541件中 21 - 30件表示
  • 脇侍

    脇侍から見た法隆寺法隆寺

    釈迦三尊 - 中尊は釈迦如来。多くの場合、左脇侍が文殊菩薩、右脇侍が普賢菩薩である。他の例として、薬王菩薩と薬上菩薩(興福寺中金堂など)、阿難陀と大迦葉(禅宗系寺院)を脇侍とする場合がある。法隆寺金堂の釈迦三尊像の両脇侍は薬王・薬上菩薩とされるが、造像当初からの名称であるかどうか定かでない。脇侍 フレッシュアイペディアより)

  • 玉虫厨子

    玉虫厨子から見た法隆寺法隆寺

    玉虫厨子(たまむしのずし)は奈良県斑鳩町の法隆寺が所蔵する飛鳥時代(7世紀)の仏教工芸品。装飾に玉虫の羽を使用していることからこの名がある。国宝に指定されている。玉虫厨子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢田丘陵

    矢田丘陵から見た法隆寺法隆寺

    矢田丘陵は生駒山地の東方に、生駒山地と平行して南北に伸びており、北端はおおむね生駒市南田原町付近、南端はおおむね斑鳩町法隆寺付近とされている。南北の長さは約13キロメートル程度、標高は200メートル?300メートル程度である。矢田丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 木版印刷

    木版印刷から見た法隆寺法隆寺

    年代の確定する最古の印刷物として日本の法隆寺に残っていた『百万塔陀羅尼』 (770年)(写真:国立国会図書館貴重書展:展示No.2 〔百万塔陀羅尼〕) が木版印刷の最古の例とされている。百萬塔内にある陀羅尼とは、藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱)の天皇による平定祈願が込められた陀羅尼の経文で、乱平定後に法隆寺をはじめとする十大寺に多くの小塔に巻き納めて奉納したのものである。木版印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳳文化

    白鳳文化から見た法隆寺法隆寺

    白鳳文化(はくほうぶんか)とは、645年(大化元年)の大化の改新から710年(和銅3年)の平城京遷都までの飛鳥時代に華咲いたおおらかな文化であり、法隆寺の建築・仏像などによって代表される飛鳥文化と、東大寺の仏像、唐招提寺の建築などによって代表される天平文化との中間に位置する。なお、白鳳とは日本書紀に現れない元号(逸元号や私年号という)の一つである(しかし続日本紀には白鳳が記されている)。天武天皇の頃に使用されたと考えられており(天智天皇のときに使用されたとする説もある)、白鳳文化もこの時期に最盛期を迎えた。白鳳文化 フレッシュアイペディアより)

  • 斎尾廃寺跡

    斎尾廃寺跡から見た法隆寺法隆寺

    東に金堂、西に塔が建つ、法隆寺式伽藍配置の寺院跡である。寺域は東西160メートル・南北250メートル、面積約4万平方メートルに及ぶ大規模なもの。1952年(昭和27年)3月29日に国の特別史跡に指定された。金堂と塔については土壇と礎石が残り、講堂の礎石と中門の土壇も遺存している。斎尾廃寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 巴

    から見た法隆寺法隆寺

    左巴(頭が左向き)、二つ巴の回転方向を右巴(頭が右向き)と説いている。さらに説話集『江談抄』(1104年 - 1108年頃に成立)には「太鼓乃左右ヲ知事ハ、左ニハ鞆絵乃数三筋也。亦筒モ赤ク色採ル也。右ハ鞆絵乃数二筋、筒モ青ク色採也」と記され、また法隆寺所蔵の大太鼓の銘文には、二つ巴の太鼓には「右方」、三つ巴の太鼓には「左方」と記されていることにも言及し、自説を補強している。 フレッシュアイペディアより)

  • 小川三夫

    小川三夫から見た法隆寺法隆寺

    高校の修学旅行で法隆寺五重塔を見たことがきっかけとなり、卒業後法隆寺宮大工の西岡常一の門を叩くが断られる。小川三夫 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡常吉

    西岡常吉から見た法隆寺法隆寺

    西岡 常吉(にしおか つねきち、1853年(嘉永6年) - 1933年(昭和8年)4月24日)は明治から昭和にかけての法隆寺の宮大工。西岡常吉 フレッシュアイペディアより)

  • JAL音舞台シリーズ

    JAL音舞台シリーズから見た法隆寺法隆寺

    第15回(2002年)の「法隆寺音舞台」までは『JALステージスペシャル音舞台』だったが、第16回(2003年)の「萬福寺音舞台」からは現在のタイトルとなる。第10回(1997年)の「金閣寺音舞台」は「北山殿創建千二百年記念」として開催し、芸術的表現が高く評価され、テレビ番組として「国際エミー賞(1998年・全米テレビ科学芸術協会選出・パフォーミングアーツ部門)」に入賞。広く世界に紹介された。JAL音舞台シリーズ フレッシュアイペディアより)

541件中 21 - 30件表示

「法隆寺」のニューストピックワード