541件中 111 - 120件表示
  • 氏寺

    氏寺から見た法隆寺法隆寺

    主な代表例としては聖徳太子が建立した法隆寺(斑鳩寺)や蘇我氏が建立した飛鳥寺、それに秦氏が建立した広隆寺がある。氏寺 フレッシュアイペディアより)

  • 聖霊会の舞楽

    聖霊会の舞楽から見た法隆寺法隆寺

    なお、四天王寺と同様聖徳太子ゆかりの寺である法隆寺でも、10年に一度大法要である聖霊会が催され舞楽が披露される。聖霊会の舞楽 フレッシュアイペディアより)

  • 扇面法華経冊子

    扇面法華経冊子から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺(奈良県斑鳩町)蔵断簡 掛幅装(重要文化財)扇面法華経冊子 フレッシュアイペディアより)

  • 万見重元

    万見重元から見た法隆寺法隆寺

    重元に関する記録は主に天正6年(1578年)に集中している。1月4日、自邸を会場に名物の披露会が行われる。6月、大津長昌・矢部家定・長谷川秀一・菅屋長頼とともに神吉城攻めの検使を務める。同月、津田信澄とともに明石までの間に砦を構築、その様子を信長に伝える。7月、和泉国の淡輪氏から和泉国・紀伊国の情勢を報告され、指示を出す(『淡輪文書』)。7月22日、武蔵国の太田道誉宛ての信長黒印状に副状を発給する(『太田文書』)。8月10日、陸奥国の南部宮内少輔の使者を自邸で饗応する。8月15日、安土における相撲大会の奉行を務める。9月27日、信長の堺下向に従う。10月24日、松井友閑とともに法隆寺、東寺に段銭の納入について指示(『法隆寺文書』)、同月下旬、荒木村重謀反の噂が出た際に、松井友閑、明智光秀と共に糾問使として有岡城に派遣されたなどの記録がある。万見重元 フレッシュアイペディアより)

  • 670年

    670年から見た法隆寺法隆寺

    5月24日(天智天皇9年4月30日) - 法隆寺全焼670年 フレッシュアイペディアより)

  • 平川廃寺跡

    平川廃寺跡から見た法隆寺法隆寺

    伽藍配置は、西側に塔、東側に金堂を配置する法隆寺式と考えられる。講堂や中門は確認されていない。塔・金堂を囲む回廊は、東西約81m、南北約72m、寺域は東西約175m、南北約115mと推定される。寺域西側に塔や金堂の中心建物、東側に付属建物を配置していたと見られる。平川廃寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 会下山

    会下山から見た法隆寺法隆寺

    古くは、法隆寺の寺領としても知られ、天平19年(747年)の『法隆寺伽藍縁起并流記資財帖』には、「雄伴郡宇治郷宇奈互丘」あるいは、「宇奈五丘」(うなごおか)の名で記載されている。「宇奈互」は、長田神社の祭神事代主命の別名「雲梯(うなて)の神」が、かつて祀られており、これが訛ったとされている。北風家の祖先が務めていた役職名の「稲置」が訛ったという説もある。北風氏の出自は膳氏に非常に近いので、膳氏の関りが深い法隆寺との関係も興味深い。沢山の神社や寺に囲まれていた様でもある。また、同文書には会下山の位置を表す文章で「東限は弥奈刀川、南限は加須加多池、西限は凡河内寺山、北限は伊米野」と書かれている。会下山 フレッシュアイペディアより)

  • 回廊

    回廊から見た法隆寺法隆寺

    幅が1間(柱が2本)のものを単廊、2間(柱が3本)のものを複廊といい、法隆寺東院伽藍は前者であり外部に面した壁面は連子窓(れんじまど)が付けられ、内庭に面した側は吹放し(開放)となっている。一方、薬師寺の回廊などは複廊であり、中央の塀から内外両側に回廊が設けられた構造となっている。回廊 フレッシュアイペディアより)

  • 宗派

    宗派から見た法隆寺法隆寺

    戦後になって教団から独立した寺院においては、歴史的背景があるのにもかかわらず、伝統とは異なる独自の教団名を名乗っているところもある。法隆寺の聖徳宗、浅草寺の聖観音宗などがある。これらは、実際には新たな教義を打ち立てた宗派と呼べるようなものではない。宗派 フレッシュアイペディアより)

  • 塔の春

    塔の春から見た法隆寺法隆寺

    1971年4月、NHKの『みんなのうた』で紹介。「お国めぐりシリーズ」の第13弾で、古都・奈良県の春の様子を歌った楽曲。タイトルの「塔」は法隆寺の五重塔を意味する。歌詞の中には「法隆寺」を始め、「平城京」「薬師寺」「信貴山」「金剛山」などといった、奈良の寺院や風景が折り込まれている。塔の春 フレッシュアイペディアより)

541件中 111 - 120件表示

「法隆寺」のニューストピックワード