541件中 91 - 100件表示
  • 成宝

    成宝から見た法隆寺法隆寺

    仁安元年(1166年)、勧修寺の雅宝を師として出家。寿永2年(1183年)に権律師となり、雅宝の後を受けて勧修寺9世となる。以後、元興寺、法隆寺、東大寺、大安寺などの別当を歴任。顕・密両教に通じた高僧の一人として頭角を現す。承久3年(1221年)、東寺46世長者、高野山座主、大僧正に進んだ。晩年は高野山西谷来迎院に棲み、勧修寺流の普及に努めた。墓所は高野山の西谷にある。成宝 フレッシュアイペディアより)

  • 伴成益

    伴成益から見た法隆寺法隆寺

    しかし、承和12年(845年)に法隆寺の僧侶・善愷が同寺の壇越である少納言・登美直名を告訴し、弁官による審理の結果直名を遠流とした訴訟事件が発生する。その訴訟の取り扱いを巡って、翌承和13年(846年)に右少弁・伴善男と左大史・伴良田宗がこの訴訟の審理を行った5名の弁官を弾劾した。具体的な成益の罪状としては、善愷が提出した訴状を僧綱・治部省を経由せずに弁官が直接受理したが、これは慣例ではあったものの本来手続違反であり、その後に出た当該の慣例は不適切であるとした上官の判断を成益は敢えて無視し、訴状を本来の正しい部署(僧綱)へ移送しなかった事があげられている。結局この弾劾は認められ、成益は他の弁官とともに私罪にあたるとして解官の上贖銅10斤を課された(善愷訴訟事件)。承和14年(847年)には弾劾された4人の元弁官とともに位記を1階分破毀され、翌嘉祥元年12月(849年1月)にはさらに位階を1等降格した上で従五位上に再叙された。伴成益 フレッシュアイペディアより)

  • 御輔長道

    御輔長道から見た法隆寺法隆寺

    長道は左京出身。当初明経生となるがのちに律令を学び、別勅生と称して得業生と同様に朝廷から衣食が支給された。のちに奉試に及第し、承和7年(840年)明法博士となる。承和13年(846年)善愷訴訟事件に際しては、法隆寺の僧侶・善愷の訴状を受理した弁官の罪状について意見を求められ、右大判事・讃岐永直らとともに公罪とする断文を提出している。御輔長道 フレッシュアイペディアより)

  • 康勝

    康勝から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺金堂西の間 阿弥陀三尊像(銅造、重要文化財) - 貞永元年(1232年)。「法橋康勝」銘あり。当初安置されていた阿弥陀三尊像が盗難にあった後、飛鳥様式を模して造られた像。両脇侍のうち勢至菩薩像は明治時代初期に寺から流出して、パリのギメ東洋美術館の所蔵となっている。康勝 フレッシュアイペディアより)

  • 文化財防火デー

    文化財防火デーから見た法隆寺法隆寺

    1949年(昭和24年)1月26日早朝、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺の金堂で火災が発生し、堂内の壁画の大半が焼損した。壁画は長年、自然災害や兵火にも遭わず飛鳥時代の芸術を伝えてきたものだった。その焼損は日本国民に強い衝撃を与えただけでなく、当時のロンドン・タイムズの東京支局長フランク・ホーレーも「法隆寺は外国人にとっても非常に興味を持たれている・・・法隆寺が焼けてしまったと聞いたらどんなに悲しむことか・・・日本人はこうした“貴重なもの”の取扱いが全く下手でデタラメだ」と語った。文化財防火デー フレッシュアイペディアより)

  • 念持仏

    念持仏から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺・橘夫人念持仏 - 橘夫人厨子に安置された、銅製の阿弥陀三尊像。光明皇后の母・橘夫人のもので、日本最古の念持仏である。国宝。念持仏 フレッシュアイペディアより)

  • 正躬王

    正躬王から見た法隆寺法隆寺

    承和12年(845年)法隆寺の僧侶・善愷が少納言・登美直名に不正があると訴えた。裁判を扱う弁官は左大弁・正躬王以下6人で右少弁・伴善男も含まれていた。正躬王ら5人の弁官はこの訴状を受理したが、伴善男が僧侶が法体のまま訴訟を起こす事は僧尼令に違反しており、訴状を受理することは違法であると反対した。正躬王ら5人の弁官は僧尼令の該当する条項が過去において実際に適用された事がないことを理由に審理をはじめようとするが、善男は違法の訴えを許したと正躬王らを告発した。法理論争となり、明法博士・讃岐永直らが訴状を鑑定して裁定することになり、結果訴状の受理は違法とされた。翌承和13年(846年)正躬王は贖銅10斤を課された上に、他の4人の弁官とともに解官され、さらに承和14年(847年)位記を破毀された(善愷訴訟事件)。正躬王 フレッシュアイペディアより)

  • 隠された十字架

    隠された十字架から見た法隆寺法隆寺

    『隠された十字架』(かくされたじゅうじか)は、哲学者・梅原猛が著した評論。副題に「法隆寺論」とあるように、法隆寺に関して論じている。雑誌『すばる』(当時は季刊誌)に3回にわたって連載され、1972年(昭和47年)5月に新潮社から単行本が出版された。隠された十字架 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本万七

    坂本万七から見た法隆寺法隆寺

    1967年 (昭和42年) 67歳 法隆寺、神奈川県称名寺、東大寺、それぞれ所蔵物の撮影。「国宝彫像」(徳間書店)。坂本万七 フレッシュアイペディアより)

  • 宿曜道

    宿曜道から見た法隆寺法隆寺

    そのために、空海・円仁・円珍らが『宿曜経』を日本に請来し、仁観が深く研究した。957年(天徳元年)、日延が呉越より符天暦を持ち帰ったことによりその研究が盛んになり、法蔵が応和元年(963年)に時の村上天皇の御本命供の期日を巡って陰陽道の賀茂保憲と論争を行っており、この時期に日本の宿曜道が確立したと見られている。なお、『二中歴』では法蔵をもって日本の宿曜道の祖としている。こうした経緯から宿曜師は密教僧である例が多く、誕生月日などを元にして星占いを行ってその結果を記した「宿曜勘文」を作成したり、長徳元年(995年)には、興福寺の仁宗に対して暦道と共同で暦を作成するようにという「造暦宣旨」が下されている(興福寺は法相宗であるが、この時代には真言宗との関係も強かったとされる)。ただし、長暦2年(1038年)に暦道と宿曜道との全面対立により宿曜道側が造暦から撤退しているが、以後も日食・月食の発生日時や大月・小月や閏月を巡って暦道と激しく争った。また、宿曜勘文などや星供・祭供などの祈祷の奉仕を通じて権力者と結びついて、法隆寺や西大寺などの別当に任命される者もいた。平安時代後期には能算・明算父子が活躍して白河天皇や摂関家に仕え、続く平安時代末期には天台宗の流れを汲む珍賀と興福寺及び真言宗の流れを汲む慶算という2名の優れた宿曜師が出現して互いに技術を磨きながら権力者と連携して勢力を争い、一族・門人によって流派が形成される程であった。だが、南北朝時代以後の貴族社会の衰退とともに宿曜道も没落の道を辿り、長寛3年(1165年)に珍賀が創建して宿曜道の拠点となった北斗降臨院が応永24年(1417年)に焼失すると、以後歴史から姿を消すこととなる。宿曜道 フレッシュアイペディアより)

541件中 91 - 100件表示

「法隆寺」のニューストピックワード