421件中 91 - 100件表示
  • 百万塔

    百万塔から見た法隆寺法隆寺

    天平宝字8年(764年)の恵美押勝の乱を受けて、称徳天皇が『無垢浄光大陀羅経』の所説に従って神護景雲年間を中心とした時期に製作された。『続日本紀』宝亀元年4月26日(770年5月25日)条に完成した百万塔を諸寺に置いたことが記されている。この諸寺とは、大安寺・元興寺・興福寺・薬師寺・東大寺・西大寺・法隆寺・弘福寺・四天王寺・崇福寺の10の官寺に置かれた。このうち、元興寺・東大寺・西大寺には「小塔院」と呼ばれる百万塔などを納める専門施設も設置されたが、現在残されているのは、法隆寺大法蔵殿に保管されている塔身45,755基分・相輪26,054基分が最も多く、各地の博物館、個人などに保有されている少数の百万塔も、もと法隆寺にあったものだと推定されている。この他に平城宮の跡地から製造中に未完成のまま遺棄された物が出土された例がある。百万塔 フレッシュアイペディアより)

  • うまし うるわし 奈良

    うまし うるわし 奈良から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺(法隆寺におけるCM撮影はこれが史上初めてのこととなる。)うまし うるわし 奈良 フレッシュアイペディアより)

  • 木辺孝慈

    木辺孝慈から見た法隆寺法隆寺

    当時、真宗木辺派に後継者がいなかったので、17歳で本山・錦織寺に入り第20代法主を継ぐ。法隆寺の佐伯定胤に唯識の講義を受けている。学徳共に秀で人望も厚かった。1940年、大日本仏教会会長となる。木辺孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 寺つつき

    寺つつきから見た法隆寺法隆寺

    四天王寺や法隆寺に現れ、嘴で寺中をつついて破壊しようとしていると言われる。寺つつき フレッシュアイペディアより)

  • 宮殿 (厨子)

    宮殿 (厨子)から見た法隆寺法隆寺

    奈良時代以前の日本では、「厨子」と言う言葉がまだ使われておらず、仏堂形式の厨子を「宮殿」と呼んだ。宮殿形厨子の日本最古の遺構は法隆寺の「玉虫厨子」であり、ついで同寺の「橘夫人念持仏厨子」がある。宮殿 (厨子) フレッシュアイペディアより)

  • 万見重元

    万見重元から見た法隆寺法隆寺

    重元に関する記録は主に天正6年(1578年)に集中している。(以下全て1578年の出来事)1月4日、自邸を会場に名物の披露会が行われる。6月、大津長昌・矢部家定・長谷川秀一・菅屋長頼とともに神吉城攻めの検使を務める。同月、津田信澄とともに明石までの間に砦を構築、その様子を信長に伝える。7月、和泉国の淡輪氏から和泉国・紀伊国の情勢を報告され、指示を出す(『淡輪文書』)。同月22日、武蔵国の太田道誉宛ての信長黒印状に副状を発給する(『太田文書』)。8月10日、陸奥国の南部政直の使者を自邸で饗応する。同月15日、安土における相撲大会の奉行を務める。9月27日、信長の堺下向に従う。10月24日、松井友閑とともに法隆寺、東寺に段銭の納入について指示(『法隆寺文書』)、同月下旬、荒木村重謀反の噂が出た際に、松井友閑、明智光秀と共に糾問使として有岡城に派遣されたなどの記録がある。万見重元 フレッシュアイペディアより)

  • 釈迦三尊

    釈迦三尊から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺金堂に安置されている釈迦三尊像(国宝)の脇侍は寺伝では薬王菩薩・薬上菩薩と称している。奈良・興福寺の中金堂の本尊釈迦如来の脇侍像(鎌倉時代、重要文化財)も薬王・薬上菩薩と呼ばれている。興福寺の薬王・薬上菩薩像は、元は同寺西金堂(廃絶)の本尊釈迦如来像の脇侍だったもので、現存像は鎌倉時代の再興像であるが、奈良時代の西金堂創建時から薬王・薬上菩薩像が安置されていた。この薬王・薬上菩薩像は、像容、服装、持物等に特筆すべき特徴のない、ごく普通の菩薩像である。釈迦三尊 フレッシュアイペディアより)

  • 福生寺 (備前市)

    福生寺 (備前市)から見た法隆寺法隆寺

    平安時代初期、菅原道真が編纂した『類聚国史』の寺田地の項には、「天長5年(828年)6月備前国墾田四町六反為大滝寺田」とあり、法隆寺や唐招提寺と並んで記載されておりその古さが窺える。福生寺 (備前市) フレッシュアイペディアより)

  • 坂本万七

    坂本万七から見た法隆寺法隆寺

    1967年 (昭和42年) 67歳 法隆寺、神奈川県称名寺、東大寺、それぞれ所蔵物の撮影。「国宝彫像」(徳間書店)。坂本万七 フレッシュアイペディアより)

  • 伎楽面

    伎楽面から見た法隆寺法隆寺

    歴史的な伎楽面は、奈良の法隆寺(現在は東京国立博物館法隆寺宝物館に収蔵)、東大寺、正倉院、春日大社などに飛鳥時代および奈良時代の遺品が残っている。このうち正倉院に残る天平勝宝の年号をもつものは、大仏開眼法要の時に使われたものである。伎楽の役柄に応じて、治道、獅子、獅子児、呉王(または呉公)、金剛、迦楼羅(かるら)、呉女、崑崙(くろん/こんろん)、力士、波羅門(ばらもん)、大孤父(たいこふ)、大孤児、酔胡王(すいこおう)、酔胡従の14種類が確認されている。伎楽面 フレッシュアイペディアより)

421件中 91 - 100件表示

「法隆寺」のニューストピックワード