541件中 121 - 130件表示
  • 百万塔陀羅尼

    百万塔陀羅尼から見た法隆寺法隆寺

    天平宝字8年(764年)に藤原仲麻呂の乱を平定した称徳天皇は、戦死した将兵の菩提を弔うと共に、鎮護国家を祈念するために、6年の歳月を掛けて宝亀元年(770年)に『無垢浄光大陀羅尼経』に基づいて、陀羅尼を100万巻印刷し、小型の塔に納めて10万基ずつ大安寺・元興寺・法隆寺・東大寺・西大寺・興福寺・薬師寺・四天王寺・川原寺・崇福寺の10大寺に奉納した。百万塔陀羅尼 フレッシュアイペディアより)

  • 百万塔

    百万塔から見た法隆寺法隆寺

    天平宝字8年(764年)の恵美押勝の乱を受けて、称徳天皇が『無垢浄光大陀羅経』の所説に従って神護景雲年間を中心とした時期に製作された。『続日本紀』宝亀元年4月26日(770年5月25日)条に完成した百万塔を諸寺に置いたことが記されている。この諸寺とは、大安寺・元興寺・興福寺・薬師寺・東大寺・西大寺・法隆寺・弘福寺・四天王寺・崇福寺の10の官寺に置かれた。このうち、元興寺・東大寺・西大寺には「小塔院」と呼ばれる百万塔などを納める専門施設も設置されたが、現在残されているのは、法隆寺大法蔵殿に保管されている塔身45,755基分・相輪26,054基分が最も多く、各地の博物館、個人などに保有されている少数の百万塔も、もと法隆寺にあったものだと推定されている。この他に平城宮の跡地から製造中に未完成のまま遺棄された物が出土された例がある。百万塔 フレッシュアイペディアより)

  • 台座

    台座から見た法隆寺法隆寺

    坐像の裳裾が台座にかかり、垂れ下がっているかたち。法隆寺金堂の釈迦三尊像の台座が有名。蓮華座に裳を垂らす例は少ないが、岩手中尊寺の一字金輪坐像に見られる。台座 フレッシュアイペディアより)

  • 宮殿 (厨子)

    宮殿 (厨子)から見た法隆寺法隆寺

    奈良時代以前の日本では、「厨子」と言う言葉がまだ使われておらず、仏堂形式の厨子を「宮殿」と呼んだ。宮殿形厨子の日本最古の遺構は法隆寺の「玉虫厨子」であり、ついで同寺の「橘夫人念持仏厨子」がある。宮殿 (厨子) フレッシュアイペディアより)

  • 普賢延命菩薩

    普賢延命菩薩から見た法隆寺法隆寺

    彫像としては、奈良県法隆寺大宝蔵殿(もと金堂安置)の20臂像などがあるが、。普賢延命菩薩 フレッシュアイペディアより)

  • ライフステージホテル天都

    ライフステージホテル天都から見た法隆寺法隆寺

    奈良県にある法隆寺をモチーフにした「ホテル五重の塔」や、三十三間堂(京都府にある古寺)をモチーフにした「ホテル三十三間堂」が併わせて建設されていた。日本庭園やギリシャの神殿をデザインした大浴場もあり、最大2000人が収容できた「お祭り広場」ではタレントを呼び物にした歌謡ショーも行われていた。ライフステージホテル天都 フレッシュアイペディアより)

  • 涅槃仏

    涅槃仏から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺五重塔(日本)涅槃仏 フレッシュアイペディアより)

  • 常書鴻

    常書鴻から見た法隆寺法隆寺

    1986年 日本の奈良・法隆寺の招待を受けて見学に訪れる。常書鴻 フレッシュアイペディアより)

  • 八王寺 (神戸市)

    八王寺 (神戸市)から見た法隆寺法隆寺

    大正13年(1924年)大和法隆寺の中宮寺より、大楠公守本尊十一面観世音像を請じて札所の本尊とした。戦災前までは、平野の祥福寺とともに禅林の大道場として知られていた。八王寺 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

  • 裳階

    裳階から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺金堂、五重塔。裳階 フレッシュアイペディアより)

541件中 121 - 130件表示

「法隆寺」のニューストピックワード