421件中 31 - 40件表示
  • 小川三夫

    小川三夫から見た法隆寺法隆寺

    高校の修学旅行で法隆寺五重塔を見たことがきっかけとなり、卒業後法隆寺宮大工の西岡常一の門を叩くが断られる。小川三夫 フレッシュアイペディアより)

  • こけら葺

    こけら葺から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺金堂の裳階だけに見られる厚い木片を互い違いに重ねた板屋根は、大和葺(やまとぶき)と呼ばれる。こけら葺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺献納宝物

    法隆寺献納宝物から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺献納宝物(ほうりゅうじけんのうほうもつ)は、奈良県斑鳩町にある法隆寺に伝来し、1878年(明治11年)、当時の皇室に献納された、300余件の宝物(文化財)の総称である。第二次大戦後は大部分が東京国立博物館の所蔵となっている。正倉院宝物よりも一時代古い、飛鳥時代から奈良時代前期を中心とする工芸品、仏像等を多数含み、歴史的・文化的に価値が高い。法隆寺献納宝物 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通

    奈良交通から見た法隆寺法隆寺

    一方、1929年1月には兵庫県の自動車会社の出資により奈良自動車が設立され、中田富次郎らの個人営業により運行されていた奈良駅と法隆寺を結ぶ路線を譲り受けた上で開業した。その後1932年までの間に他社の買収と合併を繰り返すことで、奈良市内と周辺部に営業エリアを拡大した。しかし、事故の補償などにより経営が悪化したため、全株式を大軌に譲渡することで大軌の傘下に入ることになった。その後も他社の買収と合併を続け、1936年には奈良市内のバスは同社に一元化された。奈良交通 フレッシュアイペディアより)

  • 龍田神社

    龍田神社から見た法隆寺法隆寺

    崇神天皇の時代に創立され、法隆寺の鎮守とされていた。伝承によれば、聖徳太子が法隆寺の建設地を探し求めていたときに、白髪の老人に化身した龍田大明神に逢い、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。私はその守護神となろう」と言われたので、その地に法隆寺を建立し、鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建したという。元々の社名は「龍田比古龍田比女神社」で、その名の通り龍田比古神・龍田比女神の二神(龍田大明神)を祀っていた。延喜式神名帳にもこの名前で記載され、小社に列している。しかし、後に龍田大社より天御柱命・國御柱命の二神を勧請したため、元々の祭神は忘れられてしまった。現在は天御柱命・國御柱命を主祭神とし、龍田比古神・龍田比女神を配祀している。龍田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 巴

    から見た法隆寺法隆寺

    左巴(頭が左向き)、二つ巴の回転方向を右巴(頭が右向き)と説いている。さらに説話集『江談抄』(1104 - 1108年頃に成立)には「太鼓乃左右ヲ知事ハ、左ニハ鞆絵乃数三筋也。亦筒モ赤ク色採ル也。右ハ鞆絵乃数二筋、筒モ青ク色採也」と記され、また法隆寺所蔵の大太鼓の銘文には、二つ巴の太鼓には「右方」、三つ巴の太鼓には「左方」と記されていることにも言及し、自説を補強している。 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の染織工芸

    日本の染織工芸から見た法隆寺法隆寺

    日本の染織工芸は、美術工芸の他の分野と同様、先進地域であった中国や朝鮮半島の強い影響下に始まり、8世紀の正倉院裂(ぎれ)とこれにやや先行する法隆寺裂には隋・唐の影響が顕著である。平安時代以降の染織は公家を中心に和風化を強めていくが、その一方で、中国(宋、元、明)の織物は各時代を通じて珍重され、中世末期以降は海外貿易によってヨーロッパの毛織物(ラシャ)やインドの木綿の染物(更紗)ももたらされた。近世には染織文化の担い手も公家、武家から町人、農民へと広がり、多彩な絵画的文様を染め上げた友禅染、舞台衣装である能装束、各地で生産された絹織物や木綿の染物など、多彩な染織品が生産された。特に身分の上下に関係なく着用された「小袖」は、近代の「着物」の原型となり、kimonoは日本の伝統衣装の代名詞として国際語になっている。近代以降は、生活の洋風化と、化学繊維、化学染料の普及により、伝統的な素材・技術による染織はかつての役割を終え、伝統工芸品、無形文化財としてその命脈を保っている。日本の染織工芸 フレッシュアイペディアより)

  • 秘仏

    秘仏から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺(奈良)夢殿本尊 観音菩薩立像(救世観音)(国宝)4月11日?5月5日、10月22日?11月3日開扉秘仏 フレッシュアイペディアより)

  • 六角堂 (北茨城市)

    六角堂 (北茨城市)から見た法隆寺法隆寺

    面積は9m2、仏堂と茶室を融合させた造りとなっていた。簡素な造りで、室内には何もなく、わずか四畳半ほどにもかかわらず、中に入った者に広いと感じさせたという。六角堂自体は、奈良県にある法隆寺の夢殿を模したもの、あるいは京都府の頂法寺(六角堂)を模したもの、さらに中国・四川省の成都市にある杜甫の草堂を模したものという説がある。茨城大学教育学部教授の小泉晋弥は、それらすべての影響を受けているとしている。六角堂 (北茨城市) フレッシュアイペディアより)

  • 下野国

    下野国から見た法隆寺法隆寺

    下野薬師寺は奈良時代初期に天武天皇が建立した官寺であり、当時の七大寺に数えられた寺院のひとつである。奈良時代天平期に定められた諸寺墾田地限では下野薬師寺の墾田は500町とされ、奈良の大和国分金光明寺、元興寺、大安寺、薬師寺、興福寺、法華寺、弘福寺、法隆寺、新薬師寺、建興寺、河内の四天王寺、近江の崇福寺、筑紫の観世音寺と並び、中央政庁に管理されていた。また平安時代中期の874年(貞観16年)、平安京紫宸殿で60人の僧により3日にわたって行われた大般若経の転読会に際しては、金字仁王経71部が五畿七道各国に一部ずつ配置されるなか、大宰府観世音寺、豊前国弥勒寺とならび下野薬師寺にもそのうちの一部が配置されるなど、平安時代においても当寺が鎮護国家政策の一環として官寺の位置付けにあったことが覗われる。下野国 フレッシュアイペディアより)

421件中 31 - 40件表示

「法隆寺」のニューストピックワード