421件中 51 - 60件表示
  • パルテノン神殿

    パルテノン神殿から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺 ? パルテノン神殿のエンタシス法にある柱の中央部分が太い構造は、日本の法隆寺回廊にある柱の設計にまで伝わっている。パルテノン神殿 フレッシュアイペディアより)

  • 日本美術史

    日本美術史から見た法隆寺法隆寺

    美術史上の飛鳥時代は、6世紀半ば、日本へ仏教が公式に伝来した時期から、7世紀後半の天智天皇の治世辺りまでを指す。この時代に入っても古墳の造営は引き続き行われているが、一応、仏教公伝の時期をもって古墳時代と区切っている。飛鳥時代の終期については、政治史上の区分では710年の平城遷都の年とするのが通常である。美術史上の区分でも710年までを飛鳥時代とする場合もあるが、法隆寺が火災で炎上した(『日本書紀』による)670年、ないし天武天皇即位の673年辺りを始期として、以後平城遷都までの期間は「白鳳時代」または「奈良時代前期」として別の時代と見るのが通例となっている。日本美術史 フレッシュアイペディアより)

  • 長押

    長押から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺をはじめ奈良時代以降の寺院建築にも使われているが、鎌倉時代に中国から伝わった様式である大仏様、禅宗様では見られないため、和様の特徴になっている。長押 フレッシュアイペディアより)

  • 西和警察署

    西和警察署から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺駐在所(生駒郡斑鳩町法隆寺)西和警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫大道

    筑紫大道から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺にある『法隆寺領斑鳩荘絵図』(1329年(嘉暦4年)、斑鳩荘(鵤荘)は播磨国に所在)によれば、斑鳩荘は北から一条・二条と区画されており、十条と十一条の間に朱色で東西に走る太い線が引かれ、「筑紫大道」「大道」と記されている。1983年、太子・龍野バイパス道路の工事に先駆けた発掘調査で、表土を百mにわたって掘りおこしたところ、数十cm下から約6メートル幅の道路敷きが発見された。砂と土に大小河原石を混ぜて突き固めた構造で、両側に40?60cmの側溝が設置されていた。文永の役では、元の来襲が六波羅探題に届くのに10日要したが、弘安の役では6日と短縮されている。このことから、この間に急造されたと推測されている。筑紫大道 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚榛山

    大塚榛山から見た法隆寺法隆寺

    南画の大家だった滝和亭に弟子入りし、腕を磨く。法隆寺金堂壁画の修復などを手がけ、評判となった。この名声が広がり、吉野神社、高野山などから招かれ、壁画の修復にあたった。また、細金法研究の第一人者としても知られた。大塚榛山 フレッシュアイペディアより)

  • 版暦

    版暦から見た法隆寺法隆寺

    日本最初の版暦については定かではないが、江戸時代の太田南畝が延慶元年(1310年)の平仮名暦(平仮名の仮名暦)を見たと記録しており、現存最古のものもその7年後の正和6年(1317年)具注暦(断簡、金沢文庫所蔵)であることから、14世紀初め前後の鎌倉時代後期に出現したと見られている。更に現存最古の平仮名暦が元弘2年(1331年)東洋文庫所蔵(法隆寺旧蔵)、同じく片仮名暦(片仮名の仮名暦)が至徳4年(1387年)醍醐寺所蔵のものであることから、南北朝時代にかけての数十年間に急激に普及していったと考えられている。この動きに大きく関わったのは三嶋大社とつながりが深い三島暦であったとされ、「三島暦」は仮名暦及び版暦の代名詞ともなった。室町時代以後に奈良や京都に幸徳井家を本所とする摺暦座が成立し、各地に地方暦が成立した背景には、版暦によって暦の大量生産が可能になったことが関係があるとされている。版暦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯良謙

    佐伯良謙から見た法隆寺法隆寺

    佐伯 良謙(さえき りょうけん、1880年(明治13年) - 1963年(昭和38年)3月8日)は法相宗、聖徳宗の僧侶。第104代法隆寺管主。初代聖徳宗管長。佐伯良謙 フレッシュアイペディアより)

  • 猪名寺廃寺跡

    猪名寺廃寺跡から見た法隆寺法隆寺

    昭和33年(1958年)までの発掘調査の結果、東に金堂、西に五重塔、これらを回廊が囲む伽藍配置が法隆寺とほぼ同等の寺院であった。猪名寺廃寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 夢殿

    夢殿から見た法隆寺法隆寺

    夢殿 フレッシュアイペディアより)

421件中 51 - 60件表示

「法隆寺」のニューストピックワード