227件中 41 - 50件表示
  • 泉ピン子

    泉ピン子から見た桂ざこば (2代目)

    元々はコメディエンヌ(コメディアン)であり、歌謡漫談家時代を基にした本人主演の自伝的ドラマ「おんなは一生懸命」が制作されたこともあったが、一時期『ウィークエンダー』に出演した過去をなかった事にして自身を「女優」と公言する姿にレギュラーとして共演した桂ざこばなどから「生意気だ」と批判された。泉とざこばは不仲で関係が修復せず、彼女のドラマ以外の発言では否定的である。一方では、元々漫談家としてデビューした当時の先輩芸人とのエピソードを嬉々として語るなど、後に自身がお笑い出身であることを全く隠さなくなった。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見た杉村春子

    2005年、TBS系列特別ドラマ『美空ひばり物語 - おでことおでこがぶつかって』で美空ひばりの母親役を演じるために16kgも体重を減らすダイエットに成功。生前のひばり本人からとても可愛がられ、岸本加世子とともにカラオケに行った時は多くの歌を岸本とリクエストしたという。それについて『ひばりさんにカラオケでリクエストして生で歌ってもらったのは私たちだけだった』とひばりの23回忌法要出席時に岸本と語っていた。ひばりの形見でもある大切な着物も息子の加藤和也から進呈されてTV番組内で紹介している。生前に可愛がられていた杉村春子の形見の着物も所有している。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見た桂福團治

    叔母(広沢竜造の実妹)は声帯・形態模写・漫談家の翠みち代。義理のおじ(みち代の夫)は落語家の4代目桂福團治。従弟(福團治とみち代の長男)は落語家の桂福若。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見たTBSテレビ

    同じ1975年にTBSの演出家・鴨下信一に「美人でなく、知的でもなく、金もない“3ナイ女優”を探していた」とのことからドラマに誘われ、鴨下演出のテレビドラマ『花吹雪はしご一家』に出演。この頃から女優業に乗り出し、1980年に『手ごろな女』(日本テレビ)でドラマ初主演。歌手としても1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコンチャート最高位37位)のヒットを記録した。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見たコメディエンヌ

    元々はコメディエンヌ(コメディアン)であり、歌謡漫談家時代を基にした本人主演の自伝的ドラマ「おんなは一生懸命」が制作されたこともあったが、一時期『ウィークエンダー』に出演した過去をなかった事にして自身を「女優」と公言する姿にレギュラーとして共演した桂ざこばなどから「生意気だ」と批判された。泉とざこばは不仲で関係が修復せず、彼女のドラマ以外の発言では否定的である。一方では、元々漫談家としてデビューした当時の先輩芸人とのエピソードを嬉々として語るなど、後に自身がお笑い出身であることを全く隠さなくなった。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見た翠みち代

    叔母(広沢竜造の実妹)は声帯・形態模写・漫談家の翠みち代。義理のおじ(みち代の夫)は落語家の4代目桂福團治。従弟(福團治とみち代の長男)は落語家の桂福若。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見た鴨下信一

    同じ1975年にTBSの演出家・鴨下信一に「美人でなく、知的でもなく、金もない“3ナイ女優”を探していた」とのことからドラマに誘われ、鴨下演出のテレビドラマ『花吹雪はしご一家』に出演。この頃から女優業に乗り出し、1980年に『手ごろな女』(日本テレビ)でドラマ初主演。歌手としても1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコンチャート最高位37位)のヒットを記録した。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見た橋田壽賀子

    1983年4月 - 1984年3月放送のNHK連続テレビ小説『おしん』の母親役で女優として評価を得る。加えて同作の脚本を書いた橋田壽賀子にも高く評価され、以降は橋田作品に数多く出演。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見たコント55号

    歌謡漫談家のネタの中にコント55号が作成したものもある。ある日、街角でキャバレーの呼び込みに「うちで働かない?」と声をかけられたが、「はばかりながら、こっちはもっといい商売やってんだよ!」と一蹴した。キャバレーの呼び込みは、「いけね。トルコ嬢に声かけちまった」と言ったという。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ピン子

    泉ピン子から見た徹子の部屋

    20代半ばの頃、結婚は一度諦めていたと言う。1988年に出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日)において「幸せは両方の手に乗りませんから、女優は結婚しなくていいんです」とも発言している。「結婚はしないと思う。するとしていたらとっくにしていたと思う。独り身が寂しいのは当たり前だし、私は孤独に耐えて生きる」と言ったことも述べていたことがある。泉ピン子 フレッシュアイペディアより)

227件中 41 - 50件表示

「泉ピン子」のニューストピックワード