541件中 101 - 110件表示
  • 倉西裕子

    倉西裕子から見た法隆寺法隆寺

    『聖徳太子と法隆寺の謎 交差する飛鳥時代と奈良時代』平凡社 2005倉西裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 今日の風土記

    今日の風土記から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺?風の神さまがまもった世界最古の木造建築今日の風土記 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚榛山

    大塚榛山から見た法隆寺法隆寺

    南画の大家だった滝和亭に弟子入りし、腕を磨く。法隆寺金堂壁画の修復などを手がけ、評判となった。この名声が広がり、吉野神社、高野山などから招かれ、壁画の修復にあたった。また、細金法研究の第一人者としても知られた。大塚榛山 フレッシュアイペディアより)

  • 入江波光

    入江波光から見た法隆寺法隆寺

    本名幾治郎。京都市上京区に生まれる。1913年(大正2)京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校研究科で竹内栖鳳らに師事し修了。1918年(大正7)母校絵画専門学校の助教授に就任し古画の模写にあたる。この年国画創作協会展に『降魔』を出品して国画賞を受賞、翌年同人に推された。1922年に京都府の命で菊池契月らとともに外遊。1928年(昭和3)国画創作協会日本画部解散後は画壇を離れ、後進の育成と再び模写に打ち込んだ。晩年は盛んに古画を模写し、1939年(昭和14年)以降は法隆寺金堂壁画の模写に従事した。晩年は水墨画で佳作を残している。入江波光 フレッシュアイペディアより)

  • 庵戸宮

    庵戸宮から見た法隆寺法隆寺

    さらに、門前の街道は聖徳太子が飛鳥から法隆寺へ通った「太子道」(法隆寺街道)であると伝えられている。庵戸宮 フレッシュアイペディアより)

  • 古寺巡礼 (土門拳の写真集)

    古寺巡礼 (土門拳の写真集)から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺から始まり、三十三間堂の撮影をもって終了した約15年間の撮影行で訪れた寺院は39ヶ所を数え、写真集に使われた写真は原色版が462枚、単色版が325枚に及んだ。またテキストもすべて土門自身が書き下ろし、文章だけで1冊の本に匹敵するほどの充実した内容となっている。土門は「古寺巡礼」を自らのライフワークと位置付け、膨大な労力と出費を厭わず、1968年に二度目の脳溢血発症で車椅子生活となった後も、弟子達の助力を得つつ精魂を傾けてこの撮影行を続けた。古寺巡礼 (土門拳の写真集) フレッシュアイペディアより)

  • 大西良慶

    大西良慶から見た法隆寺法隆寺

    奈良県の出身であり、本名は広次、号は「無隠」。1889年に奈良の興福寺に入り、千早定朝師に従い出家する。1890年、法隆寺の佐伯定胤に唯識を学ぶ。1899年、興福寺231世となり、1904年には、法相宗の管長に就任する。大西良慶 フレッシュアイペディアより)

  • 適材適所

    適材適所から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺- 現存する世界最古の木造建築群適材適所 フレッシュアイペディアより)

  • 善がい訴訟事件

    善がい訴訟事件から見た法隆寺法隆寺

    善愷訴訟事件(ぜんがいそしょうじけん)とは、承和12年(845年)に法隆寺の僧侶・善愷が、同寺の壇越である少納言登美直名を告訴した事件。翌承和13年(846年)に入り、事件の訴訟そのものの是非を巡って朝廷内において問題となり、弁官伴善男によって告発された当時の同僚の弁官5人全員が弾劾を受けて処罰された。善がい訴訟事件 フレッシュアイペディアより)

  • 山野忠彦

    山野忠彦から見た法隆寺法隆寺

    それから昼は研究、夜は仕事という生活が始まった。1964年に治療の実験のため大阪市公園課の臨時職員になった。その五年後、木の治療のため全国行脚をはじめる。治療した樹木の数は1988年に1000本に達した。有名な木として静岡県磐田市の行興寺にある「熊野の長藤」や奈良県の法隆寺にある「法隆寺の松」が挙げられる。山野忠彦 フレッシュアイペディアより)

541件中 101 - 110件表示

「法隆寺」のニューストピックワード