法隆寺 ニュース&Wiki etc.

法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。別名は斑鳩寺(いかるがでら、鵤寺とも)、法隆学問寺など。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「法隆寺」のつながり調べ

  • 神宮式年遷宮

    神宮式年遷宮から見た法隆寺

    漆を木の塗装に用いるのは縄文時代から見られ、式年遷宮の制度が定められた天武天皇の時代、7世紀頃には、既に礎石を用いる建築技術も確立されていた。現に、この時代に創建(または再建)された法隆寺の堂宇は、世界最古の木造建築としての姿を今に伝えている。とすれば、当時の国力・技術をもってすれば、神宮も現在にも残る建物にすることは可能であったと思われる。それをあえて、定期的に膨大な国費を投じることとなる式年遷宮を行う途を選んだ理由は、神宮にも記録がないため不明である。(神宮式年遷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 水野勝成

    水野勝成から見た法隆寺

    奈良に着いた勝成は法隆寺から河内国府に軍を進め、本多忠政・松平忠明・伊達政宗・松平忠輝らと合流する。東軍の大和口の諸将は、4月28日以後はいずれも奈良およびその付近にあった。5月4日、勝成は秀忠に呼ばれ伏見に行き、敵に奈良を焼かせなかった功として、黄金50枚の賞を受けたが、そのまま夜を徹して南に帰り、5日には、堀直寄・松倉重政・別所孫次郎・奥田忠次・丹羽氏信、および中山照守・村瀬重治らと出発して、午後4時には国分に付いて宿営した。兵数約3,800である。(水野勝成 フレッシュアイペディアより)

「法隆寺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

関連サイト

「法隆寺」
地図情報

「法隆寺」のニューストピックワード