541件中 31 - 40件表示
  • 大和の古道

    大和の古道から見た法隆寺法隆寺

    現在の桜井市の三輪山の南から葛城市の二上山付近まで東西に設置された道と、生駒郡斑鳩町の法隆寺付近から天理市の櫟本まで東西に通っていた道があり、通常、横大路とは前者のことを指し、後者は「北の横大路」と区別される。大和の古道 フレッシュアイペディアより)

  • 正平地震

    正平地震から見た法隆寺法隆寺

    『後愚昧記』、『愚管記』、『斑鳩嘉元記』など多くの史料に、本震の3日前および2日前、前震と思われる畿内諸国の地震の記録がある。6月22日の地震は京都および大和で強震であり、法隆寺の築地が崩れ、天王寺の金堂が倒れる。『太平記』によれば6月18日頃、『春日若宮神殿守記』によれば6月16日頃から畿内付近で地震が頻発した。正平地震 フレッシュアイペディアより)

  • 高田良信

    高田良信から見た法隆寺法隆寺

    高田 良信(たかだ りょうしん、1941年2月22日 - 2017年4月26日)は、日本の僧侶(法隆寺長老)・仏教学者・歴史学者、奈良県出身。高田良信 フレッシュアイペディアより)

  • 喜田貞吉

    喜田貞吉から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺再建・非再建論争では、再建論の論陣を張った。これは後に正しいことが証明された。喜田貞吉 フレッシュアイペディアより)

  • こけら葺

    こけら葺から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺金堂の裳階だけに見られる厚い木片を互い違いに重ねた板屋根は、大和葺(やまとぶき)と呼ばれる。こけら葺 フレッシュアイペディアより)

  • 唯識

    唯識から見た法隆寺法隆寺

    その後、法相宗は道昭・智通・智鳳・玄昉などによって日本に伝えられ、奈良時代さかんに学ばれ南都六宗のひとつとなった。その伝統は主に奈良の興福寺・法隆寺・薬師寺、京都の清水寺に受けつがれ、江戸時代にはすぐれた学僧が輩出し、倶舎論(くしゃろん)とともに仏教学の基礎学問として伝えられた。唯識や倶舎論は非常に難解なので「唯識三年倶舎八年」という言葉もある。明治時代の廃仏毀釈により日本の唯識の教えは一時非常に衰微したが、法隆寺の佐伯定胤の努力により復興した。法隆寺が聖徳宗として、また清水寺が北法相宗として法相宗を離脱した現在、日本法相宗の大本山は興福寺と薬師寺の二つとなっている。唯識 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本凝胤

    橋本凝胤から見た法隆寺法隆寺

    奈良県平群村(現平群町)に生まれる。本名、東丈太郎。法隆寺の佐伯定胤に唯識を学び、その意向で後継者のいなかった薬師寺に入る。生涯肉食妻帯せず、厳格な仏教僧として活躍する。有名な尼僧が訪ねてきても絶対に寺に入れさせず、その手土産にも口をつけなかった。橋本凝胤 フレッシュアイペディアより)

  • 秘仏

    秘仏から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺(奈良)夢殿本尊 観音菩薩立像(救世観音)(国宝)4月11日 - 5月18日、10月22日 - 11月22日開扉秘仏 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺の仏像

    法隆寺の仏像から見た法隆寺法隆寺

    本項法隆寺の仏像(ほうりゅうじのぶつぞう)では、奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳太子ゆかりの寺院・法隆寺に伝来する仏像について説明する。法隆寺の仏像 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺金堂釈迦三尊像

    法隆寺金堂釈迦三尊像から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺金堂釈迦三尊像(ほうりゅうじこんどうしゃかさんぞんぞう)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳太子ゆかりの寺院・法隆寺に伝来する飛鳥時代の仏像。法隆寺金堂釈迦三尊像 フレッシュアイペディアより)

541件中 31 - 40件表示

「法隆寺」のニューストピックワード