541件中 51 - 60件表示
  • 西村公朝

    西村公朝から見た法隆寺法隆寺

    大阪府高槻市生まれ。1935年、東京美術学校(現東京芸術大学)入学。彫刻科木彫部で現代彫刻家を志す。4年生の時、同校の古美術研究旅行で京都・奈良をまわり、法隆寺・夢殿の救世観音に感激。1940年卒業し、いったんは大阪の私立中学(旧制)の図画教師となるが、年末には退職。1941年美術院国宝修理所に入所、仏像修理の道に入る。京都・三十三間堂で十一面千手観音千体像の修理に参加していた。西村公朝 フレッシュアイペディアより)

  • 龍田神社

    龍田神社から見た法隆寺法隆寺

    崇神天皇の時代に創立され、法隆寺の鎮守とされていた。伝承によれば、聖徳太子が法隆寺の建設地を探し求めていたときに、白髪の老人に化身した龍田大明神に逢い、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。私はその守護神となろう」と言われたので、その地に法隆寺を建立し、鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建したという。元々の社名は「龍田比古龍田比女神社」で、その名の通り龍田比古神・龍田比女神の二神(龍田大明神)を祀っていた。延喜式神名帳にもこの名前で記載され、小社に列している。しかし、後に龍田大社より天御柱命・國御柱命の二神を勧請したため、元々の祭神は忘れられてしまった。現在は天御柱命・國御柱命を主祭神とし、龍田比古神・龍田比女神を配祀している。龍田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 伽藍

    伽藍から見た法隆寺法隆寺

    7世紀初頭に発願された大阪の四天王寺や奈良の法隆寺(斑鳩寺)の旧伽藍(若草伽藍)の伽藍配置は、中軸線上に中門・塔・金堂・講堂を南から北へ一直線に並べるもので、回廊は中門左右から出て講堂までの間を結び、塔と金堂を囲んでいる。これを「四天王寺式伽藍配置」と呼び、朝鮮三国時代の百済の寺院に見られる形式である。飛鳥時代に着工された寺院は東海から山陽にかけ40余寺ほどあるが、その大多数は奈良、大阪、京都にあり日本の本格的伽藍の最初のものと考えられる。伽藍 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の染織工芸

    日本の染織工芸から見た法隆寺法隆寺

    日本の染織工芸は、美術工芸の他の分野と同様、中国や朝鮮半島との交流があり、影響を強く受けているが、舶来品と、国産品には明確に違いがある。8世紀の正倉院裂(ぎれ)とこれにやや先行する法隆寺裂には、シルクロードで運ばれたオリエントの染織品、大陸の染織品も含まれるものの、国内で作られものがほとんどである。意匠的には違オリエント、唐の影響が濃いが、違いは明確に存在している。唐の滅亡以降平安時代の染織は公家を中心に和風化を強めていく。その一方で、中国(宋、元、明)の織物は武家文化、殊に茶の文化において珍重され、中世末期以降は海外貿易によってヨーロッパの毛織物(ラシャ)やインドの木綿の染物(更紗)ももたらされた。近世には染織文化の担い手も公家、武家から町人、農民へと広がり、多彩な絵画的文様を染め上げた友禅染、舞台衣装である能装束、各地で生産された絹織物や木綿の染物など、多彩な染織品が生産された。特に身分の上下に関係なく着用された「小袖」は、近代の「着物」の原型となり、kimonoは日本の伝統衣装の代名詞として国際語になっている。近代以降は、生活の洋風化と、化学繊維、化学染料の普及により、伝統的な素材・技術による染織はかつての役割を終え、伝統工芸品、無形文化財としてその命脈を保っている。日本の染織工芸 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛力士

    金剛力士から見た法隆寺法隆寺

    仁王像は安置される場所柄、風雨の害を蒙りやすく、中世以前の古像で、良い状態で残っているものはあまり多くない。寺門に安置された仁王像で日本最古のものは法隆寺中門に立つ塑像であるが、後世の補修が甚だしく、吽形像の体部はほとんど木造の後補に変わっている。なお、仁王像は仏堂内部に安置されることもある。奈良・興福寺の仁王像(鎌倉時代、国宝)は旧・西金堂堂内に安置されていたもので、当初から堂内安置用に造られたため、像高は小ぶりである。金剛力士 フレッシュアイペディアより)

  • 百済観音

    百済観音から見た法隆寺法隆寺

    百済観音(くだらかんのん)は、奈良県斑鳩町の法隆寺が所蔵する飛鳥時代(7世紀前半 - 中葉)作の仏像(木造観音菩薩像)である。日本の国宝に指定されている(指定名称は「木造観音菩薩立像(百済観音)1躯」)。日本における木造仏像彫刻の古例として貴重であるとともに、大正時代以降、和辻哲郎の『古寺巡礼』、亀井勝一郎の『大和古寺風物誌』などの書物で紹介され著名になった。百済観音 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立芸術大学

    愛知県立芸術大学から見た法隆寺法隆寺

    1988年(昭和63年) 法隆寺金堂壁画模写展示館開館愛知県立芸術大学 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺献納宝物

    法隆寺献納宝物から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺献納宝物(ほうりゅうじけんのうほうもつ)は、奈良県斑鳩町にある法隆寺に伝来し、1878年(明治11年)、当時の皇室に献納された、300余件の宝物(文化財)の総称である。第二次大戦後は大部分が東京国立博物館の所蔵となっている。正倉院宝物よりも一時代古い、飛鳥時代から奈良時代前期を中心とする工芸品、仏像等を多数含み、歴史的・文化的に価値が高い。法隆寺献納宝物 フレッシュアイペディアより)

  • 森万里子

    森万里子から見た法隆寺法隆寺

    1996年のグルノーブル現代美術館(フランス)、アメリカ、ヨーロッパの各地で個展を開催する。1997年の第47回ヴェネツィア・ビエンナーレで優秀賞(Menzioni d'onore)を受賞。1999年にミラノ(イタリア)のプラダ財団で法隆寺夢殿をモチーフにした映像体験型インスタレーション「ドリーム・テンプル」を展示した。森万里子 フレッシュアイペディアより)

  • 森万里子

    森万里子から見た夢殿法隆寺

    1996年のグルノーブル現代美術館(フランス)、アメリカ、ヨーロッパの各地で個展を開催する。1997年の第47回ヴェネツィア・ビエンナーレで優秀賞(Menzioni d'onore)を受賞。1999年にミラノ(イタリア)のプラダ財団で法隆寺夢殿をモチーフにした映像体験型インスタレーション「ドリーム・テンプル」を展示した。森万里子 フレッシュアイペディアより)

541件中 51 - 60件表示

「法隆寺」のニューストピックワード