法隆寺 ニュース&Wiki etc.

法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。聖徳太子ゆかりの寺院であり、世界最古の木造建築である西院伽藍をはじめ、多くの文化財を伝える。別名を斑鳩寺(いかるがでら)という。 (出典:Wikipedia)

「法隆寺」Q&A

  • Q&A

    法隆寺の若草伽藍は四天王寺式らしいのですが、 法隆寺式という配置もありますよね? …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月7日 20:04

  • Q&A

    何故聖徳太子は飛鳥の地じゃなくて、奈良の地を選んで法隆寺を建造したのか。 皆さんのご…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月30日 12:24

  • Q&A

    私立の中1です。どうにも歴史(日本史)の書物、宗派、彫刻などの場所、時代、年号、作者…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月29日 19:20

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「法隆寺」のつながり調べ

  • 日本の仏教

    日本の仏教から見た法隆寺

    日本は統計的にみて約9600万人が仏教徒であり、全世界で3億数千万人程度が仏教徒とされていることを考慮しても、やはり一大仏教国である。約7万5000の寺院、30万体以上あるといわれる仏像は、他の仏教国と比べても桁違いに多い。世界最古の木造寺院法隆寺があり、最古の仏典古文書も日本にある。(日本の仏教 フレッシュアイペディアより)

  • 天寿国繍帳

    天寿国繍帳から見た法隆寺

    この繍帳はいつの頃からか所在不明になっていたが、古記録によれば、鎌倉時代の文永11年(1274年)、中宮寺の中興の祖とも称される尼僧・信如により、法隆寺の蔵から再発見された。信如は、日本仏教における戒律の復興者として知られる解脱坊貞慶(げだつぼうじょうけい)の弟子・璋円の娘とされ、中世に荒廃していた中宮寺の再興に尽力した。信如による天寿国繍帳再発見については、建治元年(1275年)定円が著した『太子曼荼羅講式』、室町時代の『聖誉鈔』(しょうよしょう)などに次のように記されている。信如は、中宮寺の復興を志していたが、寺の開基である間人皇后の命日がわからず、それを何とかして知りたいと思っていた。そうしたところ、文永10年(1273年)のある日、信如は夢告により、間人皇后の命日は、法隆寺の蔵にある曼荼羅に書かれていることを知った。法隆寺の蔵の中を捜す機会はすぐには訪れなかったが、翌文永11年(1274年)、法隆寺綱封蔵(ごうふうぞう)に盗人が入り、蔵の中を改めた際に、件の曼荼羅を発見。そこに刺繍された銘文を解読した結果、信如は間人皇后の命日は12月21日であると知ることができた。そして、この太子ゆかりの曼荼羅と同じ図柄の模本を新たに作らせ、建治元年(1275年)に開眼供養を実施。原本、模本ともに中宮寺の寺宝となったという。(天寿国繍帳 フレッシュアイペディアより)

「法隆寺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「法隆寺」のニューストピックワード