421件中 41 - 50件表示
  • 唯識

    唯識から見た法隆寺法隆寺

    その後、法相宗は道昭・智通・智鳳・玄昉などによって日本に伝えられ、奈良時代さかんに学ばれ南都六宗のひとつとなった。その伝統は主に奈良の興福寺・法隆寺・薬師寺、京都の清水寺に受けつがれ、江戸時代にはすぐれた学僧が輩出し、倶舎論(くしゃろん)とともに仏教学の基礎学問として伝えられた。唯識や倶舎論は非常に難解なので「唯識三年倶舎八年」という言葉もある。明治時代の廃仏毀釈により日本の唯識の教えは一時非常に衰微したが、法隆寺の佐伯定胤の努力により復興した。法隆寺が聖徳宗として、また清水寺が北法相宗として法相宗を離脱した現在、日本法相宗の大本山は興福寺と薬師寺の二つとなっている。唯識 フレッシュアイペディアより)

  • 伽藍

    伽藍から見た法隆寺法隆寺

    7世紀初頭に発願された大阪の四天王寺や奈良の法隆寺(斑鳩寺)の旧伽藍(若草伽藍)の伽藍配置は、中軸線上に中門・塔・金堂・講堂を南から北へ一直線に並べるもので、回廊は中門左右から出て講堂までの間を結び、塔と金堂を囲んでいる。これを「四天王寺式伽藍配置」と呼び、朝鮮三国時代の百済の寺院に見られる形式である。飛鳥時代に着工された寺院は東海から山陽にかけ40余寺ほどあるが、その大多数は奈良、大阪、京都にあり日本の本格的伽藍の最初のものと考えられる。伽藍 フレッシュアイペディアより)

  • 中宮寺

    中宮寺から見た法隆寺法隆寺

    中宮寺(ちゅうぐうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町の法隆寺に隣接する、聖徳太子ゆかりの寺院である。宗派は聖徳宗に属す。山号を法興山と称し、本尊は如意輪観音、開基(創立者)は聖徳太子または間人皇后とされている。中宮寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺駅

    法隆寺駅から見た法隆寺法隆寺

    世界遺産の1つである法隆寺の玄関にあたる駅である。法隆寺駅 フレッシュアイペディアより)

  • 梅原猛

    梅原猛から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺に建立に関する独特の解釈。『隠された十字架-法隆寺論』(1972年)で展開。法隆寺を聖徳太子一族の霊を封じ込め鎮めるための寺院とする説。その中から、大胆な仮説を刊行して毎日出版文化賞を受賞している。梅原猛 フレッシュアイペディアより)

  • 大原大次郎

    大原大次郎から見た法隆寺法隆寺

    86-5「建立!五重の塔の巻」では、大原に千葉県民イベントホールで開催される「飛鳥時代展」に展示される法隆寺の五重塔の出展の依頼が来たため、彼は両津に頼み込み、両津に顎でこき使われることも忍んで模型を作ってもらったが、両津の不始末で模型は全焼してしまい、スミになってしまう。両津が代わりの模型を借りて直接会場に持ってくるという口約で大原は会場で待っていたが、やっと見つけた模型店で両津は法起寺三重塔の模型しか借りられなかったため、中川は「どうします、他の模型店で探しますか?」と言うが両津は「後2時間で開場だぞ とても間に合わん! 五重塔にするしかない」と言って、三重塔の模型の上に金閣寺と法隆寺夢殿の模型を重ねて、本物とは似ても似つかぬ“五重塔”に仕立て上げ、これを箱に入れて大原に手渡し、中川とともに逃走。大原が会場で箱の蓋を開けた途端、作品の余りの酷さに知人達から白い目で見られ、恥をかいてしまった。その後、大原は武蔵坊弁慶のような僧兵の格好で薙刀を振り回しながら派出所に殴り込んできたが、両津は中川と共に逃走した後で、寺井が仰天しながら「奈良の法隆寺へ柿を食べに行きました!」と答えていた。大原大次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳳文化

    白鳳文化から見た法隆寺法隆寺

    白鳳文化(はくほうぶんか)とは、645年(大化元年)の大化の改新から710年(和銅3年)の平城京遷都までの飛鳥時代に華咲いたおおらかな文化であり、法隆寺の建築・仏像などによって代表される飛鳥文化と、東大寺の仏像、唐招提寺の建築などによって代表される天平文化との中間に位置する。なお、白鳳とは日本書紀に現れない元号(逸元号や私年号という)の一つである(しかし続日本紀には白鳳が記されている)。天武天皇の頃に使用されたと考えられており(天智天皇のときに使用されたとする説もある)、白鳳文化もこの時期に最盛期を迎えた。白鳳文化 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛力士

    金剛力士から見た法隆寺法隆寺

    仁王像は安置される場所柄、風雨の害を蒙りやすく、中世以前の古像で、良い状態で残っているものはあまり多くない。寺門に安置された仁王像で日本最古のものは法隆寺中門に立つ塑像であるが、後世の補修が甚だしく、吽形像の体部はほとんど木造の後補に変わっている。なお、仁王像は仏堂内部に安置されることもある。奈良・興福寺の仁王像(鎌倉時代、国宝)は旧・西金堂堂内に安置されていたもので、当初から堂内安置用に造られたため、像高は小ぶりである。金剛力士 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺地域の仏教建造物(ほうりゅうじちいきのぶっきょうけんぞうぶつ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある法隆寺および法起寺の建造物から構成されるユネスコの世界遺産(文化遺産)である。法隆寺地域の仏教建造物 フレッシュアイペディアより)

  • 関西本線

    関西本線から見た法隆寺法隆寺

    奈良駅 - 王寺駅間では、斑鳩の法隆寺付近を通る。奈良を出て、しばらく奈良盆地の中を進むと大和郡山市に入り、2面2線の郡山駅となる。大和郡山市役所や郡山城跡など市の中心部は近鉄の近鉄郡山駅が近い。住宅地と田畑と金魚の飼育のための池を見ながら、近鉄橿原線を潜って進むと大和小泉駅。次の法隆寺駅は斑鳩町の中心駅で、2面2線の橋上駅となっている。法隆寺はこの駅からかなり離れたところに位置する。法隆寺を出ると奈良盆地南部の田畑の中を真っ直ぐに走る。大和川を渡って近鉄田原本線を潜ると、左手から和歌山線が合流し、国道25号を潜り王寺駅となる。この駅は和歌山線のほか近鉄生駒線、近鉄田原本線が集結する奈良県西部の交通の要衝となっており、利用者も多い。関西本線 フレッシュアイペディアより)

421件中 41 - 50件表示

「法隆寺」のニューストピックワード