541件中 131 - 140件表示
  • お会式

    お会式から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺(斑鳩町、聖徳宗総本山)では、実質的に宗祖といえる聖徳太子の(旧暦にあわせた)祥月命日にあたる3月22日?24日に「お会式」が行われるが、とくに10年に1度行われる大法要(大会式)は「聖霊会」とよばれ、南都楽所の雅楽にあわせて楽人が舞う舞楽が奉納される。お会式 フレッシュアイペディアより)

  • 長押

    長押から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺をはじめ奈良時代以降の寺院建築にも使われているが、鎌倉時代に中国から伝わった様式である大仏様、禅宗様では見られないため、和様の特徴になっている。長押 フレッシュアイペディアより)

  • 建設

    建設から見た法隆寺法隆寺

    土木も建築も設計も施工も古くから存在し、法隆寺や四天王寺も土木・建築・設計・施工で建設されているのであるが、記録に建設の表現はないことが知られているし、神社仏閣の堂塔宇は建立、創建と表現される。ただし建築と土木は当初から職制が分かれていて、最古の官制である大宝(養老)律令では、土工寮、木工司という職制があり、土工寮は土木工事、木工司は建築を扱っていることが知られている。一般に土木の語については、平安時代から用いられていたという指摘があるが、土木の文字は中国の春秋時代の歴史割当記された「今土木勝」が初めての例といわれ、これが土木の語源になったとの説であることが指摘されている。建設 フレッシュアイペディアより)

  • 富貴寺 (奈良県川西町)

    富貴寺 (奈良県川西町)から見た法隆寺法隆寺

    富貴寺(ふきじ)は奈良県磯城郡川西町にある真言宗豊山派の寺院である。平安初期に法隆寺夢殿を再興し、法隆寺の学問振興に力を注いだ道詮(どうせん)が晩年に開いたとされる。今は壺阪寺の末寺となっているが、無住の寺となっている。富貴寺 (奈良県川西町) フレッシュアイペディアより)

  • イシメン

    イシメンから見た法隆寺法隆寺

    うどん・田舎蕎麦・中華そば・焼きそば・熟成うどんなどの一般商品のほか冷麺やすき焼きうどんなど季節限定の商品、法隆寺に近いこともあり「法隆寺柿うどん」などの地域限定品も製造・販売している。イシメン フレッシュアイペディアより)

  • 横大路 (奈良県)

    横大路 (奈良県)から見た法隆寺法隆寺

    「横大路」と呼ばれた道は、奈良盆地南部の藤原京付近を通っていた道 と 法隆寺付近から現在の天理市櫟本付近までの道の二つがあり、通常は前者のことを指し、後者は「北の横大路」と区別される。横大路 (奈良県) フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県民の歌

    奈良県民の歌から見た法隆寺法隆寺

    「県民の歌」と合わせて公募を実施し、採用された歌詞に長津義司が県の依頼で作曲を行い「県民の歌」と同時に制定された。八重桜、大仏、吉野、大宮人、五重塔など県の歴史と名所を随所に織り込んだ軽快な作風となっている。奈良県民の歌 フレッシュアイペディアより)

  • 超劇画 聖徳太子

    超劇画 聖徳太子から見た法隆寺法隆寺

    原作者である滝沢解は法隆寺の夢殿に祭られ、聖徳太子をモデルにしたと言われている救世観音像を見て、この物語を思い付いたと語っており、現在語られている聖徳太子のイメージは後世の捏造であり(作中では蘇我氏の手によるものとされている)、この凶悪な面構えの救世観音こそが本来の聖徳太子像そのものだとしている。超劇画 聖徳太子 フレッシュアイペディアより)

  • うまし うるわし 奈良

    うまし うるわし 奈良から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺(法隆寺におけるCM撮影はこれが史上初めてのこととなる。)うまし うるわし 奈良 フレッシュアイペディアより)

  • 日本美術全集

    日本美術全集から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺から薬師寺へ 飛鳥・奈良の建築・彫刻(水野敬三郎・関口欣也・大西修也編、1990年10月)日本美術全集 フレッシュアイペディアより)

541件中 131 - 140件表示

「法隆寺」のニューストピックワード