前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
541件中 1 - 10件表示
  • 聖徳太子

    聖徳太子から見た法隆寺法隆寺

    奈良県生駒郡斑鳩町。金堂薬師如来像光背銘によれば、法隆寺は用明天皇が自らの病気平癒のため建立を発願したが、志を遂げずに崩御したため、遺志を継いだ推古天皇と聖徳太子が推古天皇15年(607年)に寺と薬師像を造ったという。『日本書紀』には天智天皇9年(670年)に法隆寺が全焼したとの記事がある。この記事をめぐり、現存する法隆寺(西院伽藍)は聖徳太子の時代のものか、天智天皇9年(670年)以降の再建かについて長い論争があったが(法隆寺再建・非再建論争)、若草伽藍の発掘調査により、聖徳太子時代の伽藍は一度焼失し、現存の西院伽藍は7世紀末頃の再建であることが定説となっている。「夢殿」を中心とする東院伽藍は太子の営んだ斑鳩宮の旧地に建てられている。聖徳太子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本建築史

    日本建築史から見た法隆寺法隆寺

    江戸時代から建築に対する有職故実的な研究は行われていたが、学問として成立するのは明治時代以降である(建築という用語自体、明治時代に造られたもの)。最初期の日本人建築家の辰野金吾はロンドン留学の際に「日本の建築にはどのような歴史があるか」と聞かれて何も答えられず、自国の建築史研究の必要を感じたという。辰野の教え子、伊東忠太は法隆寺が日本最古の建築であることを学問的に論じ、ここに日本建築史が第一歩を記した。1900年(明治33年)、パリ万博に際して岡倉覚三(天心)を中心に『稿本日本帝国美術略史』(帝室博物館編)が刊行されたが、建築の部門を任された伊東忠太は岡倉の美術史区分に大きな影響を受け、建築史の大枠を築いた。当時、廃仏毀釈で大きな打撃を受けた寺院建築の保護が課題となっており、関野貞は奈良・京都の主な建築を調査し、それらの建築年代をまとめていった。また、建築史学者と歴史家の間に法隆寺の建設年代に関する論争(法隆寺再建・非再建論争)が起こったが、現存する建物の様式論や、六国史などの文献研究はもとより、遺構調査など考古学の発掘成果も取り入れられるようになって、学問の深化が見られた。日本建築史 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡常一

    西岡常一から見た法隆寺法隆寺

    西岡 常一(にしおか つねかず、1908年(明治41年)9月4日 - 1995年(平成7年)4月11日)は、法隆寺専属の宮大工。西岡常一 フレッシュアイペディアより)

  • 斑鳩町

    斑鳩町から見た法隆寺法隆寺

    飛鳥時代に聖徳太子の手によって法隆寺が建立されたことなどでよく知られる、古い歴史を持つまちである。法隆寺のすぐ西に広がる西里の集落は、近世初期の日本で最も組織的な力をふるった大工棟梁中井正清の育った集落でもある。それ以外にも多くの古い町並みが存在するが、高度経済成長以降、大阪のベッドタウンとして都市化が進み、落ち着いた町並みも、もはや過去のものとなりつつある。また、古都保存法の指定都市でもある。斑鳩町 フレッシュアイペディアより)

  • 板戸

    板戸から見た法隆寺法隆寺

    現存する日本最古の木造建築は、斑鳩寺ともいわれ聖徳太子建立607年頃の、奈良の法隆寺である。現存する法隆寺西院伽藍(金堂含む)は、一度火災で焼失した後、7世紀末頃に再建されたものであることが定説となっているが、法隆寺金堂の中の扉が、一応現存する最古の扉といえる。しかし、昭和修理の時に火災で初層内部を焼損し、二枚を張り合わせて一枚の扉に復元されている。当初の扉は、高さ3m幅約1m厚さ約10cmの、檜(ひのき)の節なしの一枚板であった。板戸 フレッシュアイペディアより)

  • 門

    から見た法隆寺法隆寺

    画像:Horyu-ji02s3200.jpg|八脚門(奈良県 法隆寺南大門) フレッシュアイペディアより)

  • 斑鳩宮

    斑鳩宮から見た法隆寺法隆寺

    聖徳太子は、推古天皇9年(601年)に斑鳩宮を造営し、推古天皇13年(605年)に移り住んだ。また、太子の手により、斑鳩宮の西方に斑鳩伽藍群(法隆寺・中宮寺・法輪寺・法起寺)が建立された。斑鳩宮 フレッシュアイペディアより)

  • 法輪寺 (奈良県斑鳩町)

    法輪寺 (奈良県斑鳩町)から見た法隆寺法隆寺

    昭和25年、仏教考古学が専門であった石田茂作(いしだ もさく、1894年-1977年)が法輪寺を発掘・調査し、創建当時は東に金堂、西に塔が建つ、法隆寺式の伽藍配置で、平面規模は法隆寺の3分の2であったことがわかった。法輪寺 (奈良県斑鳩町) フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺金堂薬師如来像光背銘

    法隆寺金堂薬師如来像光背銘から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺金堂薬師如来像光背銘(ほうりゅうじ こんどう やくしにょらいぞう こうはいめい)は、奈良県斑鳩町の法隆寺金堂に安置される薬師如来像の光背裏面に刻された銘文である。法隆寺金堂薬師如来像光背銘 フレッシュアイペディアより)

  • 法量

    法量から見た法隆寺法隆寺

    「搩手」はもともとインドの長さの単位で、片手の親指と中指をいっぱいに伸ばした際の寸法にあたる。「一搩手半」はその1.5倍となる。唐から伝来した法隆寺の「九面観音像」(国宝)は「一搩手半」の代表例である。法量 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
541件中 1 - 10件表示

「法隆寺」のニューストピックワード