舞台から姿を消した(交際相手と、師・恩人でもある石井との確執など、色々な憶測が飛び交い、他の石井組からは雑誌などで批判された)。降板以後はテレビドラマにほぼ出演せず、吉幾三公演や松竹新喜劇などでの舞台公演やテレビショッピングの司会をしていた。沢田雅美 フレッシュアイペディアより)

  • ひとの不幸は蜜の味

    ひとの不幸は蜜の味から見た泉ピン子泉ピン子

    主演の大竹しのぶと大竹の義母役・泉ピン子とのテンションの高いやり取りが面白く、根強いファンの多い作品である。ひとの不幸は蜜の味 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た泉ピン子泉ピン子

    2月4日開始 - ピン子の笑う世間に福来たる!(土曜23:30。P:泉ピン子2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • テレビ三面記事 ウィークエンダー

    テレビ三面記事 ウィークエンダーから見た泉ピン子泉ピン子

    下世話な事件を泉ピン子や桂朝丸(後の桂ざこば)、青空はるおらが面白おかしく伝え、特に泉はこの番組で飛躍的に知名度を得た。スタジオでリポーターが喋るという極めて低予算の作りで高視聴率を挙げており、プロデューサーの細野邦彦は「最も低予算でヒットをつくる名人」と言われた。その一方で「表現が過激」「興味本位すぎる」との批判が常にも寄せられた。テレビ三面記事 ウィークエンダー フレッシュアイペディアより)

  • 登坂琢磨

    登坂琢磨から見た泉ピン子泉ピン子

    2007年のドラマ30プロデュース作は、映画『パッチギ!』、『フラガール』の羽原大介脚本作品『お・ばんざい!(斉藤由貴主演)』。このとき、平行して準備していた泉ピン子主演『おふくろ先生のゆうばり診療日記』(TBS・MBS共同制作・HBC制作協力)が2008年2月25日、月曜ゴールデン枠で放送。企画が立ち上がる前年2月から北海道・夕張を度々訪れたという。同年、秋の深夜ドラマ『親孝行プレイ(要潤、安田顕、斎藤工出演)』のプロデュースに参加している。登坂琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 河野圭太

    河野圭太から見た泉ピン子泉ピン子

    『佐賀のがばいばあちゃん』(単発。主演・泉ピン子、石田ゆり子)□河野圭太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た泉ピン子泉ピン子

    低迷期には15年間に渡って一人で全国各地を行脚し、地方興行の中で人に言えぬ苦労を経験した。昼間は各地の興行を行いながら地元のレコード店やラジオ局、有線放送局などへ一人でキャンペーン廻りをして、夜になると毎晩深夜遅くまで飲み屋やキャバレーなどの繁華街を泥酔客に絡まれたりしながら歌い廻っていた。親友の泉ピン子や夏木マリは互いの低迷時に一緒にキャバレー周りの営業をしていた仲間だった。未成年だった時は20歳と年齢をごまかして深夜の営業を行っていた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のテレビ (日本)

    1992年のテレビ (日本)から見た泉ピン子泉ピン子

    前期連続テレビ小説『おんなは度胸』(橋田壽賀子脚本、泉ピン子、桜井幸子ほか出演)放送開始( - 10月3日)。1992年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

231件中 11 - 20件表示

「泉ピン子」のニューストピックワード